私の自論

勤労感謝の日

投稿日:

今日は勤労感謝の日で祝日。夜になってからふと、勤労感謝の日って何だろう?という疑問が湧き、ちょっと調べてみました。

すると・・・恥ずかしながら驚愕の事実が!!

実は、「勤労感謝の日」とは、戦後GHQが勝手につけた名前で、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という趣旨の元1948年に国民の祝日として制定されたそうです。

元々11月23日は「新嘗祭(にいなめさい)」と呼ばれる非常に重要な宮中行事だったそうです。

この新嘗祭とは天皇が日本国民を代表し、五穀豊穣(豊作であること)と、命の糧を授けて頂いたことに対する神への感謝を捧げるための祭り、つまり日本の収穫祭で、天皇だけでなく国民全員も天皇と一体になり、秋の実りを神に感謝する、日本国にとって非常に大切な一日だったのだそうです。

しかし、敗戦後、GHQは日本国民から、天皇や皇室に関係したものを徹底的に切り離そうとし、天皇と国民が一体であった新嘗祭は宮中のみでの祭祀となり、国民からは完全に切り離されてしまいました。

そして11月23日は「勤労感謝の日」という本来の意義とは全く関係のない内容の祝日に変えられてしまった、というのが経緯のようです。

うむ。。。今まで「働いていた方々に感謝しましょう」と言われてきたことはアメリカによって造られたものだったということですね。

天皇を神とするのは賛成しませんけど、国民全体が天皇と一緒に神様に感謝するなら、そっちの方がよかったんじゃないのかな?なんて正直思ってしまいました。

ちゃんと知ることって本当に大事ですね。

もう、「勤労感謝の日」が終わろうとしていますが、この日の本来の意味を思い、少しの時間でも神様に感謝して今日の日を締めくくろうと思います。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

愛の法

ある一つのことに向かってみんなで頑張る!って、実はとても楽しいです。 最近は個人主義だからそういうのが懐かしいです。 勿論、昔が良かった、というわけじゃないんですが、特に前半期、ドタバタ劇のようではあ …

no image

どんなことも悟りに!

今日は出先からの帰り道、久しぶりに本屋へふらっと立ち寄りました。 いろんな本が陳列されている中、ふと私の目に留まった本がありました。それは「筋トレが人生を変える!」という本。(すみません、タイトルが正 …

no image

後半戦スタート!

今日から7月になりました! なんと、2018年がもう半分過ぎてしまったんですね~。。。月日の経つのは早いです。 今日の説教も「時について」でしたね。自分の時を逃したら主権が相手に渡ってしまう…本当に怖 …

no image

身から出た錆

いつの時代でも、人を貶める事を目的とする行為は必ず自分の身に降りかかります。 最近、ある週刊誌が『文科相が公用車で「キャバクラヨガ」に通っていた』という記事を載せ、一瞬物議を醸しました。 ところが、「 …

no image

リハーサル

昨日、コンサートのリハーサルをしました! みんなで顔を合わせ、直接演奏も聞いて、人前で演奏する経験もして、いよいよ大詰めだな、と感じました。 演奏者の皆さんもお忙しいので、どうしてもリハの時に初めて合 …

PREV
停電
NEXT
必死さ

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。