私の自論

”古いもの”を捨てる!

投稿日:

ニュースで、WHOの幹部が来日し、日本の喫煙対策が時代遅れだと苦言を呈したというのを見ました。

特に、東京オリンピックに向けて、公共施設については、屋内は完全禁煙にするよう要請したそうです。

日本では、特に飲食業界では屋内完全禁煙にすると売り上げが落ちるとの懸念があるそうですが、WHOの幹部はアメリカやオーストラリアで完全禁煙をした結果、売り上げは落ちなかった、という調査結果を紹介したそうです。

このニュースを見て、以前、飲食店の厨房でアルバイトしていた時のことを思い出しました。(ずいぶん前の話ですが・・)

その店はオフィスビルの飲食店で、同じ階に同じ系列の違う店が並んでいました。一つは和定食中心の店、もう一つはイタリアン中心のビュッフェ。

その当時、ミーティングに一度だけ呼ばれ、イタリアンビュッフェの店の売り上げが伸びないのだけれど、どうすればいいと思うかと意見を求められたことがありました。

他の人がメニューなどの事ばかり意見していた中、私は、イタリアンは若い女性とかが好むものなのに、今どき禁煙席もなく、店全体が煙モクモクだったら入りにくいし私だったら絶対入らない、と言いました。

ミーティングを開いている幹部はおじさんだったんですね。また、オフィスビル、ということで対象は自分たちのようなビジネスマンという頭しかなかったようです。でも、私が見る限り、女性もかなりそのビルで働いていたんです。

幹部の方は私の意見にとても驚き、関心を示していましたが、他の私より年上の人たちはみな喫煙する方たちだったので、そんなことしたら余計に売り上げが下がる、と言ってその意見は一蹴されました。

その数か月後にそのイタリアンはつぶれてしまったんですが。。。

運営している人たちの認識が変わらないとより良くなるのは難しいですね。

何かを変える、ということは古い“何か”を捨てて新しくする、ということでもあります。その“何か”は、モノかもしれないし、考え方かもしれないし、もしかしたら人かもしれないし、その時の状況で様々あるかもしれません。

その“何か”で良い思いをしていた人やそれが常識だと思い込んでいる人たちにとってはそれを捨てるということは勇気がいることなんだと思います。

そうは言ってもその“何か”に縛られている以上、新しく変わることはできないし、今まで通りの結果しか望めません。

日本は保守的だ、とよく言われますが、古い人たちの反対意見ばかり重視していると、いつまでもそこから抜けられないこともあるな、とニュースを通して改めて感じました。

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

ダメなものには理由がある!

ネットの記事で、『タトゥーに使われる顔料が、体内に深く浸透する恐れがある、という研究が発表された』というのを見ました。 タトゥーに使われるインクの微粒子が人体内部へと染み込み、人の免疫系の重要な中枢を …

no image

火事から考えたこと

昨日江東区で結構大きな火事があったのをご存知ですか? 私はニュースを見て火事があったこと自体は知っていましたが、なんと、その場所は私の所属教会のメンバーが結構住んでいる団地の真ん前だったそうなんです! …

no image

何が安全?

ちょっと調べ物をしていたら、たまたま目に入った動画があり、見てみたら衝撃的な内容でした。 それは、一言で要約すると、ペットボトルの水はただの水道水、という内容。しかも、ペットボトルは石油で作られていて …

あなたは完璧主義?

ちょっと言葉を選ばずに思うことを言うと、最近、というか平成育ち以降、自称完璧主義者が増えてるような気がしています。そして、この完璧主義が福福を奪われる原因になっていると思うのです。 え?どういうこと? …

『良い人』

世界的に見ると日本人は国民全体が親切だと言われてますし、多分、実際良い人が多いと思います。特に教会の中になるとさらに良い人の割合が増えると思われます。 ただ、私が長年牧会してきて「良い人」についていろ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。