私の自論

教えることは最高のマスター法

投稿日:

私が牧会など指導者の経験があって良かったと思う事の一つは、教える立場だったという事です。

自分自身を振り返ってみると、牧会者になったばかりのころ、到底人様に教えられるような能力があったわけではありませんでした。でも、そういう立場になってしまったから教えざるを得なかったのです。

その結果、自分自身が一番学んだし、身に付きました。

実際、教える前は確認するし(間違ったことは教えられないので)、ノートなどにまとめて頭を整理するし、その時点ですでに聞いただけより身に付いていますが、さらに教えることで完全に頭に入ります。

また、教えれば質問されたりもするだろうから、それでまた考えたり調べたりするようになります。

話を聞くこと、読むことはインプットですよね。インプットばかりだと忘れてしまいます。インプットは受け身なので。たとえ記憶力が良くて覚えていたとしても、身に付いたとは言えません。

だから、講義するときなどはできれば講義案も自分で作った方が良いです。誰かが作ったものを見るのはやはりインプットです。私自身は講義案作りでかなりみことばが自分の中に入りました。自分が自ら作るのは能動的な行いであり、アウトプットです。

昔の牧会者は講義ばかりではなく、いろいろやって見せたり教えたりしなければいけない立場だったので正直プレッシャーも感じていましたが、おかげでいろんなことができるようになったと思います。今となっては感謝しかありません。

大抵の人は、自分はまだ教えられない、と思ってしり込みしたり、自分は講師の使命をもらってないから、指導者じゃないから、といって教えることは自分には関係がないと思ったりするのではないかと思います。

でも、教えるのは最高の実践なのです。

スポーツでも、自分ができることと人に教えることは違いますよね?教えることで改めて確認することや認識することがあると思います。

だから、事の大小を問わず、どんな分野の事だとしても、聞いた話や学んだ事などはすぐに誰かに教えると良いのです。

日曜日に聞く説教も自分なりにノートにまとめたり、自分で小見出しを付けたりなどするだけでも全然違います。

だから、いまからマスター法を勉強するより、さっそく教えてみることがより早道だと思いますよ。

まだ足りなくても知っている分だけ教えればよいのです。

神様が自分に働かれていることを感じられるのは、受け身の時ではなく自分が実践するときです。

是非トライしてみてくださいね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

勇気ある行い

男子高校生が橋から飛び降りようとしていた40代女性を助けた、という記事を見ました。 この男子生徒は自転車で走行中、橋の上に立っている女性を見かけ、一度は通り過ぎたものの、様子がおかしいと思い引き返すと …

no image

知ってびっくり!

無知って恐ろしいな、と改めて実感する出来事がありました。 今日、日帰りで福島県にいる父に会いに行ったのですが、その際、行きは高速バスを使いました。 高速バスで私の隣の席に座った方が少し年配の女性だった …

no image

”古いもの”を捨てる!

ニュースで、WHOの幹部が来日し、日本の喫煙対策が時代遅れだと苦言を呈したというのを見ました。 特に、東京オリンピックに向けて、公共施設については、屋内は完全禁煙にするよう要請したそうです。 日本では …

no image

成績の良し悪しは頭の良さで決まる⁈

最近、ふと思ったことです。 よく、高学歴者が必ずしも頭がいいわけじゃないとか、社会でうまくいっているわけじゃないとか言われたりしますよね? もっと言うと、学歴だけじゃなくて、いろんな技能や資格がある人 …

no image

由々しき事態が。。。

一瞬、いつの時代のニュースかと目を疑うような記事が!! なんと、現代日本で梅毒患者が増加しているのだそうです!しかも若い女性に! 私自身、梅毒という病気は性や衛生に関する知識が乏しかった昔の病気かと思 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。