私の自論

命のための連携

投稿日:

今回はアメリカでの話。

4/24午前1時ごろ、高速道路にかかる陸橋から飛び降り自殺を図ろうとしている男性がいるとの通報が警察に入り、警察はその高速道路を封鎖。その後、万が一男性が飛び降りた場合の落下距離を短くするため、陸橋の下にセミトレーラー・トラックを配備したそうです。

橋の下には13台のトラックが並び、その間警察が説得。男性は自殺を思いとどまった、ということです。(ハレルヤ~!)

1人の命を救うために、警察主導で高速道路を封鎖し、トラックが駆けつけるという連携プレーをしたわけですね。

正直、こう言うところはアメリカは凄いなと思います!命を救ってカッコいいですよね。

しかし一方で、これが日本だったらどうだったんだろう??と思いました。

高速道路を封鎖すること一つをとっても、いろんな手続きとか、どこから許可を得ないといけないとか、あれこれ面倒なことがあって素早くできるのかな?と。

また、そんな夜中に急に召集掛けられてトラックが13台も集まるのかな?と。

日本人は個人的には親切な人が多いんですが、不測の事態になると機転が利かなくて対応が遅くなることはしばしば。

決まったことは安心してできるけど、とっさの時、「許可なくやってもいいのかな?」「私がやってしまっていいのかな?」等々、自分が合ってるか間違ってるかばかりを考えてしまい、迷ってしまいがちです。

そして結局「私じゃない」と思ってしまうんですね。

でも、何を差し置いても命が最優先!後で自分が叱られたとしても命が救われたらいいじゃないですか?

神様もそういう生き方を望んでおられると思います。

自分が怒られること、叱られること、失敗することは、命を失う事に比べたら大したことありません。

私がやらねば誰がやる!という精神で、命のために積極的に生きていきたいですね。

情報源☞飛び降りようとした男性を救うため、橋の下にトラック13台が並ぶ

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

全ての分野を奪い返そう!

昨日予告した通り、このところ切実に感じたことをお伝えしますね。 それは、一言で言うと『全ての分野を奪い返さなければいけない!』ということ。 今の状態は世の中のほとんどの分野がサタンに握られてしまってい …

no image

生きるための知識

警視庁の災害対策課のTwitter公式アカウントで「道具を使わない缶詰の開け方」を紹介しているそうです。 それによると、缶詰の底をコンクリートやアスファルトに円を描くようにこすりつけるとフチの接合部分 …

no image

人が心を開く時

オウム真理教の林郁夫受刑者を存知ですか? 本職は医者。地下鉄サリン事件の実行犯の一人であり、サリン事件の実行犯で唯一死刑ではなく、無期懲役の判決が出た人です。 彼は最初サリン事件の重要人物とはみなされ …

no image

知ってびっくり!

無知って恐ろしいな、と改めて実感する出来事がありました。 今日、日帰りで福島県にいる父に会いに行ったのですが、その際、行きは高速バスを使いました。 高速バスで私の隣の席に座った方が少し年配の女性だった …

自分を見たら大胆になれないと思う

私は今まで「大胆ですね」と言われたことが度々ありました。 そう言われた時は大抵、私の頭の中は「何が??」という状態になります。 それで実際に「私の何が大胆なの?」と聞いた時もあります。 そうすると、相 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。