私の自論

友達はほどほどで良い⁈

投稿日:

ある心理系の本を読んでいたら、「最高の友を探してはいけない」という事が書かれていました。

一瞬「え??」となりますよね?

「なんでも話せて、自分のことも理解してくれる気の合う親友」というのは誰もが求める理想の友達ではないかと思うんです。

しかし、そういう理想の友達を求めて頑張っている人ほど幸福度が低いのだそうです。

なぜか?それは、より良い友人、より良い人間関係を求め続けていると今いる友人を見て「もっと良い友人がいるのではないか?」という思考になり、常により良い友人探しをしている状態になるからだそうです。つまり、自分の周りにいる人々は常にイマイチ、という事になってしまうわけです。

これは、それなりに異性に人気があるのに結婚できない人の心理と同様だそうです。「もっと理想的な相手がいるのでは?」と思い続けて探してばかりいるという状態。

確かにな。。。と思いました。(笑)

やはり人間は人間です。神様ではありません。だからどうしても完璧ではありません。

ですから、自分自身がより理想的な人間になろうと努力することは賞賛に値することだと思いますが、相手に完全さを求め続けるというのはよく考えたら相手に神になれと言っているようなものです。

勿論そんな人はいるはずもないので、常に満足できず、幸福度が下がるのは当然の結果ですね。

この世で生きていたら人間関係で悩まない人はいないと思います。そんな時、「なんであの人はああなの?」「なんでこうしてくれないの?」と相手に対して思い始めると泥沼に陥ります。

それよりは、ある意味割り切って、相手は人間だ、神様じゃないと思った方が気が楽です。

これは一見冷たい考え方に思えるかもしれませんが、人に求めすぎて期待が外れて幸福度が下がるよりは、ほどほどで納得して幸福感を得られる方が良いということです。

他者は自分の事を完璧にわかるわけではない、という事を認識する必要があります。

やはり、自分の心のうちまですべて見通せるのは神様だけ、という事ですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

外のものはどうでも良い?

ふらっと立ち寄ったコンビニで、ちょっと残念なものを見ました。 それは、コンビニのイートインに設置してあるゴミ箱。そこには張り紙がしてあり、ゴミを入れるための口はガムテープでふさがれてました。 張り紙は …

no image

平凡な人生は幸せ?

ある記事で、大人になって分かったことの一つが、「平凡な人生を送ることは難しい」ということ、というのを見ました。 確かにな~‥と思いながら、ところで、平凡って何だろう??という疑問が湧き、「平凡」の意味 …

no image

周囲には感謝がいっぱい!

昨日、ちょっとコンビニに寄って、レジで会計をしているとき、レジを打っているバイトの子を見ながら、ふと『ここでこうやって働く人がいるから私はここで買えるんだな。』という考えが浮かんできました。 そのレジ …

no image

問題は自分の代で解決済みに!

昨日礼拝後、法律の専門家のメンバー3人と一緒にうちの問題を解決すべくいろいろと作戦を練る時間を持ちました。 これは100%肉的な問題で、私のうちの個人的な内容なのですが、みんな本当に親身になって考えて …

no image

今日嬉しかったこと

ハレルヤ!今日はまた説教を伝えてきました! 先日も久しぶりに説教しましたが、その時は水曜礼拝でした。今日は主日。主日の説教は本当に久しぶりで、いつになく朝から緊張していました。 無事に伝え終わって感謝 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。