私の自論

技術が悪いのではない!

投稿日:

面白い記事を発見!

アメリカ・フロリダ州の駐車場で、父親が誤って車内に鍵を置いたままドアを閉めてしまい、1歳の女の子が閉じ込められてしまったそうです。

その時、たまたま近くにいた社会奉仕中の受刑者たちが騒ぎを聞きつけ、「我々なら車上荒らしの技を使って車を開けることができる!」と申し出て、持ち前の技(?)を駆使したところ、わずか数分で開けてしまったそうです!

こうして女の子は無事に救出され、両親は受刑者たちに感謝し「彼らを尊敬している。」とコメントしたそうです。(笑)

ところで、この時受刑者たちが使った道具は、なんと、ハンガーを針金状にしたものだけ!

ある意味、生きる知恵、というか凄い生存能力ですよね。。(苦笑)

この記事を読んで、善と悪って表裏一体だな、と思いました。

同じ人が同じ技術を使って一方では車上荒らしをし、一方では人を救うことに貢献したのです。

特別な道具を必要とせず、針金一つで鍵を開けられる技術が悪いのではない。。使う人の心の方向がどっちに向いているのか、悪なのか善なのか、それによってその技術もその人も価値が変わるのだなと改めて感じました。

自分の能力や身につけた技術がサタンに使われるのか、神様に使われるのか。どうせ使われるなら神様に使われたいですね。

女児が車内に閉じ込められた→奉仕中の受刑者が「車上荒らしの技」を使って救出する

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190219-57396746-labaq

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

神様は使命者を通して行われる!

今週は使命者についてたくさん学んでいますね。 今回は私が牧会していた時、残念に思った事をお伝えしようと思います。 牧会者と言ってもいろんな個性の人がいるし、それぞれセンターが違いますから、牧会者が全員 …

no image

ミスは無能のせい?

人間だれでも、どんなに賢くても今まで生きてきてミスや失敗をした経験が一度もないという人はいませんよね? どうして賢い人が愚かなミスをしてしまうのか、ということについて、分析し、7つの要因を挙げている記 …

no image

ユリのように

先日のピアノの発表会の時に、未香さんから花束をもらったので、その花を自宅に飾っていました。 その花々の中で、バラと小花はすでに花が咲いていましたが、ユリは全てつぼみでした。 もらった時すでに咲いていた …

霊的な管理

今週は、「失った羊を探しなさい」とおっしゃいました。 これはあくまで私の経験上の話ですが。。 失った羊は必ず事前に兆候があります。本人がシグナルを出しているんです。 それをいち早く読み取れるかどうかが …

no image

信仰の目で見る

『また、不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。』(マタイ24:12) この聖句は、終末の前兆を現す聖句の一部ですが、なんだか最近この通りだな、と思ってしまうことが多いです。残念ですが。。。 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。