私の自論

溺れる時は。。。

投稿日:

私は以前、日赤の水上安全法救助員という資格を持ってました。溺れた人を助けるための資格です。

しかし、実際に溺れた人を助けた経験はありません。目の前で溺れている人を見たことすらありません。これは幸いなことですけれど。

だから、溺れるとどうなるのか、実は知りません。自分自身も溺れたことがありませんから。

最近、人が溺れる時は、静かに声も上げずに沈んでいく、という事を知りました。だから、人が近くにいるにもかかわらず気付かない場合もあるそうです。

よく人が想像するような、「助けて~!!」と叫びながら、バタバタするという行為は、顔が水上に出ている時、呼吸ができている時にできることなんですね。だから、本当に溺れたら声なんて出せないということなんです。

考えてみたら当然なんですけど、それを知った時にはドキッとして背筋が凍っている自分がいました。

想像と現実はかなり違います。

そして、これは霊的にもそうかもしれない、と思いました。

本当に霊的に死にかけている時は助けを呼ぶことすらできないのではないか?と。だから、周りがいち早く気付いてあげないといけないんだな、と思ったんです。

本当に常に、主の心で命に接しないといけないですよね。

救助員の免許はとっくに切れてますし、実際体力的な問題で実技が出来なくなってますが、霊的な救助員は生涯現役でできるようにしておかないといけませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

奪われないようにするには?

私達は神様からたくさんの祝福を受けていますが、人間の問題はそれをいつの間にか奪われてしまうことです。 たとえば、何かいいことがあると「神様、感謝します!」といって恵みいっぱいになります。しかし、嫌なこ …

no image

ゲーム感覚

昨日、ちょっと気になって、仮想通貨について調べてみました。 『特定の国家による価値の保証のない通貨。おもにインターネット上で「お金」のようにやりとりされ、専門取引所などで円、ドル、ユーロ、人民元などの …

パワースポット

皆さん、パワースポットは興味ありますか? 私が子供のころはそんな言葉はなかったのでこれも最近の概念だと思うんですけど、ちょっと霊的な場所がパワースポットとされてる感じですよね。 若い人たちはパワースポ …

no image

介護士の責任はどこまで?

個人的に複雑な気持ちになる記事を見ました。 その記事は、老人ホームで入所者がおやつをのどに詰まらせ、一か月後に死亡したとされる事件で、施設側が有罪判決を受けた、というもの。 今、私の父もグループホーム …

no image

コンサート

昨日、無事にコンサートを終えることができました!本当に主に感謝します!! 私自身と演奏者は、全ての準備を「自分たちでやる!」という覚悟は決めていたものの、主がご覧になって、よっぽどマズイと思ったのか、 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。