私の自論

日常の延長上に。。。

投稿日:

またまた最近思うことの一つ。

ニュースを見ると、どちらかというと、嬉しい話題よりは悲しい話題が多いですよね。

特に最近は、小中学生がいじめで自殺とか、福祉施設で虐待の疑いのある死とか、親が子供を虐待して死なせるとか、とにかく人が死ぬニュースが以前より多くなってしまったような気がします。

一昔前なら、死に至る事件といえば、いわゆる凶悪な「殺人事件」がほとんどだったと思うんですが。。。

でも、最近目につくのは、特別な事件というよりは、日常の延長上で死に至ってしまうようなケースです。それで毎回、どうして防げなかったのか、という議論になります。

つまり、「日常」が一昔前とは違うのでしょう。

生活スタイルが違うのも勿論ですが、それ以上に、人々の日常の精神状態が違うのかな?と思います。

人々の無関心が叫ばれて久しいですが、今は他人への無関心を通り越して自意識が過剰になり、他人の痛みを感じるよりむしろ「自分が痛いんだ!」という考えが日常になっているのかな?という気がします。

ただの無関心なら放っておくと思うんです。でも、他人を死に至らしめるまで執拗にいじめたり虐待するのは、過剰な自己愛に他ならないんじゃないのかな?と。

「お前のせいで」「こいつのせいで」自分がひどい状況になっている、と言う思考。また、とりあえず一緒にいじめておけば自分は安心、と言う思考。

でもこれってまさしくルシファーの考えじゃないですか?

こんな日本のように、聖書も神様もサタンも知らない人々の上にも、着実にサタンが計画を実行しているのだなと認識せざるを得ません。

つまり、サタンもサタンの世界を着実にこの地に広げているということです。

私たちが今自分の問題でぐずぐずしている間にどんどんサタンの世界が広がっているという現状を認識しないといけませんね。

『光をつかむように速く実践!』という言葉は、必要性があるから出た言葉だなと思います。

今年も残りわずかですが、最後までサタン以上のスピード感をもって神様の世界をこの地に着実に広げていきたいですね!

-私の自論
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

悪評は目立つ

またまた新元号について。 アンケートによると新元号『令和』を良いと思うという人が6割を超えているのに、コメントではなぜか否定的な意見が目立つ、という記事を目にしました。 また、違う記事では、国民が喜ん …

no image

永遠の友

昨日、大学時代の同級生の博美牧師と、以前の同居人Eちゃんの三人で会うことになりました。 特に用事はなく、なんとなくこのようになったという感じで、久しぶりにお茶会(私以外の2人は食事)になりました。 3 …

no image

一つ一つ前進

今日、実家の土地関係で処理すべきことがあり、福島県の郡山まで行ってきました。 いろいろ確認事項を確認し、弁護士と相談しながら策戦を練り、証明書など市役所へ直接行かないと取れないものなど、いろいろ取って …

躓かない努力

昨日の説教では、かなり中高生向けの話が宣布されましたね? 中高生のための礼拝でしたから当然なんですけど。(^^; 中高生は幼いし素直で純粋で傷つきやすいから言葉や態度に気を付けなければいけない、という …

no image

経緯の傘

実は、長年使っていた傘を処分することになりました。 どのくらい使っていたかというと、10年以上です。 以前牧会していた時、私の誕生日に教会のみんながプレゼントしてくれた傘で、とても丈夫だったし、柄も綺 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。