私の自論

性格は進化しない?

投稿日:

よく、あの人は「優しい人」「怒りっぽい人」など、人の性格を〇〇な人、というカテゴリーでわけて考えることがありますよね?普段の会話にもよく出てくるだろうし、心理ゲームや占いなどにも使われていると思います。

実はこのような分類の仕方は、古代ギリシャ・ローマ時代から行われていたようです。

古代ギリシャの哲学者・植物学者のテオプラストスは『人は様々』という著書の中で、人の性格を「へそまがり」「おしゃべり」「虚栄」「恥知らず」など30種類取り上げて、当時の人々の生活をリアルに表現しながら解説をしているそうです。

例えば「へそまがり」は挨拶されても返さず、道で石に躓けばその石に悪態をつき、長いこと待つことはしないなど、言葉や態度が荒っぽい人として描かれているのだそうです。

個人的には、ちょっと興味が湧いたのでその本を読んでみたくなりました。(笑)

ところで、古代ギリシャ時代と現代とでは随分世の中が違っていると思うのですが、当時も今も同じような人がいるという事が面白いなと思いました。つまり、人間の中身ってそんなに変わってないのだなと。

人間の外見は進化し、変化しています。人類の祖先と言われる原人と現代人を見比べれば一目瞭然です。

世の中も進化しています。文明の利器が発達して、今現在もどんどん便利なもの、早いもの、精密なもの等が生み出され続けています。

社会思想もどんどん変化しています。

でも、人間一人一人の性格というのは、時代が進んでも進化しないようですね。外見や世の中の進化につられて人類の性格もどんどん進化して良くなっていけば良かったのですが、今も凶悪な犯罪がある現実を見るとそういうわけにもいかないようです。

結局、人間の性格は人類の進化のように全体的に進化するのではなく、個人が意識して自分を作っていかなければいけないという事だと思います。

これは神様が人間一人一人に与えた責任分担ですね。

自分の「一生」という決められた期間の中でどれだけ自分の中身を進化させられるのか、それが神様から全ての人に課せられた使命なのだなと改めて思いました。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

切実な想い

私の好きな(というよりは切実に感じる)箴言を紹介します。 古い箴言なのでご存知の方も多いかもしれませんが。 『御言葉を裂いて粉にし、涙で練って、聖霊の火で焼いて、愛をもって食べさせなさい。』 今は牧会 …

no image

何事も確認!!

最近、小学校の教師がある男子生徒に「飛び降りろ」と言ったことが問題になったというニュースがありましたが、それについて、またしてもメディアの切り取り捏造だったことが判明しました! メディアでは一斉に、「 …

no image

現代人こそ霊感を!

ここ数年、「観測史上初」とか、「予想外」「想定外」など、そういう言葉と共に起きる事故が多いな、と感じています。 また、人員的なミスだとしても、「前例」又は「慣例」に従ってした結果だったり・・だから仕方 …

no image

歴史を実感

今週の土日、ある教会の合宿に呼ばれて御言葉を4つ伝えることになりました! 以前私が先生から決裁を受けた原稿と、他は聖書の御言葉。 この一年、Web中心だったので、現実の集団講義は本当に久しぶりで、ちょ …

no image

誰にも迷惑かけずに生きれる?

特殊清掃ってご存知ですか?一言で言うと、死体処理後の現場の掃除のことです。 最近、孤独死が増えているせいか、特殊清掃業者も増えてるみたいです。 実際、孤独死や自殺後の発見が遅れると、その現場は想像を絶 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。