私の自論

友達はほどほどで良い⁈

投稿日:

ある心理系の本を読んでいたら、「最高の友を探してはいけない」という事が書かれていました。

一瞬「え??」となりますよね?

「なんでも話せて、自分のことも理解してくれる気の合う親友」というのは誰もが求める理想の友達ではないかと思うんです。

しかし、そういう理想の友達を求めて頑張っている人ほど幸福度が低いのだそうです。

なぜか?それは、より良い友人、より良い人間関係を求め続けていると今いる友人を見て「もっと良い友人がいるのではないか?」という思考になり、常により良い友人探しをしている状態になるからだそうです。つまり、自分の周りにいる人々は常にイマイチ、という事になってしまうわけです。

これは、それなりに異性に人気があるのに結婚できない人の心理と同様だそうです。「もっと理想的な相手がいるのでは?」と思い続けて探してばかりいるという状態。

確かにな。。。と思いました。(笑)

やはり人間は人間です。神様ではありません。だからどうしても完璧ではありません。

ですから、自分自身がより理想的な人間になろうと努力することは賞賛に値することだと思いますが、相手に完全さを求め続けるというのはよく考えたら相手に神になれと言っているようなものです。

勿論そんな人はいるはずもないので、常に満足できず、幸福度が下がるのは当然の結果ですね。

この世で生きていたら人間関係で悩まない人はいないと思います。そんな時、「なんであの人はああなの?」「なんでこうしてくれないの?」と相手に対して思い始めると泥沼に陥ります。

それよりは、ある意味割り切って、相手は人間だ、神様じゃないと思った方が気が楽です。

これは一見冷たい考え方に思えるかもしれませんが、人に求めすぎて期待が外れて幸福度が下がるよりは、ほどほどで納得して幸福感を得られる方が良いということです。

他者は自分の事を完璧にわかるわけではない、という事を認識する必要があります。

やはり、自分の心のうちまですべて見通せるのは神様だけ、という事ですね。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

御心が地にも成されますように。。

今日は米朝首脳会談が行われた歴史的な日でしたね!! まずは、行なわれた、という事実に感謝したいと思います。これも神様の御働きなしにはあり得ないことですから。 とは言っても、今までの北朝鮮の実績を考える …

no image

「いじり」は面白い?

評論家の宇野常寛氏が、イベントでお笑い芸人の「いじり」を受け、それを不快に感じたため退席した、という記事を見ました。 いじった方は「みんなが面白くなるため」にしたというのですが、受けた方はそれを不快に …

no image

準備が無駄に。。。

ニュースで、小さな飲食店が30人貸し切り予約を受けたけど、当日一人も来なかった、と言う記事を見ました。つまり無断でドタキャンされたわけですね。 当然ですが、店主はとても悲しんでいたそうです。心を込めて …

no image

いくつになっても!

最近ある知人から聞いた話です。 私の知人の知人(複雑ですみません)が飲食店の厨房で働いているそうなんですが、最近、そこの洗い場(お客さんの使った食器を洗うところ)に72歳のパートさんが新人として入って …

「過酷」だけが原因じゃない!

当たり前のことかもしれませんが、何かを遣り甲斐をもってし続けるには『希望』があるかどうかが重要だと思います。 例えば、オリンピックの強化選手達。たまに彼らの特集などありますが、それを見る限り、凡人の通 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。