私の自論

友達はほどほどで良い⁈

投稿日:

ある心理系の本を読んでいたら、「最高の友を探してはいけない」という事が書かれていました。

一瞬「え??」となりますよね?

「なんでも話せて、自分のことも理解してくれる気の合う親友」というのは誰もが求める理想の友達ではないかと思うんです。

しかし、そういう理想の友達を求めて頑張っている人ほど幸福度が低いのだそうです。

なぜか?それは、より良い友人、より良い人間関係を求め続けていると今いる友人を見て「もっと良い友人がいるのではないか?」という思考になり、常により良い友人探しをしている状態になるからだそうです。つまり、自分の周りにいる人々は常にイマイチ、という事になってしまうわけです。

これは、それなりに異性に人気があるのに結婚できない人の心理と同様だそうです。「もっと理想的な相手がいるのでは?」と思い続けて探してばかりいるという状態。

確かにな。。。と思いました。(笑)

やはり人間は人間です。神様ではありません。だからどうしても完璧ではありません。

ですから、自分自身がより理想的な人間になろうと努力することは賞賛に値することだと思いますが、相手に完全さを求め続けるというのはよく考えたら相手に神になれと言っているようなものです。

勿論そんな人はいるはずもないので、常に満足できず、幸福度が下がるのは当然の結果ですね。

この世で生きていたら人間関係で悩まない人はいないと思います。そんな時、「なんであの人はああなの?」「なんでこうしてくれないの?」と相手に対して思い始めると泥沼に陥ります。

それよりは、ある意味割り切って、相手は人間だ、神様じゃないと思った方が気が楽です。

これは一見冷たい考え方に思えるかもしれませんが、人に求めすぎて期待が外れて幸福度が下がるよりは、ほどほどで納得して幸福感を得られる方が良いということです。

他者は自分の事を完璧にわかるわけではない、という事を認識する必要があります。

やはり、自分の心のうちまですべて見通せるのは神様だけ、という事ですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

私たちのスクープ!No.2

今日は、私たちに起こった『スクープ!小さな奇跡』のお話。 元々、今日の礼拝後は、『スクープ!小さな奇跡』の動画に使う写真の撮影日でした。 撮影したいシーンは、洋服を選んだり試着室に入ったりなど洋服を買 …

最初から

研究シリーズ第三弾! 今回は、研究というより、私自身がやりにくいと感じて変えたことをご紹介します。 それは。。はかりごとや隠しごとはできる限り無くすこと! これは性格にもよるかもしれませんね。(笑) …

no image

許す強さ

ふと目にした記事で、「精神的に強い人が絶対にしない10のこと」というのがありました。 ほとんどの項目は誰もが一度は耳にしたことがあるような内容でしたが、いくつかは、「確かにそうだな~」と思った項目があ …

心のアレルギー

最近、自分自身の事を振り返って、ふと思ったことがあります。 子供の頃より心が成長して大人になり、以前耐えられなかったことが耐えられるようになったこともあるけれど(それがほとんどだけど)、一部、逆もある …

神様の御心

自分に対する神様の御心って?? それは誰も分からないです。 なぜかというと、「神様、これは御心ですか?」と聞いても言葉では返事が返って来ないから。 だからと言って人に聞いても分かりません。 その人は神 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。