私の自論

時の知らせ

投稿日:

今日、ちょっと私用があって行ったところの近くに、白い花が満開になっている小さな木があり、通行人がその花の写真を撮っている姿を見ました。

その姿を見て、そういえば。。。もう春分の日は過ぎたんだ、と認識しました。

最近、日々のことに忙しくしていて、外の風景には気を配っていなかったなと思いました。

でも、私は毎日必ずその日の天気予報を見て天気と気温をチェックするんです!とても寒がりなので、その日の最低気温と最高気温をチェックして服装を決めるんです。

なのに外の様子には全く無頓着だったなと。東京はすでに桜の開花宣言があったようですが、それも人から聞きました。(^^;

神様はこうやって、春になれば温かい風を吹かせ、花を咲かせ、様々な方法で「もう冬は終わって春が来たよ」と知らせてくださっています。

自然万物は神様の言語ですね。

しかし、私達(特に私)は、知らず知らず情報によって状況を把握することが習慣になってしまっています。時計、カレンダー、天気予報等々。

もっと外の風景や様子を見ながら、また空気を感じながら、神様の言語をもっと理解したいなと思いました。

『話す事もなく、語る事もなく、
その声も聞こえないのに、
その響きは全地にあまねく、
その言葉は世界の果てにまで及ぶ。
神は日のために幕屋を天にもうけられた。』
(詩篇19:3~4)

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

火事から考えたこと

昨日江東区で結構大きな火事があったのをご存知ですか? 私はニュースを見て火事があったこと自体は知っていましたが、なんと、その場所は私の所属教会のメンバーが結構住んでいる団地の真ん前だったそうなんです! …

no image

大人の対応

具体的なことは差し控えますが。。。 最近のいろんなニュースを見て、そして今までの経験も踏まえて思うこと。 相手によっては、おかしいことはおかしい、正しいことは正しい、ときちんと言わないことはかえって付 …

no image

良いことなのだけれど。。。

給食の完食指導で児童が嘔吐し、指導した女性教諭を口頭で厳重注意処分に処したという記事を見ました。 昔式の教育だと、「残さず食べる」ことが美徳でしたよね?でも、今でもそういう教育をしているのかと驚きまし …

no image

本当は信心深い日本人

江戸時代の終わりごろ、急に消えた村があるそうです。 原因は、恐らく疫病か何かのためだろうとされていますが、どうやらその村は、山の中にある「夙(しゅく)村」だったようです。 私も今回初めて知りましたが「 …

no image

神様からの恩恵⁈

面白い記事を見ました。 日本人は欧米人に比べ、アルコールに弱いということは周知の事実ですが、なんと!日本人はアルコールに弱くなるように進化していったのだそうです! 進化の過程で、日本人にとってはアルコ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。