私の自論

怖いのは霊?人間?

投稿日:

去年8月、東京青梅市で、いわゆる心霊スポット巡りをしていた少年らが暴行事件を起こし、ネットでは「祟りでは?」とか「幽霊より人間の方が怖い」などの悲鳴が相次いでいるそうです。

以下、事件概要。(記事抜粋)
『逮捕されたのは、昭島市に住む17歳の少年6人。少年らは、去年8月21日の午前4時半過ぎ、青梅市にある新吹上トンネル内の路上で、専門学校生6人の頭や顔を殴って全治2週間のけがをさせるなどした疑いがもたれている。
少年6人と専門学校生たちは別々で心霊スポット巡りをしていて、トンネル内で何らかのトラブルがあったとみられている。6人は容疑を認め、「なれなれしく手を振られたのでなめられたかと思った」などと供述しているという。

単なる暴行事件なのか、または他の要因があるのか。。記事でははっきりと結論は出していませんでしたが、私の個人的見解としては、本人たちの問題と、霊の影響との両方があるなと思いました。

事件現場は、心霊スポットというくらいですから、きっと多くの人が何らかの霊体験をしているのでしょう。私自身は霊体質じゃないのでそういう体験はありませんが、恐らく多くの霊が居る場所なのだと思います。

とは言っても、霊は誰でも彼でも憑くわけではありません。霊の世界は心情・波長の世界です。心情・波長がぴったり合わない人には憑くことができません。

逆に言うと、心情・波長がそこにいる霊とぴったり合ってしまうと憑かれる可能性が大という事になります。

暴行事件を起こした少年たちの供述を見ると「なれなれしく手を振られたのでなめられたと思った」と言っています。つまり、こういう思想・心情の持ち主たちだったという事です。

こういう思想で生きていた人の霊がそこにいればこの少年たちとは合うわけです。そういう霊の影響を受ければ、普段は歯止めが効く人たちだったとしても事件を起こしてしまい、犯罪者になってしまうことは十分にあり得ます。

心霊スポットにはどんな霊が居るかわかりません。少なくとも救われていない霊が居ると思われます。救われた霊は地上にはいないからです。どちらかというとあまり良くない霊がいると考えた方がよいでしょう。

そういう場所で、自分が少しでも良くない波長を出せば、すぐにそういう霊が寄ってきてしまいます。

心霊スポットに行くなら、自分の心情・波長を完璧に善にしてからじゃないと危険だという事ですね。

心霊スポット巡り中に少年6人が暴れ逮捕「憑りつかれた?」「幽霊より怖い」との声

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190122-92282630-sirabee

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

ゲーム感覚

昨日、ちょっと気になって、仮想通貨について調べてみました。 『特定の国家による価値の保証のない通貨。おもにインターネット上で「お金」のようにやりとりされ、専門取引所などで円、ドル、ユーロ、人民元などの …

no image

恋愛経験が豊富だと成長する?

今日の話は賛否両論あるかもしれませんが、反対派もいる覚悟でちょっと自論を展開してみたいと思います。 最近ちょっと小耳にはさんだおばちゃんたちの話より。 なんと、話題は同性愛。。。(^^;) どうやら、 …

no image

文字で想いを伝える文化

ちょっと前に個人的趣味で、江戸時代の庶民文化についての記事や動画を見たんですね。 そこに、吉原についての話にも触れていたんです。 吉原と言えば、言わずと知れた「遊郭」です。 吉原の遊女の日常生活につい …

no image

声を出さなくて済む社会へ?!

数日前、たまたま夕方ごろ近所の八百屋さんの前を通った時、 ふと思いました。 最近の世の中は、何もしゃべらなくても過ごせるような方向にどんどん進んでいるな~と。 八百屋さんの「いらっしゃ~い!!今日は〇 …

no image

全てがあらわに

最近、つくづく思うのは、今はもう本当に全てがあらわになる時なんだな~ということです。 特に、悪の側は末期症状です。今までのマスコミのウソ報道や偏向報道がすべてバレ始めています。今までは会社や組織ぐるみ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。