女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

敏感すぎ⁈

投稿日:

アメリカのあるマイナーリーグの球団で、日本との文化交流イベントを開催したそうです。

その際、3人のアメリカ人がはっぴを着て空手のポーズを取ったりなどの映像をTwitterに上げたところ、大炎上したそうです。

「人種差別だ!」と。

それを受けて、球団側はその映像を取り下げたそうです。

最初意味が分からなかったんですが、アメリカ人がそういう格好をして日本人の真似をしていること自体が人種差別や侮辱と受け取られるようです。

正直、日本人の私が見ても特に不快感を感じることはなく、むしろ、アメリカ人がはっぴなんか着てお茶目だな、と、好意的にも感じられました。

しかし、人種差別に敏感なアメリカではこういうことが大炎上してしまうんですね。

しかも、苦情を投稿して大炎上させた人たちはほとんど日本人じゃないんです!

考え方の違いもあるかもしれませんが、敏感すぎるのも不便だな、と思ってしまいました。

数年前に日本で「鈍感力」という本が出版され、大ヒットしてましたが、それをちょっと思い出しました。

当時私もその本を読んだのですが、確か、何に対しても敏感すぎて心が傷ついたり落ち込んだりしてしまうより、何も気にならないような「鈍感力」を身につけた方が世の中強く生きていける、というような内容だったと思います。

現代は何かと敏感過ぎる傾向がありますよね。敏感に反応することこそ意識の高いことだと考える人が多いようです。

勿論、本当に困っている人がいることに関しては敏感にならざるを得ませんが、今回のように主催者側に悪意もなく、差別されているとされる当の日本人がなんとも思ってないのに外野が騒いで炎上というのは、何とも窮屈な世の中だな、と思ってしまいます。

でも、似たようなことは日本の社会にもあると思いますし、正直、摂理の中にもあると思います。

「鈍感力」と言うと語弊があるかもしれませんが、つまりは「大目に見る」という心も必要なんじゃないかな、と思いました。

言い換えれば、『愛の心で見る』ということですね。

お互いに『愛の心で見る』ということができれば、誤解やすれ違いがもっとなくなって和睦が進むんじゃないでしょうか?

愛の心で見て接することができる人、キリストの香りを放つ人になりたいですね。

 

 ☞ 「これ、日本人は本当に怒ってるの?」

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

失敗体験は貴重な宝

失敗体験というのは誰だっていやなものですが、実は失敗体験は強烈な学びの体験とも言えます。だからその時は辛くても後で良い結果をもたらす根源となり得るのです。 またまた私の体験談で恐縮ですが、実際にそうい …

no image

聖句の背景

クリスチャンであり、作家の曽野綾子さんの旅の体験記を読んで面白いことを知るようになりました!それをちょっと紹介したいと思います。 「求めよ、そうすれば与えられるであろう。捜せ、そうすれば見いだすであろ …

no image

戻ってきた落とし物

今日は私のドジ話。 実は、一昨日、PASMO(ICカード)をなくしてしまったんです! 一昨日バスに乗って目的地に行き、夜帰るためにバスに乗ろうとしたときPASMOがないことに気付きました。ものすごく焦 …

no image

一瞬一瞬の積み重ね

今日の説教を聞いて、昔読んだある箴言が思い浮かびました。 家に帰ってからさっそく確認。その箴言がこれ。 『一滴一滴の雨が集まって小川を成し川を成し海を成すように、時間が集まって小さな歴史から大きな歴史 …

no image

正確な通訳に感謝

今日、面白い出来事がありました ちょっと近所に買い物に行って自分のアパートに戻り、階段を上っている時、急に見知らぬ黒人の若い女の子がスマホの画面を私に突き付けてきて見せてきたんです。 何事かと思って読 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。