私の自論

喜びを与えたいという心

投稿日:

今朝、たまたまある動画を見たんです。それはある人気化粧品会社の女社長が出てきて自社の新商品を宣伝しているものでした。

初めは、この商品はこんな成分も入れてるしこんな風にしているし・・・など、とにかく凄い!ということを声を大にして宣伝し、続けて今まで届いたお客様からの喜びのお手紙を自ら読み上げていて、ある意味、この自画自賛っぷりは凄いな、と思うほどでした。

しかし、もうちょっと聞いていると、その女社長が興奮しながら、「今回の商品も絶対にお客様に喜んでいただけると思う!今まで支えてくださった皆さんに喜んでいただきたくて、恩返しのつもりでこの商品を作ったんです!」と言っていたんです。

それを聞いて、ちょっと心がジ~ンときました。

「みなさんに喜んでもらいたい!」という熱意が画面からも伝わってきたんです。

と同時に、だから人気があるんだな、と思いました。言い換えると、こういう人を神様は祝福なさるんだな、と思ったんです。

もし、動機が「お金持ちになりたいから」とか、「名声を馳せたいから」など私利私欲のためだったらこうはならなかったでしょう。

キリストは誰よりも私達に喜びを与えようとしてくださる方です。そういう心を持つ事も、キリストに似ていく事ですね。この女社長がクリスチャンかどうかは知りませんが、違ったとしてもキリストの心を一部持っていたと言う事かなと思ったんです。

先生も、いつも私達を様々な方法で喜ばせ、楽しませてくださいました。自分が大変かどうかは問題ではなく、常にそうしてくださったんです。

私もそういう存在でありたいなと思いましたし、そうなれるように努力しよう!と思いを新たにした次第です。

 

 

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

入れ墨と癌

またしても入れ墨の話題です。 私が特別に入れ墨に関心があるわけではないのですが、気になる記事を目にしたので。 今回は、感情論ではなく、現実問題をご紹介したいと思います。 まず、記事を読んで私が一番気に …

no image

兄弟愛は微笑ましい

今朝、礼拝に行く地下鉄の中での一コマ。 私が座席に座っていると、途中で母親2人と子供4人のグループが乗ってきて、子供4人のうち3人だけ座席に座らせていました。 もう1人の子はまだ小さくてお母さんに抱っ …

御心の時

今週、先生が、癒しのお祈りは本人の信仰の他、「時」が大事だとおっしゃってました。 何事にも時がありますからね。。でもこれが本当に難しいと思います。 なぜ難しいかというと、癒しに限らずお祈りを受けようと …

神様の御心

自分に対する神様の御心って?? それは誰も分からないです。 なぜかというと、「神様、これは御心ですか?」と聞いても言葉では返事が返って来ないから。 だからと言って人に聞いても分かりません。 その人は神 …

no image

師走

今日から12月ですね!本当に今年最後の月に突入してしまいました! ところで、12月は「師走」と言いますけど、ちょっと語源を調べてみました。 以下、語源由来辞典より 師走は当て字で、語源は以下の通り諸説 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。