女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

年齢にふさわしい肩書き

投稿日:

今日は、本当に私の独り言として受け取ってもらえればと思います。(^^;

最近、元アイドルグループ『〇〇』の誰々が飲酒して女子高生にどうのこうのっていうニュースありましたよね。

このニュースの核心じゃないのですが、個人的に違和感を感じたことがあります。正直どうでも良いことではあるんですけど。(^^;

この事件の後、このアイドルグループの残りのメンバー4人が記者会見しましたよね。私は芸能界は全然わからないのでそのグループそのものがよくわかってなくて、後から記者会見の映像を見たとき、改めてこのグループのメンバーというのを認識したんです。

それでちょっとびっくり。何にびっくりしたかというと、メンバーはみんな40代のおじさんじゃないですか?なのに「アイドルグループ」??

勿論、芸能人と一般人とは違うのでしょうけれど、いい年して「アイドルグループ」なんて名乗っているから思考がおかしくなるんじゃないのかな?と思ってしまいました。

「元」という言葉はついていましたけど、そのグループのまま活動していたのなら、「中年グループ〇〇」などと改名していない以上、アイドルグループですよね。

ただの肩書とはいえ、やっぱりその名前が自分について回ってるわけじゃないですか。名前だけじゃなくて、その名前のイメージも一緒について回りますよね。

日本の芸能界で使っている「アイドル」という言葉は、私の中では若くて華々しいイメージ。少なくとも中年のおじさんやおばさんじゃないと思うんです。

だけど、彼らにはアイドルという肩書がついてるから自分の意識はそのイメージの枠の中にずっといたのかな?と思いました。

何も知らない私が彼らを見た時は明らかにおじさん達だったんですが。。。一般の認識ならすでに女子高生なんて相手にしないだろうし、逆に相手にもされないことくらいわかってますよね。おじさんなんだから。

やっぱり、年齢、または時に応じてふさわしい肩書き・ポジションで生きていくのが正常だな、と思いました。

よく、自分のポジションが変わることを極度に恐れたり悲観したりする人がいますが、変わる理由がどうであれ、もしかしたら、神様が自分の位置を今の自分にふさわしい所へ移してくださろうとしているのかもしれない、という事も考えてみる必要があると思います。

私自身も、20年前と今では肩書・立ち位置が全然違います。だから良いです。今も20年前と同じじゃ正直つまらないし、ふさわしくないと思います。

人間の肩書や立ち位置なんて永遠ではありません。むしろ、いろいろと変わってあれこれ経験しながら様々な事を悟り、身につけ、キリストの姿に少しずつ近づいていくのだと思います。

年齢に応じて、また、時に応じて肩書やポジションが変わることは、神様の深い愛と知恵だと言えますね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

外のものはどうでも良い?

ふらっと立ち寄ったコンビニで、ちょっと残念なものを見ました。 それは、コンビニのイートインに設置してあるゴミ箱。そこには張り紙がしてあり、ゴミを入れるための口はガムテープでふさがれてました。 張り紙は …

no image

清々しい愛

善意に対して感謝し、お礼を言うというのは人間としての基本です。 ただ、善意をした側が堂々とお礼を要求すると、ちょっとがっかりしてしまいますよね。この人は最初からお礼を言われ尊敬されることが目的であって …

いろいろな信仰の武器

昨日に引き続き「霊的なお祈り会」のお話をしようとおもいます。 霊的なお祈り会では「信仰の武器」を見ることが何回かありました。 私が初めて体験した時は、宣教師が霊の使命者に、その場にいる人たち全体を見な …

no image

ひな祭りの由来

今日3月3日はひな祭りの日です。女の子のための伝統行事ですね!! このひな祭りについて調べてみたら、面白いことが分かりました! ひな祭りは以下の二つの事が合わさって始まったようです。 一つは中国から伝 …

no image

自分の中のしるし

それぞれの個性や性格、使命によるのかもしれませんが、私の場合、みことばはただ聞くだけよりも、伝えた時に、より自分の霊魂に深く入るような気がします。 私のように信仰歴が長くなると、自分の中に良いことがた …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。