私の自論

無念な思いをしたら・・

投稿日:

世の中で生きていると、「私は〇〇さんのせいで力を発揮できなかった」とか、「××さんに傷つけられてこんな性格になった」とか、そういう類の事はたくさんありますよね。

この、〇〇さんや××さんが、会社なら上司や先輩、或いは同僚、職場環境などになるだろうし、教会なら牧師や執事など肩書のある人や、教会内のシステムなどの事になるだろうし、家族という場合もあるでしょう。

問題は、そういう目に遭った後どうするかだと思うんです。

正直、今まで生きてきた中で、一度も傷つけられたことがない人、一度も無念な思いをしたことがない人なんているのでしょうか?もしそういう人がいらっしゃるならそれはとても幸いな人だと言えると思います。

でも、大多数の人は、多かれ少なかれ、何等か無念な思いや理不尽なことをされて悔しい思いをした経験があるのではないでしょうか?

その時、自分自身を「私はこんなひどい目に遭ったかわいそうな人」という設定にしてしまったら、もうそこが固定席と言いますか、その位置でずっと行くしかないと思うんです。

言い換えると、そういう人は常に被害者のポジションをとり、自分は被害を受けたからこうなった、今の自分はこう言う理由でこうなったんだ、という事を言い続けて一生が終わってしまうと思うんです。

そうなると、確かにかわいそうだったかもしれないけれど、結果的には発展のない人、復活しない人で終わってしまいますよね。

キリストは誰よりも無念な思いをされたにもかかわらず、被害者のポジションに自分を固定することはありませんでした。

もし、被害者としてのみ存在したなら、その後の栄光はなかったでしょう。

残念ながら、世の中の人がみんなキリストではありません。みんな自分にキリストのように接してくれるわけじゃないし、自分も相手に対してそうでしょう。

だから、いつまでも過去の悔しいことにこだわっていると、自分だけが遅れてしまいます。

また、悔しさのエネルギーを相手に当たり散らすことや、犯罪や悪など不法に手を染めることで爆発させても自分が罰を受けるだけです。

だからといってただ我慢する、というのもきついですよね。

キリストが苦難の後栄光を受けたのはただ我慢したのではなく、その状況の中でできることをやって次へのステップにしたんです。

イエス様は生前、散々迫害を受けながらも福音を伝えられたし、三日半の墓の期間の後、40日間霊で弟子たちに現れて福音を伝えられ、弟子たちをもう一度目覚めさせてから昇天されました。それがあってこその、その後の2000年の歴史です。

先生も、苦難を受けていた期間、どう過ごされたのかを話してくださいました。それがあっての「今」です。

私たちも、ただ主から受ける事ばかりを考えるのではなく、キリストの生き方、精神をまねていくことが大事ですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

説得の有効性

今回の記事は完全に私の経験から来る自論になります。 表題の通り「説得」ということについての私の考えをお伝えしたいと思います。 伝道するとき、こちらに対して懐疑的な人や全く興味なさそうな人に対して「証し …

「信仰」という土台

今の時代は「行い」が強調されますよね。行いの時代ですから当然です。 だから新入生のうちから行い、行い、と行いを叩き込まれるわけです。 でもここで注意すべきことがあります。基本的には、この行いは「信仰」 …

no image

新番組スタート!!

おはようございます! ようやく、新番組「素朴な疑問」がスタートしました! ずっと予告ばかりでなかなかアップできていなかったのですが、ようやく実現してよかったです! 私自身、以前からこのような企画をした …

no image

大人の対応

具体的なことは差し控えますが。。。 最近のいろんなニュースを見て、そして今までの経験も踏まえて思うこと。 相手によっては、おかしいことはおかしい、正しいことは正しい、ときちんと言わないことはかえって付 …

no image

現金社会は神様の知恵⁈

ここ数年、日本は観光大国になりつつありますね。そんな中、日本のキャッシュレス化が遅れているとよく話題になります。 先進国と言われている多くの国ではクレジットカードや電子マネーが進んでいるため、普段から …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。