私の自論

情が切れると・・・

投稿日:

最近、とある所の待合室で読んだ雑誌に「離婚」に関する手記がありました。自分の体験談を綴ったものです。

それをなんとなく読んでしまったんですが。。。それぞれ経緯は違うにしろ、みんな共通していたなと思ったのは、「情がなくなった」ということでした。

勿論、そういう手記って大抵自分が被害者の立場で書かれますから真相は分かりませんが、とにかく最終的には情がなくなったわけです。

一例を挙げると、ある女性は、息子が思春期に入るころから息子に馬鹿にされ始め、旦那もそれに同調。数年間耐えたけど、どんどんエスカレートして暴言も日常茶飯事。結局精神に支障をきたしたので実家に戻り離婚。

後から、旦那に「そんなつもりじゃなかった」とか言われたけど、もう旦那の名前を聞くだけで動悸がするし、息子に対しても、自分のおなかを痛めた子だけど愛情が湧かない。後から息子も連絡してきたみたいけど、話す気も合う気もない。と、こんな感じ。(かなり要約してます)

まぁ、いろんな手記があったけど、とにかく、女性でも男性でも、パートナーや子供、姑などから自尊心を傷つけられ、耐えられなくなり、離婚に至るケースがほどんとで、後から謝られても泣かれても、もう情が湧かない、というより、何も感じないのだそうです。

前回のブログで、人は自分の尊厳を重んじてくれる人に心を開く、という内容を書いたんですが、今回は全く逆の話です。

人は、自分の尊厳を深く傷つけられ、修復できないままいると、完全に心を閉ざし、情がなくなり、無感覚になるのだな、と思ったんです。本当に情が無くなっちゃうと、人の心って石みたいになっちゃうんだなと。

しかし、傷つけた方は大抵、「離婚」という事実を突きつけられてから「冗談のつもりだった」とか「そんなつもりじゃなかった」とか言うんですね。

でも言われた方は、すでに相手に対して何も感じなくなってるんです。何も感じないということは、もうどうでもいい存在という事です。

ケガや病気も本来は治せるものでも「手遅れ」ってありますよね。心の傷も、相手の悔い改めで癒すことができるタイムリミットがあるのかなと思いました。

タイムリミットを過ぎると、もう手遅れで、何をしても修復不可能。

また、「致命傷」というのもあります。これは一発アウトになります。心も「致命傷」を負うと、やはり修復不可能です。

よく「金の切れ目が縁の切れ目」なんて言いますけど、実際は「情の切れ目が縁の切れ目」だなと思いました。

今週は主日の説教で悔い改めの話が出ましたが、人に対しても、神様に対しても、タイムリミットを迎える前に、修復すべきことは修復しないと大変なことになりますね。

前回と同じになりますが、一人一人が貴重な存在だ思うことが本当に大切ですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

感動の金メダル!

またしてもパラリンピックの話題です。(笑) スノーボードの下肢障害のクラスで成田緑夢(ぐりむ)さんが金メダル!おめでとうございます! これにはお兄さんの童夢さん(トリノオリンピック代表)も我を忘れて涙 …

no image

使い道は?

先日、教会のあるメンバーから商品券を頂きました。 私はそのメンバーに何かをしてあげたわけでもなく、最近はこれといって教会に貢献もしていないのになぜ?と思って理由を聞くと、「聖霊の感動」ということでした …

no image

みんなで新しく!

今日の礼拝後、ある古いメンバーとランチしながらいろいろ話しました。 話しながら、「古いものを捨て、新しくする」、「若い人を立てる」ということは、ちょっと聞いただけだと古くからいる人には厳しい話に聞こえ …

no image

同じもの?

以下の写真、二つは同じ「一株の水菜」なんです!! 全然違いますよね? 左が私たちが普段スーパーや八百屋さんで目にする一般的な水菜。 右は京野菜の千筋京水菜というものです。 実は、二つは品種的には同じ水 …

no image

和睦しないと。。。

今日、私用があって、ちょと地下鉄に乗り、目的地まで行きました。その最寄り駅での出来事。 電車を降りると、ホームに、泣き叫んでいる女の子と母親と思しき女性がいました。母親はあえて知らんぷりしているようで …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。