私の自論

必死さ

投稿日:

福井県の男子中学生二人が、日本語の通じない外国人の迷子を、学校で習った英語を駆使して警察まで連れて行き、無事に親に引き渡すことができたそうです。

この功績に、福井県警は、2人に感謝状を贈ったそうです。

この中学生の行ないは、まずは率直に立派だったなと思いますし、私たちが大いに見習うべき点があるな、と思いました。

私たちはたくさんの御言葉を学んでいるのに、いまだに「私はまだまだ…」という思想が抜けない人がほとんど。

『実践しなさい』という言葉を何度も何度も聞いているにもかかわらず、いまだにこの言葉が出る始末。

まだまだなら、まだまだなりにできることはあると思うんです。

この中学生たちは、帰国子女でもなく、バイリンガルでもなく、学校で習った中学英語を駆使して片言英語で必死に迷子と会話をしたのだと思います。

『自分たちがこの子を何とかしてあげなきゃ』と思ったんじゃないでしょうか?

こういう精神って大切だと思うんです。

もう、「〇〇してくれない。」という不満が出ないようにしないといけないですよね?自分がやらないと!

私自身も、講師になる前は、自分が伝道した人は自分が証してましたし、一つ二つ伝えられるようになってからは、自分で伝えてみてから講師につなげたりしていました。

指導者になってから、最初の牧会地は開拓教会で、私を含めて8人しかいなかったので何もかも自分でやるしかありませんでした。

当時は教団がなかったから、資金援助も人の援助もなく、本当にその人数だけで全てを回すしかなく、牧会者の私が一人で新入生を迎えて、お茶出して、証して、御言葉伝えて、次のアポもとって、見送ってあげるなんて日常茶飯事でしたし、みんなでバイトして拠点の家賃を稼ぐ、なんてこともしていました。

でも、当時はそれが特別大変な事とも思わず、そんなもんだと思ってました。

今となっては、若い時にそうやって鍛えられたからこそ今の自分があるなと思って感謝しています。

なんでも必死にやればなんとかなるもんです!しかも、それが歴史になります!

実践信仰!!実践あるのみですね!

 

情報源 ☞ 学校で習った英語駆使、男児保護

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

ゴーン氏の件で感じたこと

年末から世間を賑わせているカルロス・ゴーン氏ですが、日本だけじゃなくて世界的に話題になってるみたいですね。今日はそれについてちょっと感じたことをお伝えしたいと思います。 とは言っても、私は日産について …

no image

脱昭和女

4/29は昭和の日ですね。でもこの日は長年天皇誕生日として過ごしてきました。 つまり、私は典型的な昭和生まれの昭和育ち。 そんな私がふと「昭和の日に昭和度チェック」というのを目にしたので、面白半分にチ …

基本+創意工夫

何事もそうですが、初めに基本を学んだらその後は創意工夫というのが必要です。 例えば、料理も最初は料理本とか既成のレシピを見ながら作りますが、慣れてくるとだんだん自分の味に合うように調味料の配合を変えた …

no image

神様川柳

久しぶりに本屋に立ち寄ったら、ふと、川柳コーナーが目に入りました。 一般の人からの公募で入選した川柳を集めて本にしたものらしく、ちょっと立ち読みしてみたら、それが思いのほかすごくおもしろかったんです! …

no image

早くも満開!

午前中に出かけた帰りに、東京の桜の名所の一つ「飛鳥山」に行ってきました! 今の家から近いのですが、去年は行きそびれたので今年はちょっとでも行ってみたいなと思って、帰り道に寄ってみました。 昼間なのにと …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。