私の自論

本当は信心深い日本人

投稿日:

江戸時代の終わりごろ、急に消えた村があるそうです。

原因は、恐らく疫病か何かのためだろうとされていますが、どうやらその村は、山の中にある「夙(しゅく)村」だったようです。

私も今回初めて知りましたが「夙」というのは中世から近世にかけて近畿地方に住んでいた賤民の一つだそうです。

とは言っても、差別そのものはさほど強烈ではなかったようで、近くの村とは緩やかな交流もあったそうです。

その、消えてしまった夙村の近隣住民たちは、今でもお彼岸になると夙村のお墓参りをするそうです。

なぜか?・・・ここが今日のポイント。(笑)

明治になると、消えた夙村の近隣の村で火災が立て続けに起きたそうです。あまりにも大火が続くので、当時の村人たちは『夙の人たちの霊を放置しているからだ』と思い、それから村人たちが夙の村跡を掃除し、夙の氏神の御神体を祭り、山の中に散在していた夙の人たちのお墓を一か所に集め、毎年お彼岸には住職を呼んで供養するようになったそうです。

それから火事は起こらなくなったのだとか。

これは何百年も前の話ではなく、1900年代、つまり20世紀になってからの話です。

現在、日本人の大多数は「無宗教」と称していて、宗教嫌いや宗教に嫌悪感を持っている人が多いのが現実です。また、見えないものは信じないという人も多いです。

しかし、ほんの100年前、同じ日本人がこの世の災いを祟りだとして霊を供養するということをしていたわけです。

しかも、賤民とされている人達の霊を、そうでない人たちが供養してあげるという話は他の国では聞いたことがありません。

ちょっと話はそれますが、昔から日本人は「お天道様が見ている」から、見えない所でも悪いことをしてはいけない、と躾られてきました。

つまり、本来、日本人は見えないものを信じ、恐れ、それを大切にしていたということだと思います。

こういう性質も神様が下さった民族性ではないでしょうか?

現代社会は、日本に限らずどこのだれでも、あれもこれもと見える権利ばかりを主張するカオスな世の中になっています。でも、こういう時代だからこそ、原点にもどって目に見えないものを大切にするものいいんじゃないかな・・と思うのです。

情報源☞ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00010000-tanba-l28&p=1

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

実は宗教好き?

昨日、ひょんなことから目にしたネットのコメントに衝撃を受けたのでそれについてお伝えしようと思います。 それはネットで売っている、ある財布についての口コミなんです。 その財布は持つと金運が高まるとかいう …

no image

周囲には感謝がいっぱい!

昨日、ちょっとコンビニに寄って、レジで会計をしているとき、レジを打っているバイトの子を見ながら、ふと『ここでこうやって働く人がいるから私はここで買えるんだな。』という考えが浮かんできました。 そのレジ …

no image

非喫煙者のみ採用する会社が出現!

ひまわり生命保険という保険会社が、2020年から新卒採用の条件を「非喫煙者」にすると発表したそうです! この会社は2016年から「健康応援企業」というスローガンを掲げているため、お客様を応援するために …

no image

次元を上げる最善策は?

誰もが自分の元を上げる事を願ってますよね? もっと簡単な言い方をすれば、誰もがもっと良くなりたい!と願っていると思うんです。だれだって悪くなりたくはないでしょう。 だからこそ、本屋に行くと様々な成功本 …

「過酷」だけが原因じゃない!

当たり前のことかもしれませんが、何かを遣り甲斐をもってし続けるには『希望』があるかどうかが重要だと思います。 例えば、オリンピックの強化選手達。たまに彼らの特集などありますが、それを見る限り、凡人の通 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。