私の自論

愛の法

投稿日:

ある一つのことに向かってみんなで頑張る!って、実はとても楽しいです。

最近は個人主義だからそういうのが懐かしいです。

勿論、昔が良かった、というわけじゃないんですが、特に前半期、ドタバタ劇のようではあったけど、とにかくみんなで頑張ってた頃が楽しかったなと思う時があります。

みんなが運命共同体みたいで、一体感がありました。

そういう時は、言われなくても愛の法が適用されていたような気がします。

個人的に動いていると、隣の人の事情も分からないことが多いですからね。原理原則的にならざるを得ないのかもしれません。

自分は大変、自分は辛い、自分はまだまだ、自分は忙しい、自分は・・・と、「自分は」が考えのメインになると難しい気がします。他の人の事なんてかまってられない感じですから。

本当に相手を愛していれば、自然とその人が生きるために一番良い法が適用されるんじゃないのかなと思います。

『私もまた、何事にもすべての人に喜ばれるように努め、多くの人が救われるために、自分の益ではなく彼らの益を求めている。』(コリントⅠ10:33)

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

疑うと消耗しませんか?

以前、疑い深かったり信仰のアップダウンが激しい人を見て思ったことがあります。 信仰深くない人って大変だな~、と。(ちょっと上から目線で申し訳ありません。) 世の中的には、何事も疑ってかかることが賢い現 …

no image

鍛えるにも時がある!

台風の接近で大雨の被害が心配ですが、その代わり猛暑が和らいでいますね。何事にも一長一短があるのだなと改めて感じます。 ところで、今年の異常な猛暑で熱中症が深刻な問題になってますが、これを受けて、小中学 …

no image

喜びを与えたいという心

今朝、たまたまある動画を見たんです。それはある人気化粧品会社の女社長が出てきて自社の新商品を宣伝しているものでした。 初めは、この商品はこんな成分も入れてるしこんな風にしているし・・・など、とにかく凄 …

霊の階級

以前(20年以上前)、まだ宣教師がいたころですが、「霊的なお祈り会」というのをしていた時期がありました。 それはどういうものかというと、「霊界の窓」と呼ばれる霊の使命者(霊や幻を見たり異言の通訳などを …

no image

情が切れると・・・

最近、とある所の待合室で読んだ雑誌に「離婚」に関する手記がありました。自分の体験談を綴ったものです。 それをなんとなく読んでしまったんですが。。。それぞれ経緯は違うにしろ、みんな共通していたなと思った …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。