私の自論

幸福感

投稿日:

皆さんは幸福感の研究ってご存知ですか?私は最近知ったんですが。。そんな研究があるのかと、ちょっと衝撃受けました。

今は幸福感も研究対象なんですね。(^^;

つまり、幸福だと感じない人が増えてるからこそ、どうしたら幸福になれるのか、という研究が始まるわけですよね。

研究者曰く、幸福感を感じるという人たちの共通点は「利他的」であることなのだそうです。

「利他的」の対象となる言葉は「利己的」です。利己的とは自分の利益だけを追求する姿勢ですよね。ということは、利他的というのは、自分以外の他の存在の利益を追求する、ということになると思います。

一応辞書で調べてみたら、「利他的行動」という言葉で出ていて、「みずからの利益を犠牲にして他の個体を助ける行動。」ということでした。

簡単に言うと、幸福感を感じている人たちは「〇〇のために生きる」という生き方だということですね。

利他的に生きる人は、自分の行動によって、喜んでもらえた、役に立った、助けになった、など、自分に返って来るものがあるからこそ幸福感を感じるのだと思います。

利己的は自分で終わってますから、いずれ虚しくなりますね。

ということはつまり、個人主義、個人の権利などの近代思想自体が幸福感とは相反するように思います。

一見良いように見えるのですが、結果を見てみると、個人主義や権利の追及に陥った現代人が幸福感の研究をし始めているのですから、やはり、個人主義は根本的には人を幸福にはしてくれなかった、と言えるのではないかと思います。

本来、神様は人間を、「神様を愛し、隣人を愛し、助け合って生きる」ように創造されたわけです。

言い換えれば、神様と隣人を愛し、互いに愛し合って、助け合って生きると幸福に感じるようにできている、ということですよね。

結局、人間は神様の思想から離れれば、だんだん違和感を感じ始め、不安を感じ始めるものなんだと思います。

個人主義や権利の追及は、先進国の進んだ思想ということになっていると思いますが、最近私は、これらの思想は、サタンが入れた思想ではないかと疑っています。

とにかく、神様が創造してくださったとおりに生きるのが一番だ、と結論付けるしかありませんね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

時代にふさわしく!

ここ数日、日本では体操のパワハラ問題が話題を呼んでいますね。 日大アメフト・レスリング・ボクシング・体操・・・もうここまでくると次は何かな?と疑いたくなる状況です。 今年は日本のパワハラが暴かれる年の …

説得の有効性

今回の記事は完全に私の経験から来る自論になります。 表題の通り「説得」ということについての私の考えをお伝えしたいと思います。 伝道するとき、こちらに対して懐疑的な人や全く興味なさそうな人に対して「証し …

no image

恐怖体験⁈

外出先の駅のトイレでの出来事。 トイレに並んでいると、並んでいた人の1人が、ある一つのトイレを見て急に血相を変えて駅員さんを呼びに行きました。 彼女曰く、自分が朝早くにもこのトイレに来たが、その時から …

no image

発信の力

竹田恒泰さんをご存知ですか? 彼は、明治天皇の末裔とされる方で、TV出演などもされ、現在も各方面で様々な活動をされている方です。 当然のことながら天皇家のことや皇族関係の事に詳しく、それに関するコメン …

no image

トンボの万物啓示

もうそろそろ8月が終わろうとしているというのに、まだまだ真夏の暑さが続いていますね。 今日もホントに暑かったですが、外を歩いていたらなんと道端にトンボがいたんです!地面に止まって動かない状態でしたけど …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。