私の自論

溺れる時は。。。

投稿日:

私は以前、日赤の水上安全法救助員という資格を持ってました。溺れた人を助けるための資格です。

しかし、実際に溺れた人を助けた経験はありません。目の前で溺れている人を見たことすらありません。これは幸いなことですけれど。

だから、溺れるとどうなるのか、実は知りません。自分自身も溺れたことがありませんから。

最近、人が溺れる時は、静かに声も上げずに沈んでいく、という事を知りました。だから、人が近くにいるにもかかわらず気付かない場合もあるそうです。

よく人が想像するような、「助けて~!!」と叫びながら、バタバタするという行為は、顔が水上に出ている時、呼吸ができている時にできることなんですね。だから、本当に溺れたら声なんて出せないということなんです。

考えてみたら当然なんですけど、それを知った時にはドキッとして背筋が凍っている自分がいました。

想像と現実はかなり違います。

そして、これは霊的にもそうかもしれない、と思いました。

本当に霊的に死にかけている時は助けを呼ぶことすらできないのではないか?と。だから、周りがいち早く気付いてあげないといけないんだな、と思ったんです。

本当に常に、主の心で命に接しないといけないですよね。

救助員の免許はとっくに切れてますし、実際体力的な問題で実技が出来なくなってますが、霊的な救助員は生涯現役でできるようにしておかないといけませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

私のミスなのに。。

最近、私自身が「申し訳ないことしたな」と思った出来事がありました。 世の中の事なのですが、あることに関する明細書を受けとり、確認したところ、ちょっと変だなと思われる所があったので、担当者に確認しに行き …

no image

幼い時の衝撃!

夕方、家へ帰る道で、なぜか急に、子供のころ父親のレコードを聴いていた事が思い出されました。 父はクラシック好きで、家にはクラシックのレコードがたくさんあったんです。父が好きなのはベートーベンのオーケス …

no image

脱昭和女

4/29は昭和の日ですね。でもこの日は長年天皇誕生日として過ごしてきました。 つまり、私は典型的な昭和生まれの昭和育ち。 そんな私がふと「昭和の日に昭和度チェック」というのを目にしたので、面白半分にチ …

no image

私がそこにいる理由

いろんな組織や団体について、ああだこうだと意見を言ったり評価したり人がいる。 あそこはこうだよね、そこはこうだよね、など。 意見を言うこと自体は自由だし、罪でもない。 でも、私の人生とは関係ない。 私 …

人生、やった者勝ち

私は自分で言うのもなんですが、今の使命も含め、わりと新しい分野に挑戦してきたタイプだったと思います。 牧会していた時はいち早くインターネットを使って伝道していましたし、SS伝道や壮年部伝道もしていまし …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。