私の自論

技術が悪いのではない!

投稿日:

面白い記事を発見!

アメリカ・フロリダ州の駐車場で、父親が誤って車内に鍵を置いたままドアを閉めてしまい、1歳の女の子が閉じ込められてしまったそうです。

その時、たまたま近くにいた社会奉仕中の受刑者たちが騒ぎを聞きつけ、「我々なら車上荒らしの技を使って車を開けることができる!」と申し出て、持ち前の技(?)を駆使したところ、わずか数分で開けてしまったそうです!

こうして女の子は無事に救出され、両親は受刑者たちに感謝し「彼らを尊敬している。」とコメントしたそうです。(笑)

ところで、この時受刑者たちが使った道具は、なんと、ハンガーを針金状にしたものだけ!

ある意味、生きる知恵、というか凄い生存能力ですよね。。(苦笑)

この記事を読んで、善と悪って表裏一体だな、と思いました。

同じ人が同じ技術を使って一方では車上荒らしをし、一方では人を救うことに貢献したのです。

特別な道具を必要とせず、針金一つで鍵を開けられる技術が悪いのではない。。使う人の心の方向がどっちに向いているのか、悪なのか善なのか、それによってその技術もその人も価値が変わるのだなと改めて感じました。

自分の能力や身につけた技術がサタンに使われるのか、神様に使われるのか。どうせ使われるなら神様に使われたいですね。

女児が車内に閉じ込められた→奉仕中の受刑者が「車上荒らしの技」を使って救出する

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190219-57396746-labaq

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

御心の時

今週、先生が、癒しのお祈りは本人の信仰の他、「時」が大事だとおっしゃってました。 何事にも時がありますからね。。でもこれが本当に難しいと思います。 なぜ難しいかというと、癒しに限らずお祈りを受けようと …

no image

新番組スタート!!

おはようございます! ようやく、新番組「素朴な疑問」がスタートしました! ずっと予告ばかりでなかなかアップできていなかったのですが、ようやく実現してよかったです! 私自身、以前からこのような企画をした …

no image

分かるけど。。。という思考

気付いたらもう12月30日。事実上、今年最後の日ですね。明日はギリギリ12月ですが、主日ですから、もう来年の週に入ります。 今年は、光をつかむように速く!というみことばから始まり、途中からは古いものを …

no image

無念な思いをしたら・・

世の中で生きていると、「私は〇〇さんのせいで力を発揮できなかった」とか、「××さんに傷つけられてこんな性格になった」とか、そういう類の事はたくさんありますよね。 この、〇〇さんや××さんが、会社なら上 …

心のアレルギー

最近、自分自身の事を振り返って、ふと思ったことがあります。 子供の頃より心が成長して大人になり、以前耐えられなかったことが耐えられるようになったこともあるけれど(それがほとんどだけど)、一部、逆もある …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。