私の自論

敏感すぎ⁈

投稿日:

アメリカのあるマイナーリーグの球団で、日本との文化交流イベントを開催したそうです。

その際、3人のアメリカ人がはっぴを着て空手のポーズを取ったりなどの映像をTwitterに上げたところ、大炎上したそうです。

「人種差別だ!」と。

それを受けて、球団側はその映像を取り下げたそうです。

最初意味が分からなかったんですが、アメリカ人がそういう格好をして日本人の真似をしていること自体が人種差別や侮辱と受け取られるようです。

正直、日本人の私が見ても特に不快感を感じることはなく、むしろ、アメリカ人がはっぴなんか着てお茶目だな、と、好意的にも感じられました。

しかし、人種差別に敏感なアメリカではこういうことが大炎上してしまうんですね。

しかも、苦情を投稿して大炎上させた人たちはほとんど日本人じゃないんです!

考え方の違いもあるかもしれませんが、敏感すぎるのも不便だな、と思ってしまいました。

数年前に日本で「鈍感力」という本が出版され、大ヒットしてましたが、それをちょっと思い出しました。

当時私もその本を読んだのですが、確か、何に対しても敏感すぎて心が傷ついたり落ち込んだりしてしまうより、何も気にならないような「鈍感力」を身につけた方が世の中強く生きていける、というような内容だったと思います。

現代は何かと敏感過ぎる傾向がありますよね。敏感に反応することこそ意識の高いことだと考える人が多いようです。

勿論、本当に困っている人がいることに関しては敏感にならざるを得ませんが、今回のように主催者側に悪意もなく、差別されているとされる当の日本人がなんとも思ってないのに外野が騒いで炎上というのは、何とも窮屈な世の中だな、と思ってしまいます。

でも、似たようなことは日本の社会にもあると思いますし、正直、摂理の中にもあると思います。

「鈍感力」と言うと語弊があるかもしれませんが、つまりは「大目に見る」という心も必要なんじゃないかな、と思いました。

言い換えれば、『愛の心で見る』ということですね。

お互いに『愛の心で見る』ということができれば、誤解やすれ違いがもっとなくなって和睦が進むんじゃないでしょうか?

愛の心で見て接することができる人、キリストの香りを放つ人になりたいですね。

 

 ☞ 「これ、日本人は本当に怒ってるの?」

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

喜びを与えたいという心

今朝、たまたまある動画を見たんです。それはある人気化粧品会社の女社長が出てきて自社の新商品を宣伝しているものでした。 初めは、この商品はこんな成分も入れてるしこんな風にしているし・・・など、とにかく凄 …

no image

たまには・・・やってみようかな⁈

突然ですが、皆さんは行列に並ぶことを苦にしないタイプですか?それとも嫌がるタイプですか? 私は明らかに後者で、行列を見ただけでアッサリ諦めることがあります。ものすごく時間の無駄だと感じてしまうんですね …

no image

時代にふさわしく!

ここ数日、日本では体操のパワハラ問題が話題を呼んでいますね。 日大アメフト・レスリング・ボクシング・体操・・・もうここまでくると次は何かな?と疑いたくなる状況です。 今年は日本のパワハラが暴かれる年の …

心のアレルギー

最近、自分自身の事を振り返って、ふと思ったことがあります。 子供の頃より心が成長して大人になり、以前耐えられなかったことが耐えられるようになったこともあるけれど(それがほとんどだけど)、一部、逆もある …

no image

性格と能力

昨日のブログ記事を書いた後、性格と能力の関係について、あることを思い出しました。 私は以前、水泳のコーチをしていたことがあり、特に子供のクラスを中心に水泳を教えていました。 私が経験した一番小さい子の …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。