私の自論

建国記念の日

投稿日:

今日は建国記念日ですね!

毎日の生活に追われていると、(お恥ずかしながら)ただカレンダーを見て「今日は祝日だ」と思うだけで、一体何を祝う日なのか分かっていないことが多いので、今回はちょっと調べてみました!

(以下、ウィキペデイアより)

日本では、実際の建国日が明確ではないため、建国神話日本神話)を基に、建国を祝う日として「建国記念の日」が定められた。
当時に在位中の昭和天皇は第124代天皇とされ、2月11日は、日本神話の登場人物であり、古事記日本書紀で初代天皇とされる神武天皇即位日が、日本書紀に紀元前660年1月1日 (旧暦)とあり[2]、その即位月日を明治に入り新暦に換算した日付である。
1873年明治6年)に、2月11日は、日本国の建国の日として「紀元節」と定められ祭日となり[3]翌年から適用されたが、
第二次世界大戦後の1948年昭和23年)に占領軍 (GHQ)の日本の文化や社会を徹底的に破壊して弱体化するという[要出典]意向で廃止された。
その後、復活の動きが高まり、「建国記念の日」として、1966年(昭和41年)に国民の祝日となり翌年から適用された。

核心的にいうと、初代天皇とされている神武天皇の即位日が現在の暦で2月11日に当たるということで、明治時代にその日を建国記念日に定めたのが始まりということですね。

しかし日本の敗戦後、GHQの政策で建国記念日は廃止され、1966年に復活して今に至る、ということです。

私が個人的に気になったのは、上記引用の後半に書かれている、GHQが建国記念日を廃止した理由が「日本の文化や社会を徹底的に破壊して弱体化する」というところです。

ここ数年様々な資料を目にしたのですが、アメリカは日本人が団結することを本当に恐れていたようです。

そこで天皇制も廃止しようとしましたが、その理由は戦争の責任云々よりも(これは表向きの理由)、根本的な理由は「日本人が天皇を中心に団結することを阻止したい」ということだったようです。

つまり、それだけ日本人が恐ろしかったという事の裏返しでもあります。アメリカを脅かした存在だったからです。実際、それまでにアメリカに痛手を負わせたのは日本だけだったようです。だから二度と浮上しないようにしようとしたわけです。

しかし、諸事情により、天皇制は存続することになりました。

その代わり、戦後は徹底的に日本人が団結しないような工作が施されました。

天皇を尊敬しないようにする思想を蔓延させただけではなく、宗教に関しても「危ない」「おかしい」と思わせるような工作が施されたのです。宗教は人間を団結させる力があると見たからです。実際、オウム真理教などの危ないものがありましたが、あれは北朝鮮の工作機関だったことが分かっています。

本来、『宗教』というものはどんなものであれ、単純化して一言でいうと『良い行いをして天国に行きましょう』とか『日々感謝しましょう』というようなものだと思うんです。

そして、大抵の宗教はそういうものですが、ごく一部におかしなものが存在し(存在させ)、それを大々的に宣伝することで『群集心理は恐ろしい』という考えを植え付けていたと思われます。

そして今や個人主義全盛期と言っても過言ではありません。個人主義が絶対にいけないとか、団結さえしていれば個人はどうでも良いとは思いません。

しかし、はっきりと「日本の文化や社会を徹底的に破壊して弱体化する」という理由で意図的に一度建国記念日が奪われた事実があるということは、日本人として覚えておかなければいけないのではないかと思いました。

私たち日本人が今平穏に暮らせるのは日本国という国があるからこそです。

旧約聖書には、国を失ったイスラエルの悲劇が書かれています(バビロン捕囚)。しかも、それ以来1000年以上イスラエルという国は失われたままだったのです。

私自身、今回調べてみて一度建国記念日が廃止されていたこととその理由を知ったのですが、自分の民族があり、自分の民族のための国家が存在することがどれほど感謝すべきことなのか考えさせられました。

建国記念の日の今日、みんなで民族のために祈る日にしたいですね。

(参考☞https://youtu.be/2sk23jbfM9U )

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

技術が悪いのではない!

面白い記事を発見! アメリカ・フロリダ州の駐車場で、父親が誤って車内に鍵を置いたままドアを閉めてしまい、1歳の女の子が閉じ込められてしまったそうです。 その時、たまたま近くにいた社会奉仕中の受刑者たち …

no image

悪評は目立つ

またまた新元号について。 アンケートによると新元号『令和』を良いと思うという人が6割を超えているのに、コメントではなぜか否定的な意見が目立つ、という記事を目にしました。 また、違う記事では、国民が喜ん …

個性と短所

人には誰でも長所と短所がありますけれど、大抵の長所と短所って表裏一体だと思うんですね。 大体、自分の短所って長所の裏返しだったりする事が多いのではないかと思うのです。 例えば「気が短い」という短所があ …

no image

読書の時間

最近、画面の見過ぎか、あまり目の調子が良くないな~と思い、少しだけ、画面を見ることを避ける生活をしているところです。 気付いたら、スマホとタブレットを持ち歩くのが習慣になっていましたし、使命だからとい …

no image

自然治癒力

実は、一昨日、自転車に乗っていて、私のちょっとしたミスで左手の指をケガしてしまったんです。とはいっても、大したケガではなく、ただの擦り傷なんですが、ちょっと表面がめくれた感じでしばらく血が止まりません …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。