私の自論

年齢にふさわしい肩書き

投稿日:

今日は、本当に私の独り言として受け取ってもらえればと思います。(^^;

最近、元アイドルグループ『〇〇』の誰々が飲酒して女子高生にどうのこうのっていうニュースありましたよね。

このニュースの核心じゃないのですが、個人的に違和感を感じたことがあります。正直どうでも良いことではあるんですけど。(^^;

この事件の後、このアイドルグループの残りのメンバー4人が記者会見しましたよね。私は芸能界は全然わからないのでそのグループそのものがよくわかってなくて、後から記者会見の映像を見たとき、改めてこのグループのメンバーというのを認識したんです。

それでちょっとびっくり。何にびっくりしたかというと、メンバーはみんな40代のおじさんじゃないですか?なのに「アイドルグループ」??

勿論、芸能人と一般人とは違うのでしょうけれど、いい年して「アイドルグループ」なんて名乗っているから思考がおかしくなるんじゃないのかな?と思ってしまいました。

「元」という言葉はついていましたけど、そのグループのまま活動していたのなら、「中年グループ〇〇」などと改名していない以上、アイドルグループですよね。

ただの肩書とはいえ、やっぱりその名前が自分について回ってるわけじゃないですか。名前だけじゃなくて、その名前のイメージも一緒について回りますよね。

日本の芸能界で使っている「アイドル」という言葉は、私の中では若くて華々しいイメージ。少なくとも中年のおじさんやおばさんじゃないと思うんです。

だけど、彼らにはアイドルという肩書がついてるから自分の意識はそのイメージの枠の中にずっといたのかな?と思いました。

何も知らない私が彼らを見た時は明らかにおじさん達だったんですが。。。一般の認識ならすでに女子高生なんて相手にしないだろうし、逆に相手にもされないことくらいわかってますよね。おじさんなんだから。

やっぱり、年齢、または時に応じてふさわしい肩書き・ポジションで生きていくのが正常だな、と思いました。

よく、自分のポジションが変わることを極度に恐れたり悲観したりする人がいますが、変わる理由がどうであれ、もしかしたら、神様が自分の位置を今の自分にふさわしい所へ移してくださろうとしているのかもしれない、という事も考えてみる必要があると思います。

私自身も、20年前と今では肩書・立ち位置が全然違います。だから良いです。今も20年前と同じじゃ正直つまらないし、ふさわしくないと思います。

人間の肩書や立ち位置なんて永遠ではありません。むしろ、いろいろと変わってあれこれ経験しながら様々な事を悟り、身につけ、キリストの姿に少しずつ近づいていくのだと思います。

年齢に応じて、また、時に応じて肩書やポジションが変わることは、神様の深い愛と知恵だと言えますね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

証は難しくない!

証について、どう言えばいいのか悩んでいる人も多いと思います。 どうすれば主がスッキリするような証ができるのかな?と。 しかも証って、固定した言い方のマニュアルがあって、それさえ言えばいいというわけでは …

no image

自分の都合だけで恩恵は受けられない

前回のユリの話題の続編です。 その後ユリがどうなったかというと。。。実はそんなに変化していないんです。 先週は毎日ユリの姿形が違っているほど勢いよくつぼみから開花に向かっていたのですが、ここにきて急に …

「伝道の才能」はある?

ちょっと問題発言になるかもですが。。。 表題の通り、伝道に才能は必要かどうかについて今の私の考えをお伝えしようと思います。 ただし、ここでいう伝道は、伝統的な方法の伝道。声をかけて連れてくる直接的な伝 …

no image

功績者には敬意を!

ここ数日、日本は浅田真央さん引退の話題でもちきりですね! ちょうど私たちも世代交代が話題となっていましたので、このタイミングでの引退発表は私たちにとっては神様のしるしだな、と思いました。 ところで、こ …

功績者とは?

毎年この時期になると、主日の説教で罪の話や功績の話、裁きの話などが出てきます。 でも大抵、あなたに罪がある!という話よりは、神様を信じ、愛していることが功績だ、というような話なんですよね。 昨日もそん …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。