私の自論

悪評は頭を悪くする!

投稿日:

今、夜の11時30分くらいです。こんな遅くにブログを書いたりはしないのですが、忘れないうちに書こうと思って書いています。

実は、夜にある身内と電話で話した時に、聞くに堪えない誹謗中傷を浴びるように聞いてしまったんです。

私に対してではなかったのですが、ひどい言いようだったので、電話を切った時、しばらく波長が悪いまま呆然としてしまいました。

しばらくしてから、こんな風にボーっとして過ごしてはいけない、と思って何かしようとしたんですが、なかなか手につかないんです。集中もできないし。心が落ち着かない感じ。

あれこれ思い起こしてみたら、その人にとっては今日が特別に機嫌が悪かったわけではなく、いつもこうなんです。日常会話レベル。

これが他人だったら、あの人はきっとサタンに憑りつかれたのだろうと思って「かわいそうな人」扱いになったかもしれません。でも、身内だったので、頭がクラクラしました。

気分を変えようと思ってシャワーを浴びてようやく正気に返ってきたので今ブログを書いています。

この経験を通して悟ったことは、悪評を聞くと、脳の働きが滞るということ。

もっと詳しく言うと、実際、悪評を聞いたら精神状態が少しおかしくなったんです。何も考えられなくなって、しばらく呆然としてしまって、何も手に付きませんでした。精神の働きは肉体的に言えば脳の働きです。ですから、脳の働きが鈍くなったということですよね?

悪評をたくさん聞いてしまうと性格や考え方に影響する、ということは誰でも知っていることだと思いますが、今日の自分の経験を通して、性格ばかりでなく、脳の働きが鈍くなって頭も悪くなるんだな、と悟りました。

本当に、悪評は、悪影響しかありません。悪評することはもちろんいけませんが、自分に対してではない内容でも聞いてはいけないですね。

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

人が心を開く時

オウム真理教の林郁夫受刑者を存知ですか? 本職は医者。地下鉄サリン事件の実行犯の一人であり、サリン事件の実行犯で唯一死刑ではなく、無期懲役の判決が出た人です。 彼は最初サリン事件の重要人物とはみなされ …

no image

技術が悪いのではない!

面白い記事を発見! アメリカ・フロリダ州の駐車場で、父親が誤って車内に鍵を置いたままドアを閉めてしまい、1歳の女の子が閉じ込められてしまったそうです。 その時、たまたま近くにいた社会奉仕中の受刑者たち …

no image

チャンスは自ら!

最近、宣教会内のあちこちで講師訓練をしているせいか、Bible Studyの講義を聞いてください、という依頼が結構来ます。 みんなすごく熱心で、頑張っているな~と思います。 ただ、これについて、私が個 …

神様は使命者を通して行われる!

今週は使命者についてたくさん学んでいますね。 今回は私が牧会していた時、残念に思った事をお伝えしようと思います。 牧会者と言ってもいろんな個性の人がいるし、それぞれセンターが違いますから、牧会者が全員 …

自分が思っているよりも大げさに!

生きていく中で大胆さが必要な場面って大小様々あると思うのですが、多分、一番大胆さが必要な時って、変化を必要とされる時なんじゃないかなと思います。 特に改革が必要な時。 そういう時って、本当に大胆に、大 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。