私の自論

命のための連携

投稿日:

今回はアメリカでの話。

4/24午前1時ごろ、高速道路にかかる陸橋から飛び降り自殺を図ろうとしている男性がいるとの通報が警察に入り、警察はその高速道路を封鎖。その後、万が一男性が飛び降りた場合の落下距離を短くするため、陸橋の下にセミトレーラー・トラックを配備したそうです。

橋の下には13台のトラックが並び、その間警察が説得。男性は自殺を思いとどまった、ということです。(ハレルヤ~!)

1人の命を救うために、警察主導で高速道路を封鎖し、トラックが駆けつけるという連携プレーをしたわけですね。

正直、こう言うところはアメリカは凄いなと思います!命を救ってカッコいいですよね。

しかし一方で、これが日本だったらどうだったんだろう??と思いました。

高速道路を封鎖すること一つをとっても、いろんな手続きとか、どこから許可を得ないといけないとか、あれこれ面倒なことがあって素早くできるのかな?と。

また、そんな夜中に急に召集掛けられてトラックが13台も集まるのかな?と。

日本人は個人的には親切な人が多いんですが、不測の事態になると機転が利かなくて対応が遅くなることはしばしば。

決まったことは安心してできるけど、とっさの時、「許可なくやってもいいのかな?」「私がやってしまっていいのかな?」等々、自分が合ってるか間違ってるかばかりを考えてしまい、迷ってしまいがちです。

そして結局「私じゃない」と思ってしまうんですね。

でも、何を差し置いても命が最優先!後で自分が叱られたとしても命が救われたらいいじゃないですか?

神様もそういう生き方を望んでおられると思います。

自分が怒られること、叱られること、失敗することは、命を失う事に比べたら大したことありません。

私がやらねば誰がやる!という精神で、命のために積極的に生きていきたいですね。

情報源☞飛び降りようとした男性を救うため、橋の下にトラック13台が並ぶ

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

御心の時

今週、先生が、癒しのお祈りは本人の信仰の他、「時」が大事だとおっしゃってました。 何事にも時がありますからね。。でもこれが本当に難しいと思います。 なぜ難しいかというと、癒しに限らずお祈りを受けようと …

no image

自慰行為で死ぬ??

ちょっと書くのをためらいましたが、思い切って書くことにします。 私たちの教団は、男女交際のみならず「自慰行為」に関しても他より厳しい対応をしているのは周知のとおりです。 その対応は厳しすぎるのでは?と …

no image

セカンドオピニオン

実は、今週の火曜日あたりから喉の調子がおかしくなり、少しだるさもあったので水曜日はほぼ一日中家で休んでいたのですが、とうとう昨日の朝、強烈に喉が痛くなってしまったので、病院に行きました。つばを飲み込む …

no image

今週の挑戦!

もう金曜日の夜です。一週間があっという間ですね。 今週は、私の中では新しいことを二つ始めました。どちらも自分の使命に関することです。 自分の使命に関しては日々主に願い求めていて(皆さんそうだと思います …

no image

みことばと科学

今までも、何度かアルコールの害についての記事をこのブログに載せてきましたが、またしてもアルコールの害についての最新記事がありました! 今回は、アルコールと癌の関係が明らかになった、と言うものです。 ア …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。