私の自論

求めることは自ら行うこと

投稿日:

『求めよ、そうすれば与えられるであろう。』

これは福音書の有名な聖句です。(マタイ7:7)

この有名な言葉の後、求めたら神様はくださるという事についてイエス様が分かりやすく話してくださっています。

ただ、初めてこの聖句を学んだ時、私は相手から何も言われてないのに自ら求めるのは図々しいのでは?と思ったんです。日本人的な感覚では、相手がくれるという時に謙虚に頂くというのが筋、と思いますよね?

でもこの聖句、決して物欲を満たしたり出世欲を満たしたりするためにあるのではないんですね。もっと良くなりたいなら、より次元を高めたいなら神様に求めなさいという事です。

そしてイエス様の『求めなさい』という話の流れの最後にはこのような聖句があります。

『だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのようにせよ。』(マタイ7:12)

『求めなさい』という話なのに、結末は『人々にしなさい』なんですよ。ちょっと不思議じゃないですか?

求めることは、自分が神様に対してすることです。でもそれだけじゃだめだという事です。人に対してもすることがあるわけです。神様に対してすることと人に対してすることがそれぞれあるという事です。

言い換えると、霊的にすることと、肉的にすることがそれぞれあるという事です。

ですから、求めることに関する自分の責任分担は、祈りだけじゃなくて、『自分がしてほしい』と思うことを自ら行うことで完結します。ここまでが『求めなさい』というみことばだということです。

実際、自らすることで自分に返ってきます。よく「Give & Take」と言いますね。欲しければ先に与えなさいということです。

みことばをよく研究すると、『求めなさい』ということは人に要求する話でも図々しい話でもないことが分かります。

先生が自分は使わないけれど村の川をきれいにしたりするのはまさしくこの精神です。

お祈りを熱心にしても、行動が伴わなければ御言葉通りに生きてることにはなりません。

神様に求めつつ、どんどん自ら行う人が栄えるという法則です。

最近のビジネス書などでも、行うことの重要性などが叫ばれていますが、それはすでに2000年前にイエス様が宣布した内容だったんですね。

どんどん神様に求め、どんどん行って、霊も肉も栄える人になりたいですね!

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

必死さ

福井県の男子中学生二人が、日本語の通じない外国人の迷子を、学校で習った英語を駆使して警察まで連れて行き、無事に親に引き渡すことができたそうです。 この功績に、福井県警は、2人に感謝状を贈ったそうです。 …

「今」最善で最短は何か?

先日、ある記事を読んでいたら、以前ホリエモンが「寿司職人が何年も修行するのはバカ」と発言していた事がチラッと取り上げられていました。(その記事の核心ではありません) 当時この発言が炎上して話題になった …

いろいろな信仰の武器

昨日に引き続き「霊的なお祈り会」のお話をしようとおもいます。 霊的なお祈り会では「信仰の武器」を見ることが何回かありました。 私が初めて体験した時は、宣教師が霊の使命者に、その場にいる人たち全体を見な …

奇跡やしるしよりも大きなこと

いよいよ11月ですね! 今年も残り2か月足らずになりました。 時間が経つのは早いです。残りの日々を悔いなく過ごしていきたいですね。(^^) ところで、昨日(11/1)の主日の説教の中での先生の聖書解説 …

no image

使命の特権

今の使命は、「信仰のない世の中の人にも見てほしい」という思いがあるので、あえてパスワードなどもかけず、全てを公開してアップしているのですが、だからこそちょっと難しいなと感じることもあります。 というの …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。