私の自論

動物にも伝わる!

投稿日:

アメリカでの心温まるお話。

育児放棄されたチンパンジーの赤ちゃんを、ある夫婦が引き取って献身的に育て、4か月経ってから動物園に預けたそうです。

その後、その夫婦が動物園を訪れるたびにそのチンパンジーが大喜びするのだそう。

夫婦の姿を見るとチンパンジーは大声で鳴き出し、抱っこをせがんだり、腕にしがみついたり、喜びをあらわにするそうです。

動物でも命の恩人は分かるし、愛は伝わるんですね~。

動物園が、その様子をInstagramにアップしたところ、多くの人から反響があったそうです!

こういう心温まるシーンは、当人同士だけでなく、見ている人をも幸せな気分にするんですね。

また、愛による絆は動物・人間の壁まで超えてしまうんだなと改めて感じました。

人間って時にカッコつけて無反応になったり、知らんぷりしたりしますが、実際はそんなの全然かっこよくないですよね。

私たちも命の恩人にこれくらい表現しないといけませんね。

愛情をかけることも、愛をかけられて感謝することも、思いっきりした時に未練も残らず、自分たちだけでなく、周りをも幸せな気分にするんだということを、動物を通して教えてもらった気がします。

天に対しても、人に対しても、愛の豊かな人になりたいですね。

情報源☞ 動物園のチンパンジー、母親代わりに育ててくれたカップルに会う度に大喜び

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

心が強い人

またオリンピックのニュースを見て思ったこと。 私はリアルタイムで見ることはないのですが、ニュースでハイライトを見るだけでも、冬のオリンピックってほとんどが危険な競技ばかりだな~と思いました。 一歩間違 …

no image

喜びを与えたいという心

今朝、たまたまある動画を見たんです。それはある人気化粧品会社の女社長が出てきて自社の新商品を宣伝しているものでした。 初めは、この商品はこんな成分も入れてるしこんな風にしているし・・・など、とにかく凄 …

no image

幼い時の衝撃!

夕方、家へ帰る道で、なぜか急に、子供のころ父親のレコードを聴いていた事が思い出されました。 父はクラシック好きで、家にはクラシックのレコードがたくさんあったんです。父が好きなのはベートーベンのオーケス …

no image

いつから牧会し始めるのが良い?

今日は牧会など教会の指導者として働くタイミングについての私の意見をお伝えしたいと思います。ただ、あくまでも私の個人的見解として受け止めていただけると幸いです。 よく、牧会したり、教会の指導者になるため …

no image

民族のために祈ろう!

牧師の肩書を持つ私がこういうことを話題にするのはどうかと思いつつ。。。でも今回は思い切って書いてみようと思います。ただし、この話題はあくまでも、教会や教団とは関係なく、私個人の見解だという前提で読んで …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。