女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

喜びを与えたいという心

投稿日:

今朝、たまたまある動画を見たんです。それはある人気化粧品会社の女社長が出てきて自社の新商品を宣伝しているものでした。

初めは、この商品はこんな成分も入れてるしこんな風にしているし・・・など、とにかく凄い!ということを声を大にして宣伝し、続けて今まで届いたお客様からの喜びのお手紙を自ら読み上げていて、ある意味、この自画自賛っぷりは凄いな、と思うほどでした。

しかし、もうちょっと聞いていると、その女社長が興奮しながら、「今回の商品も絶対にお客様に喜んでいただけると思う!今まで支えてくださった皆さんに喜んでいただきたくて、恩返しのつもりでこの商品を作ったんです!」と言っていたんです。

それを聞いて、ちょっと心がジ~ンときました。

「みなさんに喜んでもらいたい!」という熱意が画面からも伝わってきたんです。

と同時に、だから人気があるんだな、と思いました。言い換えると、こういう人を神様は祝福なさるんだな、と思ったんです。

もし、動機が「お金持ちになりたいから」とか、「名声を馳せたいから」など私利私欲のためだったらこうはならなかったでしょう。

キリストは誰よりも私達に喜びを与えようとしてくださる方です。そういう心を持つ事も、キリストに似ていく事ですね。この女社長がクリスチャンかどうかは知りませんが、違ったとしてもキリストの心を一部持っていたと言う事かなと思ったんです。

先生も、いつも私達を様々な方法で喜ばせ、楽しませてくださいました。自分が大変かどうかは問題ではなく、常にそうしてくださったんです。

私もそういう存在でありたいなと思いましたし、そうなれるように努力しよう!と思いを新たにした次第です。

 

 

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

文字で想いを伝える文化

ちょっと前に個人的趣味で、江戸時代の庶民文化についての記事や動画を見たんですね。 そこに、吉原についての話にも触れていたんです。 吉原と言えば、言わずと知れた「遊郭」です。 吉原の遊女の日常生活につい …

「信仰」という土台

今の時代は「行い」が強調されますよね。行いの時代ですから当然です。 だから新入生のうちから行い、行い、と行いを叩き込まれるわけです。 でもここで注意すべきことがあります。基本的には、この行いは「信仰」 …

no image

サンタクロースの存在って?

今日は12月26日。クリスマスも終わり、街の雰囲気は一気に年末年始へ向かっていますね。 ところで、今日整体に行ったとき待合室で何気なく読んだ雑誌の投稿欄に、子供にいつ頃サンタがいないことを教えたか?と …

no image

衣替えの悟り

今日は寒かったですね。寒がりの私には、いよいよ苦手な季節が到来したな、という思いが頭をよぎりました。 実はちょうどここ一週間くらいで完全に衣替えをしたんです。長袖を出しておいてよかったなと思いました。 …

no image

思ったより早かった

皆さんニュースでご存知の通り、今日、オウム真理教の全ての死刑囚の死刑が執行されました。 今月すでに7人の死刑が執行され、残り6人も今年中じゃないか?なんていわれてましたけど、なんと今年中どころか今月中 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。