女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

命に対する主の執念

投稿日:

以前私が伝道したけど今では失われた羊となってしまってる子から、私ではなく、当時一緒に迎えに入ってくれていた壮年部の方に連絡があったそうで、今日会ってもらいました。

突然向こうからアクションがあったそうで、ちょっとびっくりしましたが、なんとなく大したことはないんじゃないかな?という気はしていて、実際会ってもらった結果、思った通りでした(^^;

ただ会いたかったようです。

最近、ヨーロッパに行って教会に行く機会があったらしく、多分そこで霊的な波長を受けて、御言葉を聞いていた時のことを思い出して連絡したくなったのではないか、と推測されます。元々霊的で波長を受けやすかったので。

とりあえず、私達のことは悪く思ってはいないどころか、教会に来れなくなって申し訳ないと思ってるらしく、御言葉を聞きたい心はあるようです。

ただ、切るべきものがあるんですよね~。それがまだ、、、という感じ。

でも、一時期は私に対しても態度悪かったし、私は神様じゃないので、「もう、こんな人知らない!」と思ってたんですが、先生の条件が大きかったようです。また、神様が諦めていなかったようです。細々とでも、主が彼の心をつかんでくださっていたのだなと感じました。

すぐに礼拝に来る、という状態ではないものの、一時期よりは教会に未練があることが分かり、伝道者の私がもっと祈ってあげないといけないな、と思いました。

とりあえず、私以外に彼の窓口となる人がいて良かったです。

今日は、なんだか、命に対する主の執念を感じました。主と同じ思いをもって走っていかなければと心を新たにした次第です。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

牧会で変わった認識について

今回は、ちょっと趣向を変えて、私が牧会生活で完全に変わった認識について書いてみようと思います。 以前の私は、「男尊女卑」断固反対!という思想の持ち主でした。今も男尊女卑は嫌なんですけど、でも、根本的に …

no image

美徳もほどほどに

今日本では、サービス残業による過労死問題、ブラック企業の闇など、働くことに関する様々な問題が山積しています。 神様が下さった寿命を全うできず、労働し過ぎて死ぬ、なんて本当に残念ですよね。 私も含め、一 …

no image

神様の時間調整

昨日、霊的な事と肉的な事の両方にあれこれやることが複数あり、しかも時間帯が重なるものもあったため、前日の時点では、どれか削るしかないな、という考えでした。 しかし、当日になってから、そのうちの一つ(霊 …

no image

神様の作品

お久しぶりです。昨日の夜、無事に帰国しました!! 今回は初めて済州島に行ってきました。 済州島は自然が本当に豊かで、韓国本土とは雰囲気もかなり違っていて、別の国みたいでした。 全体的に高い建物がほとん …

no image

自分の中のしるし

それぞれの個性や性格、使命によるのかもしれませんが、私の場合、みことばはただ聞くだけよりも、伝えた時に、より自分の霊魂に深く入るような気がします。 私のように信仰歴が長くなると、自分の中に良いことがた …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。