私の自論

本当にあった不思議な話

投稿日:

今日はちょっと趣向を変えて、表題の通り「本当にあった不思議な話」をしたいと思います。

私が幼稚園生だったか小学生になったばかりだったかの頃。当時はまだ日本全体がお互い警戒心がなくのんびりしていて、普段は鍵なんてかけてない家がほとんど、という時代でした。

そんなある日、母が外出するときに、家の鍵をかけ、当時住んでいた社宅のアパートの集合ポストに鍵を入れて出かけたそうです。(おそらく今ならそんな無警戒なことはしませんよね・・・)

しかし、帰ってきたらそのカギがなくなっていたそうです!(>‗<)

それで当時、我が家ではちょっとした騒動になりました。

その時なくなった鍵がマスターキーだったのか、合鍵だったのかは当時子供だった私にはわかりませんでしたが、とにかくその日以来、我が家はカギが一つなくなった状態で過ごしていました。

多分今の時代なら直ちに鍵交換するでしょうけれど、当時は他にもあるからとりあえずそれを使おう、という感じでした。

母は、カギはどこに行っちゃったんだろう??不思議だな。。と話していました。

それから一か月くらいたったある日、母が夢を見たそうです!

夢の中で、亡くなった私の祖父(母の父)が出てきて『〇〇(母の名前)、ほら、やるよ!』と言って何かをポーンと投げてよこしたそうです。それが何だったのかは分からないまま夢から覚めたそうです。

そしてその日の夕方、なんと!郵便ポストになくなった鍵が入っていたのです!

これで我が家の鍵騒動は一件落着!

それにしても、一体何だったんでしょうね。当時母は、気丈で正義感の強かったおじいちゃんが見つけて返してくれたんだ!と言ってましたが。。(笑)

皆さんはどう思われますか?

今日はあえて私の見解は公表せず、皆さんそれぞれの想像にお任せしますね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

国民性の回復!

最近、幕末から明治維新当時の日本についての記事をいくつか読む機会がありました。 実は、江戸時代の日本は、世界最高の教育水準だったようで、識字率はダントツ世界トップ。どんな身分の人も読み書きができること …

no image

ゲーム感覚

昨日、ちょっと気になって、仮想通貨について調べてみました。 『特定の国家による価値の保証のない通貨。おもにインターネット上で「お金」のようにやりとりされ、専門取引所などで円、ドル、ユーロ、人民元などの …

no image

私たちの立場

年末を目前にして、最近ちょっと思うこと。 私たちは神様とは立場も状態も違います。先生とも違います。 神様は私たち人間の創造主であり、完全な方なので、人間を愛で指摘し、直すことができる存在です。 でも、 …

no image

たまには・・・やってみようかな⁈

突然ですが、皆さんは行列に並ぶことを苦にしないタイプですか?それとも嫌がるタイプですか? 私は明らかに後者で、行列を見ただけでアッサリ諦めることがあります。ものすごく時間の無駄だと感じてしまうんですね …

no image

生きるための知識

警視庁の災害対策課のTwitter公式アカウントで「道具を使わない缶詰の開け方」を紹介しているそうです。 それによると、缶詰の底をコンクリートやアスファルトに円を描くようにこすりつけるとフチの接合部分 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。