私の自論

功績者には敬意を!

投稿日:

ここ数日、日本は浅田真央さん引退の話題でもちきりですね!

ちょうど私たちも世代交代が話題となっていましたので、このタイミングでの引退発表は私たちにとっては神様のしるしだな、と思いました。

ところで、このフィギュア―スケートの功績者に、ああだこうだと否定的な記事やコメントを書く人がいるのを見ました。

勿論、ほとんどの人は、ありがとう、お疲れさまでしたなど、労をねぎらったり功績に感謝したりする内容でしたが、ごく一部が不快な内容を書いていました。

どう考えても、真央さんに直接会ったわけでもなく、何か迷惑をこうむったとか、被害に遭ったとか、そんなことはあるはずもない人たちばかりがそういう記事を書いています。

こういうのはちょっと心が痛いですね。でも、これを通して、いつの時代でも、誰に対してでも、文句を言う人はいるのだな、と思いました。

それとは別に、今日、YouTubeで諏訪内晶子さんというバイオリニストが演奏したメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲を聞きながら、ラジオ番組の原稿を書いていました。

諏訪内晶子さんは、日本人初&最年少でチャイコフスキーコンクールに優勝した人で、私個人的には、とても好きなバイオリニストです。

メンデルスゾーンのバイオリンコンチェルトもすごく好きな曲だったので聞き入りつつ原稿を書いていました。

演奏が終わって、やっぱりすごい演奏だったな~・・と余韻に浸っているとき、ふとYouTubeの画面を見たら、いいねがたくさん押されてましたが、反対の下げるのも(何と呼ぶのかわかりませんが)押されてました。でも「いいね」の1/10以下でしたが。

こんなすごい演奏でも気に入らない人がいるんだ~・・・と驚きましたが、これが現実だな、と思いました。

どんな功績者や実績者、努力家に対しても反対する人や悪評する人がいるんですね。しかもその悪評には大した根拠がないのです。その人についてよく知らない人が知っているかのように悪評します。

きっと、日ごろの鬱憤を晴らしているのでしょうね。そして、こういう人が主を迎えられなかったのだな、と思いました。

ですから、そんな悪評を気にしていてはいけないし、たとえ自分に直接関係ない内容でも心に悪影響なので悪評は耳をふさぐに限ります!

私たちは直接何かしてもらったわけじゃなくても、間接的にそのような功績者の恩恵を受けていることが多々あります。たとえば、日本のイメージが良くなるとか、その分野が栄えるとか。。

日ごろから、自分の身近なところにいる功績者に対して敬意を払うことや、感謝することを忘れてはいけませんね。

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

勤労感謝の日

今日は勤労感謝の日で祝日。夜になってからふと、勤労感謝の日って何だろう?という疑問が湧き、ちょっと調べてみました。 すると・・・恥ずかしながら驚愕の事実が!! 実は、「勤労感謝の日」とは、戦後GHQが …

艱難に打ち勝つ方法

今週は艱難の話が出てきましたね。 艱難は程度の差はあれ、誰にでも襲ってくるものです。 皆さんにも艱難があったでしょう。 でも、皆さんそれぞれが自分なりに艱難に打ち勝ってきたから今こうしてここにいるのだ …

no image

友達はほどほどで良い⁈

ある心理系の本を読んでいたら、「最高の友を探してはいけない」という事が書かれていました。 一瞬「え??」となりますよね? 「なんでも話せて、自分のことも理解してくれる気の合う親友」というのは誰もが求め …

no image

ガラケーが人気復活⁉

今や生活必需品の一つとなっている携帯電話ですが、今年1~10月の10か月間、なんと中古ガラケーの販売台数が過去最高になったのだそうです! 携帯市場が実施した「スマホ疲れ調査」1000人アンケートによる …

no image

私の母の日

今日は母の日。 母が生きていた時は毎年プレゼントを送っていました。毎年、今年は何を送ろうかな、と考えることも楽しみの一つで、母が大げさに喜んでくれるので今年は何を送って喜ばせようかといろいろ企んでいま …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。