私の自論

成功したければ強い信仰を!

投稿日:2019年5月16日 更新日:

よく、成功哲学とかビジネス書などで「未来の自分に確信を持て!」とか「自己肯定感を高めろ!」とか、思い込みの効果とかそういうことが書いてあるのですが、実はこういうことはすでに聖書にバッチリ書かれているんですよね。

それはへブル人への手紙11章1節。

さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである。

これは、言わば信仰の定義ともいえる聖句ですが、信仰とは何かというと、①「望んでいる事柄を確信する」、②「まだ見ていない事実を確認する」という二点が明記されているわけです。

日本人の多くが勘違いしている事として、「信仰とは弱い人が頼るもの」とか「自分でできない人が逃げるところ」などが挙げられると思います。

そう言いながら、自分に自信がなくて、人の目が気になって動けなくなってしまう人が多いのはどうしてかな?と思うのです。

先ほどの聖句で①「望んでいる事柄を確信する」というのは、言い換えると、こうなりたいとか、こうであってほしい、などと望んでいることを、こうなれる!このようになる!と思うことが確信することですよね。

では、②「まだ見ていない事実を確認する」とはどういうことでしょうか?

まだ見ていないという事は未来を意味しますよね。未来をどう確認するんでしょうか?

過去の事なら見たり聞いたり調べたりして確認することができます。しかし、これから起こることは見たり聞いたりなどの手段では確認できません。

だれも未来のことなど肉的な方法では確認できないのです。だからこそ未来に不安を感じるわけです。

だから、心で確認をする=信じること。

つまり、未来に「こうなりたい!」と望んでいることを「こうなれる!」と確信し、信じることが「信仰」というわけです。

弱い人間が自分はできないから神様に頼って丸投げすることとは書いてありません。むしろ、ビジネス書などで書かれている事と共通します。

ただし、この未来への確信の背後には「神様が助けてくださるから」という大前提があります。ただのポジティブシンキングではありません。

また、罪を犯しているのに(=神様が助けられない状況があるのに)望んでいる事柄が成せると思ってはいけません。

まとめると、ただ一言「強い信仰心に基づいて行動すること」、これが成功の秘訣なんじゃないでしょうか?

正直、ビジネス書などで書かれていることは、聖書の言葉の『この世に該当する部分』だけを切り取っていることが多いです。勿論言い方は変えていますけどね。実際ビジネスで成功している人は欧米人が多いじゃないですか?彼らにとって聖書は特別なものではありません。

信仰心に基づいた行動はこの世の成功だけではなく、それこそ未来の成功、まだ見ぬ霊界での成功も治めることができます。これが最終的な神様の祝福です。霊界は永遠の世界ですから。

どうせ生きるなら、この世でもあの世でも両方祝福された生き方をしたいですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

出来ない人にありがちな特徴

今日は久しぶりに本音トークをしたいと思います。(笑) 今からの話はあくまでも私の経験上の話、私が思う話になります。 教会では伝道実績者とか管理功績者など、各方面でよく頑張って結果を残した人がいると思う …

no image

初風呂

皆さん、明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします! 皆さんはどんなお正月を過ごされていますか? 私は、今年も都内の某温泉に行ってきました! とりあえず今日はあれこれ複雑なことは考えず …

no image

神様の作品は美しい!

私用があり、近所を自転車で通っていると、住宅街のさなかにある八重桜が満開になっており、あまりの綺麗さに思わず自転車を止めて眺めてしまいました。 帰り道は違う道を通ってきましたが、道沿いに植えてある木の …

no image

当事者じゃないと分からない!

今日、チラッと本屋に寄った時、東京23区についての本が目に留まり、少しだけ立ち読みしました。(すみません、本の題名忘れました💦) 東京以外の人や東京の郊外の人から見れば、「23区」でひとくくりなのかも …

no image

周囲には感謝がいっぱい!

昨日、ちょっとコンビニに寄って、レジで会計をしているとき、レジを打っているバイトの子を見ながら、ふと『ここでこうやって働く人がいるから私はここで買えるんだな。』という考えが浮かんできました。 そのレジ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。