私の自論

喜怒哀楽はどこから?

投稿日:

今日、ふと考えたんです。

人って嬉しいときは喜び、悲しいときは泣き、楽しいときは笑い・・・こういうことって誰かに教わらなくてもいつの間にか誰でもしていますよね?

赤ちゃんがニコニコ笑うとこちらも自然と笑顔になりますが、それって、親が一生懸命笑うように教育したわけじゃないですよね?最初から赤ちゃんは表情豊かで喜怒哀楽がはっきりとあります。

なぜだろう?と考えてみたんですが、これはきっと、人は姿かたちや体質、性格などいろいろと親から遺伝し、譲り受けるように、人間は誰でも神様からの遺伝子を受け継いでいるからじゃないかな~と。

つまり、神様が感情も表情が豊かな方だということ。

だから、人が神様から離れれば離れるほど無感情になり、無表情になってしまうのではないかと思うんです。

もし、自分に感情がなくなっていると感じたり、最近喜びが少ないと感じたら、そういう時こそ神様に近づいてみたらどうでしょう?!

きっと、神様の影響を受けて、感情も表情も豊かになり、喜びも多くなるんじゃないかな?

そんな考えがふと思い浮かびました。

-私の自論
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

出来ない人にありがちな特徴

今日は久しぶりに本音トークをしたいと思います。(笑) 今からの話はあくまでも私の経験上の話、私が思う話になります。 教会では伝道実績者とか管理功績者など、各方面でよく頑張って結果を残した人がいると思う …

no image

私がそこにいる理由

いろんな組織や団体について、ああだこうだと意見を言ったり評価したり人がいる。 あそこはこうだよね、そこはこうだよね、など。 意見を言うこと自体は自由だし、罪でもない。 でも、私の人生とは関係ない。 私 …

「こだわり」と変化

最近考えたこと。 「こだわり」って若い時はカッコいいと思うけれど、ある程度年齢を重ねてからもずっとあることにこだわり続けていると、逆に愚かな感じになっちゃうな~という事。 下手すると、ただの頑固者にな …

no image

清々しい愛

善意に対して感謝し、お礼を言うというのは人間としての基本です。 ただ、善意をした側が堂々とお礼を要求すると、ちょっとがっかりしてしまいますよね。この人は最初からお礼を言われ尊敬されることが目的であって …

no image

自己満足の愛

最近、ある高校生が、親につけられたキラキラネームを改名したことを公表し、話題になっていますね。 そのキラキラネームは「王子様」。 この名前は母親がつけたそうで「唯一無二の存在、私の王子様」という意味が …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。