私の自論

教えることは最高のマスター法

投稿日:

私が牧会など指導者の経験があって良かったと思う事の一つは、教える立場だったという事です。

自分自身を振り返ってみると、牧会者になったばかりのころ、到底人様に教えられるような能力があったわけではありませんでした。でも、そういう立場になってしまったから教えざるを得なかったのです。

その結果、自分自身が一番学んだし、身に付きました。

実際、教える前は確認するし(間違ったことは教えられないので)、ノートなどにまとめて頭を整理するし、その時点ですでに聞いただけより身に付いていますが、さらに教えることで完全に頭に入ります。

また、教えれば質問されたりもするだろうから、それでまた考えたり調べたりするようになります。

話を聞くこと、読むことはインプットですよね。インプットばかりだと忘れてしまいます。インプットは受け身なので。たとえ記憶力が良くて覚えていたとしても、身に付いたとは言えません。

だから、講義するときなどはできれば講義案も自分で作った方が良いです。誰かが作ったものを見るのはやはりインプットです。私自身は講義案作りでかなりみことばが自分の中に入りました。自分が自ら作るのは能動的な行いであり、アウトプットです。

昔の牧会者は講義ばかりではなく、いろいろやって見せたり教えたりしなければいけない立場だったので正直プレッシャーも感じていましたが、おかげでいろんなことができるようになったと思います。今となっては感謝しかありません。

大抵の人は、自分はまだ教えられない、と思ってしり込みしたり、自分は講師の使命をもらってないから、指導者じゃないから、といって教えることは自分には関係がないと思ったりするのではないかと思います。

でも、教えるのは最高の実践なのです。

スポーツでも、自分ができることと人に教えることは違いますよね?教えることで改めて確認することや認識することがあると思います。

だから、事の大小を問わず、どんな分野の事だとしても、聞いた話や学んだ事などはすぐに誰かに教えると良いのです。

日曜日に聞く説教も自分なりにノートにまとめたり、自分で小見出しを付けたりなどするだけでも全然違います。

だから、いまからマスター法を勉強するより、さっそく教えてみることがより早道だと思いますよ。

まだ足りなくても知っている分だけ教えればよいのです。

神様が自分に働かれていることを感じられるのは、受け身の時ではなく自分が実践するときです。

是非トライしてみてくださいね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

分かるけど。。。という思考

気付いたらもう12月30日。事実上、今年最後の日ですね。明日はギリギリ12月ですが、主日ですから、もう来年の週に入ります。 今年は、光をつかむように速く!というみことばから始まり、途中からは古いものを …

no image

トンボの万物啓示

もうそろそろ8月が終わろうとしているというのに、まだまだ真夏の暑さが続いていますね。 今日もホントに暑かったですが、外を歩いていたらなんと道端にトンボがいたんです!地面に止まって動かない状態でしたけど …

no image

素敵な見せ方

先週、サムネイルを作った時にインストールした写真アプリを使っていろいろ試してみました。 聖句を素敵に見せたいなと思って。 こうやって聖句を取り出してみると、とてもロマンチックな詩に見えますよね! 我な …

no image

「証(あかし)」は目的ではない

よく教会で耳にする「証になる」という言葉、ちょっと間違えると危険な方向に行きかねないな、と以前から思っていました。 例えば、ある人が人知れず教会のために一生懸命祈っていたところ、たくさん伝道されたとか …

no image

都議選

今日は都議会議員選挙でしたね。 今まで長く牧会していたので、日曜日は朝から説教準備だし、礼拝後はスポーツだから、選挙の日だとしてもそれどころじゃないというのが本音でした。 正直、牧会中は霊的なことにし …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。