私の自論

明日必ず生きられる?

投稿日:

日本には江戸時代から切腹の美学があるせいか、自殺を「生き方の選択の一つ」と考える人々も多くいます。

それだけが理由ではありませんが、実際、日本は自殺者が多い国ですよね。

日本以外でも自殺の問題を抱えている国はありますが、不思議なことにそのほとんどは、いわゆる「先進国」と言われるている国なのだそうです。

今日明日の食べ物にも困る状況下にいる人々や、何千もの人々が餓死線上をさまよっているような難民キャンプの状況を見ると、日本人の目には自殺を考えてもおかしくないようなお先真っ暗な人生に見えます。しかし、不思議とそのような場所では自殺願望の声は聞かれないそうです。

実際、現地の彼らが常に考えていることは、今夜の食料を得ること、つまり「生きること」なのだそうです。

人間は生きられる保証のない人生ほど「生きたい!」と思うようです。

逆に死ぬことを考えられるのは、生きること自体が当然になっているからなのかもしれません。

でも、いくら先進国だからと言って、明日も必ず生きられるという保証は一つもありません。

ついさっきまで元気な姿を見たのに、数時間後には事故で亡くなったり、数日前には普通に会話した人と二度と会えなくなってしまったり・・・実際、人生はいろいろあります。

私自身も、母と電話で何気ない適当な会話をしたのが最後、その三日後に母は意識不明になりました。そうなると分かっていたならあの時もっと意味のある話をすればよかった、と当時は思いました。

だから、実際は食べ物が十分にあっても、環境が整っていても、人間が明日必ず生きられるという保証はないんですね。

だから、本当は毎日生きていることは当然なことではないんです。むしろ感謝すべきことだと思います。生きていれば何かしらの活動ができるからです。

聖書にもこう書いてあります。

『すべて生ける者に連なる者には望みがある。行ける犬は死んだ獅子にまさるからである。』(伝道の書9:4)

どんな大物でも死んだらもう何もできません。逆に、取るに足りない小さな存在でも、生きていれば何かしらできる可能性があります。

私たちは神様から命を頂き、この世で「生かしてもらっている」ということを忘れたらいけませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

命に対する主の執念

以前私が伝道したけど今では失われた羊となってしまってる子から、私ではなく、当時一緒に迎えに入ってくれていた壮年部の方に連絡があったそうで、今日会ってもらいました。 突然向こうからアクションがあったそう …

運命論の方が楽⁈

皆さんご存じの通り、一人一人の人生は神様によって予定されているのではありません。 人間の責任分担によっていくらでも変わります。 人間がすることは、道を選択することと、その道を最後まで行く努力。 ところ …

no image

読書の時間

最近、画面の見過ぎか、あまり目の調子が良くないな~と思い、少しだけ、画面を見ることを避ける生活をしているところです。 気付いたら、スマホとタブレットを持ち歩くのが習慣になっていましたし、使命だからとい …

no image

新企画、いよいよ始動!!

今日は、新企画の撮影をしました!! 一発目だったので、いろいろ事前に打ち合わせしたりする時間も結構あり、部屋を借りていた3時間ぎりぎりいっぱい使いました。 あれこれ撮影しましたが。。。今回は「お悩み相 …

no image

何が安全?

ちょっと調べ物をしていたら、たまたま目に入った動画があり、見てみたら衝撃的な内容でした。 それは、一言で要約すると、ペットボトルの水はただの水道水、という内容。しかも、ペットボトルは石油で作られていて …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。