私の自論

怖いのは霊?人間?

投稿日:

去年8月、東京青梅市で、いわゆる心霊スポット巡りをしていた少年らが暴行事件を起こし、ネットでは「祟りでは?」とか「幽霊より人間の方が怖い」などの悲鳴が相次いでいるそうです。

以下、事件概要。(記事抜粋)
『逮捕されたのは、昭島市に住む17歳の少年6人。少年らは、去年8月21日の午前4時半過ぎ、青梅市にある新吹上トンネル内の路上で、専門学校生6人の頭や顔を殴って全治2週間のけがをさせるなどした疑いがもたれている。
少年6人と専門学校生たちは別々で心霊スポット巡りをしていて、トンネル内で何らかのトラブルがあったとみられている。6人は容疑を認め、「なれなれしく手を振られたのでなめられたかと思った」などと供述しているという。

単なる暴行事件なのか、または他の要因があるのか。。記事でははっきりと結論は出していませんでしたが、私の個人的見解としては、本人たちの問題と、霊の影響との両方があるなと思いました。

事件現場は、心霊スポットというくらいですから、きっと多くの人が何らかの霊体験をしているのでしょう。私自身は霊体質じゃないのでそういう体験はありませんが、恐らく多くの霊が居る場所なのだと思います。

とは言っても、霊は誰でも彼でも憑くわけではありません。霊の世界は心情・波長の世界です。心情・波長がぴったり合わない人には憑くことができません。

逆に言うと、心情・波長がそこにいる霊とぴったり合ってしまうと憑かれる可能性が大という事になります。

暴行事件を起こした少年たちの供述を見ると「なれなれしく手を振られたのでなめられたと思った」と言っています。つまり、こういう思想・心情の持ち主たちだったという事です。

こういう思想で生きていた人の霊がそこにいればこの少年たちとは合うわけです。そういう霊の影響を受ければ、普段は歯止めが効く人たちだったとしても事件を起こしてしまい、犯罪者になってしまうことは十分にあり得ます。

心霊スポットにはどんな霊が居るかわかりません。少なくとも救われていない霊が居ると思われます。救われた霊は地上にはいないからです。どちらかというとあまり良くない霊がいると考えた方がよいでしょう。

そういう場所で、自分が少しでも良くない波長を出せば、すぐにそういう霊が寄ってきてしまいます。

心霊スポットに行くなら、自分の心情・波長を完璧に善にしてからじゃないと危険だという事ですね。

心霊スポット巡り中に少年6人が暴れ逮捕「憑りつかれた?」「幽霊より怖い」との声

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190122-92282630-sirabee

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

前兆に反応しよう!

今週、準備の話を聞きながら思い出したこと。 以前、メディアを通しての大迫害があった年のことです。 あの時はちょうど人事異動したばかりでその教会では新任牧会者のような感じでした。 3月に異動してその年の …

no image

必死さ

福井県の男子中学生二人が、日本語の通じない外国人の迷子を、学校で習った英語を駆使して警察まで連れて行き、無事に親に引き渡すことができたそうです。 この功績に、福井県警は、2人に感謝状を贈ったそうです。 …

no image

新企画予告編の動画をアップしました!

皆さん、こんにちは。 先日お伝えしました通り、令和スタートに合わせて“ミカとクララ”も新企画をスタートさせることになりました! タイトルは 『どう生きる?!人生の後半戦!』 今回はその予告編動画です。 …

no image

隣の住人(恐らく最終回)

今朝、家の玄関の外がバタバタするな、と思ってそっとドアを開けて見てみたら、引っ越し業者のような人たちが隣の家のモノを次々と運び出していたんです。 私の家のドア付近にも段ボールが積まれていたため、私が顔 …

no image

勤労感謝の日

今日は勤労感謝の日で祝日。夜になってからふと、勤労感謝の日って何だろう?という疑問が湧き、ちょっと調べてみました。 すると・・・恥ずかしながら驚愕の事実が!! 実は、「勤労感謝の日」とは、戦後GHQが …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。