私の自論

無用の用

投稿日:

ここ数か月、首から背中にかけてのある一部分がず~っと凝っていて痛かったんです。

元々首の状態が良くなかったし、もうずっと首と肩は凝り固まっていたからそのせいかな?と思ったものの、寝違えたとか、ぶつけたとか、捻ったとかそういう事があったわけではないのに、いつの間にか部分的に特別痛い状態が続いていたので不思議に思っていました。

ストレッチしたり、整体に行ってみたり等しても一向に良くなりませんでした。

ところが、最近ふと気付いたらいつの間にかその部分の痛みがかなり軽減されているんです。やはり特になにもしていないのにです。あまりにも不思議です。

それであれこれ原因を考えてみたのですが…もしかして。。歯かも。。。と思いました。

数か月前、歯の治療のために歯を抜き、ここ最近、抜いた箇所に仮歯を入れたばかりです。

なんとなく、痛みが発生し始めた時期と歯を抜いた時期が重なりますし、痛みが消え始めた時期も歯を入れた時と重なります。しかも、痛かった場所は身体の左側だったのですが、抜いた歯も左側でした。

私は医者じゃないので正確な事は分かりませんが、今のところ考えられる原因は歯しかありません。

まさか歯のせいで首から背中が痛かったなんて思ってもみませんでした。

もしかしたら、歯が一本ないせいで身体全体のバランスが崩れていたのかもしれません。歯なんて大きさは小指の先ぐらいしかないのに、それがあるかないかで身体全体に影響を及ぼしてしまうなんて本当に人の身体って繊細にできているんだなと思いました。

「食べる」という事だけを考えたら、一本歯がなくても特に困るという事はありませんでした。多少食べにくい、という事はあったにしろ、食べられないという事はなかったです。だから、治療するとお金もかかるし、いっそのことこのままなくても良いかな?なんて思ったほどです。

でも、食べるという直接的な役割以外にも歯の役割があったということですね。思わぬところに影響を及ぼしていました。

人間もこれと同じだな~と思いました。

神様は比喩で一人一人はキリストの肢体だとおっしゃいました。身体の肢体のどの部分も必要なように、一人一人が必要であり、いなくてよい人はいない、ということです。

自分にはできることがない、役に立たない、と思ったとしても、神様の世界全体で見たら自分が存在してこそうまくいくという事です。本当に一人一人が貴重な存在だという事を忘れてはいけませんね。

【参考】(コリント人への第一の手紙12章14~27節)
実際、からだは一つの肢体だけではなく、多くのものからできている。 もし足が、わたしは手ではないから、からだに属していないと言っても、それで、からだに属さないわけではない。 また、もし耳が、わたしは目ではないから、からだに属していないと言っても、それで、からだに属さないわけではない。 もしからだ全体が目だとすれば、どこで聞くのか。もし、からだ全体が耳だとすれば、どこでかぐのか。 そこで神は御旨のままに、肢体をそれぞれ、からだに備えられたのである。 もし、すべてのものが一つの肢体なら、どこにからだがあるのか。 ところが実際、肢体は多くあるが、からだは一つなのである。 目は手にむかって、「おまえはいらない」とは言えず、また頭は足にむかって、「おまえはいらない」とも言えない。 そうではなく、むしろ、からだのうちで他よりも弱く見える肢体が、かえって必要なのであり、 からだのうちで、他よりも見劣りがすると思えるところに、ものを着せていっそう見よくする。麗しくない部分はいっそう麗しくするが、 麗しい部分はそうする必要がない。神は劣っている部分をいっそう見よくして、からだに調和をお与えになったのである。それは、からだの中に分裂がなく、それぞれの肢体が互にいたわり合うためなのである。 もし一つの肢体が悩めば、ほかの肢体もみな共に悩み、一つの肢体が尊ばれると、ほかの肢体もみな共に喜ぶ。 あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。 

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

自分が思っているよりも大げさに!

生きていく中で大胆さが必要な場面って大小様々あると思うのですが、多分、一番大胆さが必要な時って、変化を必要とされる時なんじゃないかなと思います。 特に改革が必要な時。 そういう時って、本当に大胆に、大 …

no image

令和

昨日、新元号が発表されましたね! 『令和』。皆さんはどう感じましたか? 私は『レイワ』という音の響きが、キラキラネームとまではいかないまでも結構モダンな感じだなと思いました。(あくまでも私の個人的な感 …

no image

「証(あかし)」は目的ではない

よく教会で耳にする「証になる」という言葉、ちょっと間違えると危険な方向に行きかねないな、と以前から思っていました。 例えば、ある人が人知れず教会のために一生懸命祈っていたところ、たくさん伝道されたとか …

no image

悪評は頭を悪くする!

今、夜の11時30分くらいです。こんな遅くにブログを書いたりはしないのですが、忘れないうちに書こうと思って書いています。 実は、夜にある身内と電話で話した時に、聞くに堪えない誹謗中傷を浴びるように聞い …

完璧主義

先日、ある精神科医が発信しているYouTube番組を何気なく見たところ、完璧主義についてやっていました。 「完璧主義を治すには?」というテーマでした。 ここでいう完璧主義は、精神科や心療内科に相談に来 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。