私の自論

従姉妹たちと女子会

投稿日:

一昨日から父に会いに福島県の郡山へ行っていました。

いつも父に会いに行くときは、日帰りで、ただ父に会ってすぐ東京に戻っていたんですが、今回は、なんとなく感動があり、母方の従姉妹にも連絡を取ったら、一緒に会おうということになり、一泊してきました。

郡山に同い年の従姉妹と、3つ上の従姉妹がいるんです。

郡山に着いたら、同い年の従姉妹が駅まで車で迎えに来てくれて、一緒にお昼を食べた後、父のいる施設まで車で送ってくれました。いつもはタクシーで行くので、迎えに来てくれただけでもありがたかったです。

施設に着いてから、一緒に施設に入っても良かったのに、従姉妹が車で待ってるから会ってきてというので、ちょっと待たせて父に会ってきました。

父は、やっぱり会う度に年寄りになっていくな~と感じてしまいました。仕方ないですけどね。

その後いったんホテルまで送ってもらい、ちょっと休憩後、夜にもう一人の従姉妹も合流して3人で食事をしました。

2人の従姉妹が私が来たことをとっても喜んでくれて、久しぶりに話が弾みました!

ただ。。。従姉妹たちはとってもいい人たちなんですが、やっぱり世の中の文化で生きているから、夜食事に行くと言うと、必ずお酒のあるところを選ぶんですよね~。勿論、私は無理矢理飲まされることはないのでその辺は気を使いませんけど、なんかもったいないな~と思ってしまいました。

話題も、摂理にいたら絶対に聞かないような内容もあり、世の中の現状をリアルに感じてしまった瞬間でした。

最後はタクシーでホテルまで送ってくれて、別れ際も、「またこっちに来るときは必ず連絡してよ!」と言われ、名残惜しく別れました。

今回、本当にかなり久しぶりに従姉妹たちに会ったんですが、私が思った以上に、ものすごく歓迎してくれたのを見て、やっぱり、血縁というのも意味があるのかな~と感じましたし、身内の救いのためにももっと祈らないといけないな~と思いました。

私たちの使命は大きいですね!主を知る知識が全地に広がりますように。。。

-私の自論
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

兄弟愛は微笑ましい

今朝、礼拝に行く地下鉄の中での一コマ。 私が座席に座っていると、途中で母親2人と子供4人のグループが乗ってきて、子供4人のうち3人だけ座席に座らせていました。 もう1人の子はまだ小さくてお母さんに抱っ …

no image

建国記念の日

今日は建国記念日ですね! 毎日の生活に追われていると、(お恥ずかしながら)ただカレンダーを見て「今日は祝日だ」と思うだけで、一体何を祝う日なのか分かっていないことが多いので、今回はちょっと調べてみまし …

no image

責任の祝福

やることが多くて忙しかったり、あれこれ考えることが多くて心に余裕が無くなったりすると、全てが嫌になることってありませんか? 実は…私は時々あるんですよ。(苦笑) でも、大抵の人は『いやだ!』と思いなが …

そろそろ助走体勢に

このところのコロナ関連のデータを見る限り、だんだんとこの騒ぎが終息に向かいつつあるのを感じています。 まだ完全終息ではないけれど、少なくとも2,3か月前の先が見えない状態からは脱していますよね? なん …

願い求めたものをちゃんと受け取るには??

自分が祈っていたことや願い求めていたことを神様からちゃんと受け取るという事はとても難しいことです。 なぜなら、自分のタイミングではなく、神様が自分にふさわしい時を見て与えて下さるからです。しかも、その …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。