私の自論

国民性の回復!

投稿日:

最近、幕末から明治維新当時の日本についての記事をいくつか読む機会がありました。

実は、江戸時代の日本は、世界最高の教育水準だったようで、識字率はダントツ世界トップ。どんな身分の人も読み書きができることに外国人たちが驚嘆していたそうです。

当時先進国と言われたイギリスでも識字率は20%程度、フランスに至っては10%程度。しかし、日本はなんと70%を誇り、武士階級はほぼ100%。

どんな田舎にも本屋さんがあり、みんな本を読むのが好きで、知識も豊富だったそう。

ちょっと面白いのは、江戸に限っては、寺子屋で学ぶ子達の男女比は半々くらいで、女子の方が熱心で成績が良かったとか。(笑)

これも外国ではありえない事だったらしいです。

また、ペリーの日本見聞録によると、日本人の好奇心と探求心は尋常じゃなかったそうです。

何か、欧米のものを見せるとあっという間に人だかりができ、ただ見物するだけではあきたらず、微に入り細にわたり観察し、中には寸法を測ったりする人までいて、その後マネして自分たちで作ってみたりなど、他の国では全く見られない特殊な反応だったそうです。

また、アメリカについて知りたいからアメリカまで連れて行ってくれと言う若者もいたそうです。

それに加え、武士の時代だったからかもしれませんが、国民はみんな日ごろから鍛えていて強く、軍事力も強いので軍事的に弾圧は不可能、ということだったようです。

なんだか、読んでいるだけで、ワクワクしますね。

現代の日本は、若者の無関心とか、無気力とか言われて久しいですが、本来、日本人って実に積極的でアクティブな人たちだったんだな~と思いました。

神様が本当は日本人をこのように育ててくださったんですよね。

だからこういう国民性も回復しないといけないんじゃないのかな?と思いました。

勿論、何もかも当時の方が良かったとは思いませんが、今こそ委縮している場合じゃないじゃないですか?!

小さなことでクヨクヨしたり、あれこれ細かいことに引っかかって躊躇するあまり大きなことができなかったり・・・という小心者の日本人像は、明らかに後からサタンが入れた性質のように思えてなりません。

早く自分の中のサタン的なもの、古いものを葬って、歴史のために邁進する日本になりたいですね!!

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

自分を満たそう!

平和を考えるとき、よく「世のため人のため」という事を考えると思います。 恐らく、自分以外の周囲に対してどうすべきかを考えると思うんですよね。 単純なことで言えば、人に良くしようとか、寛容にふるまおうと …

ゴーン氏の件で感じたこと

年末から世間を賑わせているカルロス・ゴーン氏ですが、日本だけじゃなくて世界的に話題になってるみたいですね。今日はそれについてちょっと感じたことをお伝えしたいと思います。 とは言っても、私は日産について …

no image

私がそこにいる理由

いろんな組織や団体について、ああだこうだと意見を言ったり評価したり人がいる。 あそこはこうだよね、そこはこうだよね、など。 意見を言うこと自体は自由だし、罪でもない。 でも、私の人生とは関係ない。 私 …

no image

見るもの聞くものは選ばないと!

最近、読んでいる途中で読むのをやめた本があります。 それは、日本の表舞台に立つ人々のウソを暴くような感じの本で、最初は日本の問題を探ろうという思いで手に取ったのですが、読みながらだんだ気分が悪くなって …

no image

早くも満開!

午前中に出かけた帰りに、東京の桜の名所の一つ「飛鳥山」に行ってきました! 今の家から近いのですが、去年は行きそびれたので今年はちょっとでも行ってみたいなと思って、帰り道に寄ってみました。 昼間なのにと …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。