私の自論

喜怒哀楽はどこから?

投稿日:

今日、ふと考えたんです。

人って嬉しいときは喜び、悲しいときは泣き、楽しいときは笑い・・・こういうことって誰かに教わらなくてもいつの間にか誰でもしていますよね?

赤ちゃんがニコニコ笑うとこちらも自然と笑顔になりますが、それって、親が一生懸命笑うように教育したわけじゃないですよね?最初から赤ちゃんは表情豊かで喜怒哀楽がはっきりとあります。

なぜだろう?と考えてみたんですが、これはきっと、人は姿かたちや体質、性格などいろいろと親から遺伝し、譲り受けるように、人間は誰でも神様からの遺伝子を受け継いでいるからじゃないかな~と。

つまり、神様が感情も表情が豊かな方だということ。

だから、人が神様から離れれば離れるほど無感情になり、無表情になってしまうのではないかと思うんです。

もし、自分に感情がなくなっていると感じたり、最近喜びが少ないと感じたら、そういう時こそ神様に近づいてみたらどうでしょう?!

きっと、神様の影響を受けて、感情も表情も豊かになり、喜びも多くなるんじゃないかな?

そんな考えがふと思い浮かびました。

-私の自論
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

見る法則⁈

大人が努力する姿を見た赤ちゃんは、我慢強く物事に取り組むようになる、という研究結果があるそうです。 実験の対象は生後13~18か月の赤ちゃんだったそうです。ということは1歳児ですよね? そんな小さい時 …

no image

美徳もほどほどに

今日本では、サービス残業による過労死問題、ブラック企業の闇など、働くことに関する様々な問題が山積しています。 神様が下さった寿命を全うできず、労働し過ぎて死ぬ、なんて本当に残念ですよね。 私も含め、一 …

何事にも機会をつかんで即実行!

「機会をつかむ!」「時を逃さない!」などの言葉を聞くと、自分が幸運をつかむことや新しい世界に入っていくことなどを考えると思います。実際、そういう場合が多いです。 ただ、そうじゃないことに関しても時を逃 …

no image

愛の法

ある一つのことに向かってみんなで頑張る!って、実はとても楽しいです。 最近は個人主義だからそういうのが懐かしいです。 勿論、昔が良かった、というわけじゃないんですが、特に前半期、ドタバタ劇のようではあ …

no image

不思議な感動

実は…コンサートが終わってから頭の中で鳴っている曲がありました。 でも、その曲は確かに以前自分が弾いたことがある曲なのにすぐには思い出せず、何の曲だったっけ?と思いながら楽譜を引っ張り出して探していま …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。