私の自論

当事者じゃないと分からない!

投稿日:

今日、チラッと本屋に寄った時、東京23区についての本が目に留まり、少しだけ立ち読みしました。(すみません、本の題名忘れました💦)

東京以外の人や東京の郊外の人から見れば、「23区」でひとくくりなのかもしれませんが、この本は、23区の中でもかなり格差がある、という内容でした。

私も23区内に住んでいるので、自分の住んでいる区はどんなものなのか、ちょっと興味が湧いて見てみたわけです。

そうしたら・・・その本によれば、私の住んでいる区は、様々な面において、一言で言って「イマイチ」な区に属しているようでした。ちょっと落ちぶれているような感じ。

確かに、書いている内容自体は自分が住んでいても実感する内容で、決して間違いではない、むしろその通り、と感じましたが、だからと言って私自身は今住んでいる地域がイマイチだとは感じていないんです。むしろ、気に入ってます。

それで、なんとなく違和感を感じました。

データ自体は間違ってないし、分析も間違ってないんです。でもなんか変な感じ。

多分、本から受ける感覚だけでそれぞれの区を判断すると、感覚的に誤解するんじゃないのかなと思いました。だから、当事者じゃないと本当の判断ってできないな、と改めて感じたんです。

そういうことを考えているうちに、ふと、神様や聖書に対することもそうじゃないのかな?と思いました。

日本には、聖書や宗教に関する本がたくさん出版されています。それで本を読んで宗教やキリスト教を判断する人がたくさんいます。でも、本をたくさん読むだけでは本当のことは分かりません。実際に自分がその世界に入って感じてみないと。

本ばかり読んで、神様や聖書に対して否定的な見解をもつ人が圧倒的に多いというのが日本の現実ですが、だからこそ、私たちが実際に受けている恩恵を自分の言葉でどんどん証することが大事なんじゃないのかな~と改めて思いました。

立派な言葉より、率直に心から感じていること、信じていなければ分からないことを自分の言葉で証することが大事なんじゃないのかなと。「経験者は語る」です!

本や様々な予備知識によって人々が誤解している部分は、当事者である私たちが解かないといけませんね!

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

人を褒める条例!

先日、兵庫県の多可町で「一日ひと褒め条例」という条例案が12月の定例会で可決され、来年1月1日から施行されることになったそうです! 条文には「一日に一度は人をほめる、または感謝の気持ちを伝える」ことや …

no image

介護士の責任はどこまで?

個人的に複雑な気持ちになる記事を見ました。 その記事は、老人ホームで入所者がおやつをのどに詰まらせ、一か月後に死亡したとされる事件で、施設側が有罪判決を受けた、というもの。 今、私の父もグループホーム …

no image

見るもの聞くものは選ばないと!

最近、読んでいる途中で読むのをやめた本があります。 それは、日本の表舞台に立つ人々のウソを暴くような感じの本で、最初は日本の問題を探ろうという思いで手に取ったのですが、読みながらだんだ気分が悪くなって …

no image

癒しの奇跡

昨日実際に私の身に起こった出来事です。 昨日は日曜日。教会に行く日であり、また昨日は私たちの教会では聖餐式がある特別な日でした。 なのに。。。いったい何の攻撃かわかりませんが、朝起きたら激しいめまいで …

no image

クリスマス商戦は下火に??

今日、私用があって久しぶりにちょっと大きな繁華街に行きました。 目的地はデパート内にある本屋さんだったのですが、久しぶりに来た場所だったので、目の保養にと思い、わざわざ『デパ地下』を通過しました。(笑 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。