私の自論

特別感だけが祝福?

投稿日:

私達は何かをもらった時や何か良いことがあった時などに祝福を受けたと感じます。特別感がある時ですね。でも、使徒パウロは福音を信じてついてくる仲間たちが自分の冠だと言いました。つまり、ついてくる人が祝福であり栄光だということです。

実際、わたしたちの主イエスの来臨にあたって、わたしたちの望みと喜びと誇のとなるべき者は、あなたがたを外にして、だれがあるだろうか。あなたがたこそ、実に私たちのほまれであり、喜びである。(テサロニケ人への第一の手紙2:19~20)

だから、わたしの愛し慕っている兄弟たちよ。わたしの喜びでありである愛する者たちよ。このように、主にあって堅く立ちなさい。(ピリピ4:1)

「人」って不思議ですよね。

人によって嫌な思いもするけれど、人によって喜びも得たりします。

私自身を振り返ってみても、人によって傷ついたり思わぬ苦労をしたりしたこともありますが、人に助けられてここまでこれたことも否めません。

今まで私が使命で功績を立てることができた時、霊的には神様が助けてくださいましたが、肉的にも必ず一緒に働いてくれる仲間がいました。私一人で出来たことはひとつもありませんでした。

実際に仕事を一緒にやってくれた人のみならず、盛り上げてくれた人、アイディアを出してくれた人、疲れた時心が和むようにしてくれた人、おいしいご飯を作ってくれた人・・・等々挙げたらキリがないくらい、様々な人に助けられたなぁと思います。

何かを成し遂げた時の喜びというのは、何かをもらった時の喜びとは全く次元が違います。

もらうという行為は受け身だけれど、成し遂げるというのは能動的な行為だからです。

だから、成し遂げるようにしてくれた仲間たちというのは私にとっても本当に冠のような存在だなと思います。

神様の祝福とはこういうものだなと思うんです。

神様から特別何かを受けたらそれはとても嬉しいですけど、そういう特別感ばかりが祝福だと考えるとあまり祝福を受けてない気がしてしまいます。特別な時はそんなにありませんから。たくさんあったら特別とは言わないですしね。

そういう事よりも、自分の考えや精神をみことばで作り、それを土台にして何かを成し遂げられるようにしてくれることが神様の福福じゃないかな、と思うのです。この世でもらう分の祝福。

この祝福は一人ではなく、仲間と共に受けることが多いです。

そうしてこのような祝福に対して神様に日々感謝し、喜びでこの世を過ごした延長上に霊界での祝福があると思うんですよね。

自分だけの特別感、お得感、ご利益を求める信仰も悪いとは言いませんが、神様はもっと大きな喜びと祝福をくださろうとしているという事を忘れてはいけないですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

働き方はそれぞれ

ちょっと面白い記事を見ました。 インドで寿司店を経営している人の体験らしいですが、無断欠勤が多かった現地スタッフに対して、週4勤務にしたら無断欠勤が無くなった、と言うことなんです。 これによって、経営 …

自由って。。。

最近の様々なニュースを見ながら、改めて「自由」について考えるようになりました。 例えば、アメリカでは「個人の自由」を理由にマスクをつけない人が多いのだそうです。 うむ。。。マスクをつけない自由って。。 …

no image

どうして直せない?

悪い習慣や間違った癖を直すのは誰でも大変ですよね? でも、どうして大変なんでしょうね?悪いし間違っているのだから、正常にした方が良いに決まっているのに。。。不思議じゃないですか? これについてちょっと …

no image

恥じらい

今日、駅前の歩道橋を歩いていたら、突然1mくらい前に『ボトッ!』と言う豪快な音と思に鳥の糞が落ちてきました。 あと数秒私が早くそこを通っていたら被害に遭っていたところでした。(汗) 間一髪で被害に遭わ …

no image

感性

この使命になってから否が応でもインターネットに触れるので、様々な情報を意図せず入手してしまうことがあるんですが、ここ数か月、サタンの肉になっている人たちについて知るようになりました。 これは、私たちを …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。