私の自論

溺れる時は。。。

投稿日:

私は以前、日赤の水上安全法救助員という資格を持ってました。溺れた人を助けるための資格です。

しかし、実際に溺れた人を助けた経験はありません。目の前で溺れている人を見たことすらありません。これは幸いなことですけれど。

だから、溺れるとどうなるのか、実は知りません。自分自身も溺れたことがありませんから。

最近、人が溺れる時は、静かに声も上げずに沈んでいく、という事を知りました。だから、人が近くにいるにもかかわらず気付かない場合もあるそうです。

よく人が想像するような、「助けて~!!」と叫びながら、バタバタするという行為は、顔が水上に出ている時、呼吸ができている時にできることなんですね。だから、本当に溺れたら声なんて出せないということなんです。

考えてみたら当然なんですけど、それを知った時にはドキッとして背筋が凍っている自分がいました。

想像と現実はかなり違います。

そして、これは霊的にもそうかもしれない、と思いました。

本当に霊的に死にかけている時は助けを呼ぶことすらできないのではないか?と。だから、周りがいち早く気付いてあげないといけないんだな、と思ったんです。

本当に常に、主の心で命に接しないといけないですよね。

救助員の免許はとっくに切れてますし、実際体力的な問題で実技が出来なくなってますが、霊的な救助員は生涯現役でできるようにしておかないといけませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

光の世界

今日、壮年部の方と一緒に、夜のよみうりランドに行ってきました! 今、夜のよみうりランドは光のイルミネーションをやってるんです!それを見に行ってきました。(乗り物には乗りませんでした。) どこを見ても色 …

no image

脱昭和女

4/29は昭和の日ですね。でもこの日は長年天皇誕生日として過ごしてきました。 つまり、私は典型的な昭和生まれの昭和育ち。 そんな私がふと「昭和の日に昭和度チェック」というのを目にしたので、面白半分にチ …

霊の階級

以前(20年以上前)、まだ宣教師がいたころですが、「霊的なお祈り会」というのをしていた時期がありました。 それはどういうものかというと、「霊界の窓」と呼ばれる霊の使命者(霊や幻を見たり異言の通訳などを …

no image

ゲーム感覚

昨日、ちょっと気になって、仮想通貨について調べてみました。 『特定の国家による価値の保証のない通貨。おもにインターネット上で「お金」のようにやりとりされ、専門取引所などで円、ドル、ユーロ、人民元などの …

no image

着物を再創造したら…

ちょっと面白い記事を発見! ハワイの服と言えばアロハシャツですが、実は、このアロハシャツ、日系移民が古い着物の素材を利用してシャツとして着始めたのが始まりなんだそうです! 今となってはハワイの正装にま …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。