私の自論

正確な通訳に感謝

投稿日:

今日、面白い出来事がありました

ちょっと近所に買い物に行って自分のアパートに戻り、階段を上っている時、急に見知らぬ黒人の若い女の子がスマホの画面を私に突き付けてきて見せてきたんです。

何事かと思って読んでみると、『今は私はストーブをおくのをあなたは手伝って』という意味不明な内容。

今夏なのにストーブ??と思い、『今ストーブつけるの?』と聞くと、まったく日本語が分からない様子。

私が戸惑っていると、その女の子が私に「早く来て!」と言わんばかりに手招きをするので行ってみたら、どうやら私の家の斜め向かいに新しく引っ越してきた人だと分かりました。

中に入ると、ガスコンロに火がつかないらしいということが分かりました。

外国人だったので、ちゃんとガス会社に連絡したのかと聞きたかったのですが、そういう英語がよくわからず、ちょうど東京ガスの連絡先が書いてあるシールを発見したので、それを指さしながらテキトーに単語を並べてみたら、またその子がスマホをいじりだして私に画面を見せたんです。

今度は『ガス会社の人が来ました。私は分からない』とまた意味不明。

とりあえず、ガス会社の人は来たと分かったので、それなら火が付くはずだ、と思い、私がコンロの火をつけてみたら、普通にちゃんと火が付きました!!

その女の子は「お~!!」と歓声を上げ「ありがとう!」と片言の日本語で何度もお礼を言ってくれました。

そこでようやく状況を理解しました。つまり、この子はガスコンロのつけ方がわからなくて私に教えてほしかった、ということだったんですよね。

恐らく、私に突き付けてきたスマホの文章は、翻訳サイトか何かで翻訳した日本語だったのでしょう。本当に滅茶苦茶な日本語で驚きました。ガスコンロはストーブという訳なんですかねぇ。。。

分かってみれば簡単なことだったんですが、お互い言葉が通じなかったうえに、滅茶苦茶な翻訳のせいで余計混乱しました。

言葉が通じないと本当に大変ですね。そして、翻訳・通訳って正確じゃないとこんなに苦労するのだ、と実感しました。

日ごろ通訳してくださっている方に感謝ですね。

また、神様の言葉を人間の言葉に通訳してくれる使命者がいて、それを書き残してくれた人がいるから聖書が存在し、今も御言葉が聞けるわけです。

神様の言葉を間違って通訳したら、翻訳サイトのおかしな日本語みたいに、おかしな言葉になってそれがおかしな宗教になっちゃうのかな?とも思いました。

霊的にも肉的にも、正確な通訳者がいることに感謝するばかりです。

 

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

「伝道の才能」はある?

ちょっと問題発言になるかもですが。。。 表題の通り、伝道に才能は必要かどうかについて今の私の考えをお伝えしようと思います。 ただし、ここでいう伝道は、伝統的な方法の伝道。声をかけて連れてくる直接的な伝 …

スポーツと不正

今現在、冬季オリンピック開催されてますよね? もうすでに終わりに近づいてますけど。。 今回も日本人が大活躍で本当にうれしい限りです! オリンピックとか世界選手権とか、何で他人の活躍なのに見ていて嬉しく …

親切心ではあるけれど。。。

今日は少々毒舌かも。。。閲覧注意。(^^; 今週はヨシヤ王の話を通してメッセージがありましたが、今朝も「敵を通して救いが来ることがある」という事をおっしゃってましたね。 「神様は敵を通して働くことがあ …

no image

文字で想いを伝える文化

ちょっと前に個人的趣味で、江戸時代の庶民文化についての記事や動画を見たんですね。 そこに、吉原についての話にも触れていたんです。 吉原と言えば、言わずと知れた「遊郭」です。 吉原の遊女の日常生活につい …

no image

恐怖体験⁈

外出先の駅のトイレでの出来事。 トイレに並んでいると、並んでいた人の1人が、ある一つのトイレを見て急に血相を変えて駅員さんを呼びに行きました。 彼女曰く、自分が朝早くにもこのトイレに来たが、その時から …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。