女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

”古いもの”を捨てる!

投稿日:

ニュースで、WHOの幹部が来日し、日本の喫煙対策が時代遅れだと苦言を呈したというのを見ました。

特に、東京オリンピックに向けて、公共施設については、屋内は完全禁煙にするよう要請したそうです。

日本では、特に飲食業界では屋内完全禁煙にすると売り上げが落ちるとの懸念があるそうですが、WHOの幹部はアメリカやオーストラリアで完全禁煙をした結果、売り上げは落ちなかった、という調査結果を紹介したそうです。

このニュースを見て、以前、飲食店の厨房でアルバイトしていた時のことを思い出しました。(ずいぶん前の話ですが・・)

その店はオフィスビルの飲食店で、同じ階に同じ系列の違う店が並んでいました。一つは和定食中心の店、もう一つはイタリアン中心のビュッフェ。

その当時、ミーティングに一度だけ呼ばれ、イタリアンビュッフェの店の売り上げが伸びないのだけれど、どうすればいいと思うかと意見を求められたことがありました。

他の人がメニューなどの事ばかり意見していた中、私は、イタリアンは若い女性とかが好むものなのに、今どき禁煙席もなく、店全体が煙モクモクだったら入りにくいし私だったら絶対入らない、と言いました。

ミーティングを開いている幹部はおじさんだったんですね。また、オフィスビル、ということで対象は自分たちのようなビジネスマンという頭しかなかったようです。でも、私が見る限り、女性もかなりそのビルで働いていたんです。

幹部の方は私の意見にとても驚き、関心を示していましたが、他の私より年上の人たちはみな喫煙する方たちだったので、そんなことしたら余計に売り上げが下がる、と言ってその意見は一蹴されました。

その数か月後にそのイタリアンはつぶれてしまったんですが。。。

運営している人たちの認識が変わらないとより良くなるのは難しいですね。

何かを変える、ということは古い“何か”を捨てて新しくする、ということでもあります。その“何か”は、モノかもしれないし、考え方かもしれないし、もしかしたら人かもしれないし、その時の状況で様々あるかもしれません。

その“何か”で良い思いをしていた人やそれが常識だと思い込んでいる人たちにとってはそれを捨てるということは勇気がいることなんだと思います。

そうは言ってもその“何か”に縛られている以上、新しく変わることはできないし、今まで通りの結果しか望めません。

日本は保守的だ、とよく言われますが、古い人たちの反対意見ばかり重視していると、いつまでもそこから抜けられないこともあるな、とニュースを通して改めて感じました。

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

隣の住人(恐らく最終回)

今朝、家の玄関の外がバタバタするな、と思ってそっとドアを開けて見てみたら、引っ越し業者のような人たちが隣の家のモノを次々と運び出していたんです。 私の家のドア付近にも段ボールが積まれていたため、私が顔 …

no image

ただいま!

昨日の夜遅く、無事に帰国しました! 今回は初めて壮年部のツアーに参加させてもらいました。 今まで接してきたメンバーのご両親にお会いすることができたり、久しぶりに再会できたメンバーがいたりなど、私個人と …

no image

自分の都合だけで恩恵は受けられない

前回のユリの話題の続編です。 その後ユリがどうなったかというと。。。実はそんなに変化していないんです。 先週は毎日ユリの姿形が違っているほど勢いよくつぼみから開花に向かっていたのですが、ここにきて急に …

no image

チョコレートはどこから?

バレンタインデーが近づいていて、街中でもチョコレートの特設会場など出てきてますね。 実は私、バレンタインデーにまともにチョコをあげた経験がない。。ハハッ​ まぁ、それはさておき。。 チョコに関してちょ …

no image

教えることは最高のマスター法

私が牧会など指導者の経験があって良かったと思う事の一つは、教える立場だったという事です。 自分自身を振り返ってみると、牧会者になったばかりのころ、到底人様に教えられるような能力があったわけではありませ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。