私の自論

溺れる時は。。。

投稿日:

私は以前、日赤の水上安全法救助員という資格を持ってました。溺れた人を助けるための資格です。

しかし、実際に溺れた人を助けた経験はありません。目の前で溺れている人を見たことすらありません。これは幸いなことですけれど。

だから、溺れるとどうなるのか、実は知りません。自分自身も溺れたことがありませんから。

最近、人が溺れる時は、静かに声も上げずに沈んでいく、という事を知りました。だから、人が近くにいるにもかかわらず気付かない場合もあるそうです。

よく人が想像するような、「助けて~!!」と叫びながら、バタバタするという行為は、顔が水上に出ている時、呼吸ができている時にできることなんですね。だから、本当に溺れたら声なんて出せないということなんです。

考えてみたら当然なんですけど、それを知った時にはドキッとして背筋が凍っている自分がいました。

想像と現実はかなり違います。

そして、これは霊的にもそうかもしれない、と思いました。

本当に霊的に死にかけている時は助けを呼ぶことすらできないのではないか?と。だから、周りがいち早く気付いてあげないといけないんだな、と思ったんです。

本当に常に、主の心で命に接しないといけないですよね。

救助員の免許はとっくに切れてますし、実際体力的な問題で実技が出来なくなってますが、霊的な救助員は生涯現役でできるようにしておかないといけませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

無念な思いをしたら・・

世の中で生きていると、「私は〇〇さんのせいで力を発揮できなかった」とか、「××さんに傷つけられてこんな性格になった」とか、そういう類の事はたくさんありますよね。 この、〇〇さんや××さんが、会社なら上 …

no image

銭湯文化

昨日のことになりますが、主日の説教を無事に終えた後、午後からラジオ番組二回分の録音(来週は海外にいるので)を終えて、家に帰ってから「今日は一日働いたから、今夜はゆったり過ごそう」と思い、近所の銭湯に行 …

no image

新緑

約1か月前は満開の桜で私たちを楽しませてくれた桜の木が、今は青々とした新緑になって私たちを楽しませてくれています! 日本人にとっては、満開の桜は冬が終わって本格的な春の到来を告げるしるしのようなもの。 …

no image

聖書の力

ふと、私がこの神様の歴史を悟って先生と共に必死に走ってきて(自分では必死に走ってきたつもり)、それによる一番の恩恵って何だろう??って考えてみました。 いろんな細かい祝福もあるんですが、私としては、何 …

no image

師走

今日から12月ですね!本当に今年最後の月に突入してしまいました! ところで、12月は「師走」と言いますけど、ちょっと語源を調べてみました。 以下、語源由来辞典より 師走は当て字で、語源は以下の通り諸説 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。