私の自論

本当は信心深い日本人

投稿日:

江戸時代の終わりごろ、急に消えた村があるそうです。

原因は、恐らく疫病か何かのためだろうとされていますが、どうやらその村は、山の中にある「夙(しゅく)村」だったようです。

私も今回初めて知りましたが「夙」というのは中世から近世にかけて近畿地方に住んでいた賤民の一つだそうです。

とは言っても、差別そのものはさほど強烈ではなかったようで、近くの村とは緩やかな交流もあったそうです。

その、消えてしまった夙村の近隣住民たちは、今でもお彼岸になると夙村のお墓参りをするそうです。

なぜか?・・・ここが今日のポイント。(笑)

明治になると、消えた夙村の近隣の村で火災が立て続けに起きたそうです。あまりにも大火が続くので、当時の村人たちは『夙の人たちの霊を放置しているからだ』と思い、それから村人たちが夙の村跡を掃除し、夙の氏神の御神体を祭り、山の中に散在していた夙の人たちのお墓を一か所に集め、毎年お彼岸には住職を呼んで供養するようになったそうです。

それから火事は起こらなくなったのだとか。

これは何百年も前の話ではなく、1900年代、つまり20世紀になってからの話です。

現在、日本人の大多数は「無宗教」と称していて、宗教嫌いや宗教に嫌悪感を持っている人が多いのが現実です。また、見えないものは信じないという人も多いです。

しかし、ほんの100年前、同じ日本人がこの世の災いを祟りだとして霊を供養するということをしていたわけです。

しかも、賤民とされている人達の霊を、そうでない人たちが供養してあげるという話は他の国では聞いたことがありません。

ちょっと話はそれますが、昔から日本人は「お天道様が見ている」から、見えない所でも悪いことをしてはいけない、と躾られてきました。

つまり、本来、日本人は見えないものを信じ、恐れ、それを大切にしていたということだと思います。

こういう性質も神様が下さった民族性ではないでしょうか?

現代社会は、日本に限らずどこのだれでも、あれもこれもと見える権利ばかりを主張するカオスな世の中になっています。でも、こういう時代だからこそ、原点にもどって目に見えないものを大切にするものいいんじゃないかな・・と思うのです。

情報源☞ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00010000-tanba-l28&p=1

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

共に過ごす恵み

今日は朝から都内の温泉に行ってきました! GW中ですが思ったよりは混んでなくて良かったです。 たっぷり温泉に入って一緒にご飯を食べてたくさんおしゃべりして身体も心も充電されたような気がします。 一人暮 …

no image

10月分撮影

昨日(9/29)、10月にアップする予定の映像を撮影しました! スクープと新企画「素朴な疑問」(仮名)の撮影です。新企画は先月も撮影し、本当は今月から公開予定でしたが、コンサートやら何やら諸事情で今月 …

no image

時代にふさわしく!

ここ数日、日本では体操のパワハラ問題が話題を呼んでいますね。 日大アメフト・レスリング・ボクシング・体操・・・もうここまでくると次は何かな?と疑いたくなる状況です。 今年は日本のパワハラが暴かれる年の …

論破は意味ない⁈

昔私がよくやってしまっていたこと。(^^; 私はこの真理に絶対的な自信があったので、世の理屈には絶対に負けない!という自負心がありました。 それで何か言いがかりやイチャモンめいたことを言われた場合、徹 …

no image

指摘する?褒める?

覆面調査ってご存知ですか?調査員が飲食店などで客を装って調査するものです。 従来は、その企業がもっと改善すべき点を明らかにするものだったのですが、最近は褒めまくる覆面調査が登場したらしいです。 どうい …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。