私の自論

時の知らせ

投稿日:

今日、ちょっと私用があって行ったところの近くに、白い花が満開になっている小さな木があり、通行人がその花の写真を撮っている姿を見ました。

その姿を見て、そういえば。。。もう春分の日は過ぎたんだ、と認識しました。

最近、日々のことに忙しくしていて、外の風景には気を配っていなかったなと思いました。

でも、私は毎日必ずその日の天気予報を見て天気と気温をチェックするんです!とても寒がりなので、その日の最低気温と最高気温をチェックして服装を決めるんです。

なのに外の様子には全く無頓着だったなと。東京はすでに桜の開花宣言があったようですが、それも人から聞きました。(^^;

神様はこうやって、春になれば温かい風を吹かせ、花を咲かせ、様々な方法で「もう冬は終わって春が来たよ」と知らせてくださっています。

自然万物は神様の言語ですね。

しかし、私達(特に私)は、知らず知らず情報によって状況を把握することが習慣になってしまっています。時計、カレンダー、天気予報等々。

もっと外の風景や様子を見ながら、また空気を感じながら、神様の言語をもっと理解したいなと思いました。

『話す事もなく、語る事もなく、
その声も聞こえないのに、
その響きは全地にあまねく、
その言葉は世界の果てにまで及ぶ。
神は日のために幕屋を天にもうけられた。』
(詩篇19:3~4)

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

憧れが最高の教育

先日、私が「講師訓練について」という記事の中でおすすめの講義の仕方を書きましたがそれにはモデルがいます。(「講師訓練について」の記事はこちら⇒ https://pastor.tokyo/own-opi …

no image

YouTubeに不具合

ご存知の方も多いと思いますが、今日の午前中、世界規模でYouTubeに不具合が発生したそうです。 今は接続障害は解消していますが、一時YouTubeが見れなくなったりアップできなくなったり・・・など世 …

論破は意味ない⁈

昔私がよくやってしまっていたこと。(^^; 私はこの真理に絶対的な自信があったので、世の理屈には絶対に負けない!という自負心がありました。 それで何か言いがかりやイチャモンめいたことを言われた場合、徹 …

no image

介護士の責任はどこまで?

個人的に複雑な気持ちになる記事を見ました。 その記事は、老人ホームで入所者がおやつをのどに詰まらせ、一か月後に死亡したとされる事件で、施設側が有罪判決を受けた、というもの。 今、私の父もグループホーム …

仕事人のススメ

昨日の説教の中で(核心じゃないんですけど)、昔は働く人は「仕事人」、働かない人は「愛の人」と言われていたという話がありましたよね? 核心ではないのでこの部分をスルーしていた人もいるかもしれませんが。。 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。