私の自論

功績者には敬意を!

投稿日:

ここ数日、日本は浅田真央さん引退の話題でもちきりですね!

ちょうど私たちも世代交代が話題となっていましたので、このタイミングでの引退発表は私たちにとっては神様のしるしだな、と思いました。

ところで、このフィギュア―スケートの功績者に、ああだこうだと否定的な記事やコメントを書く人がいるのを見ました。

勿論、ほとんどの人は、ありがとう、お疲れさまでしたなど、労をねぎらったり功績に感謝したりする内容でしたが、ごく一部が不快な内容を書いていました。

どう考えても、真央さんに直接会ったわけでもなく、何か迷惑をこうむったとか、被害に遭ったとか、そんなことはあるはずもない人たちばかりがそういう記事を書いています。

こういうのはちょっと心が痛いですね。でも、これを通して、いつの時代でも、誰に対してでも、文句を言う人はいるのだな、と思いました。

それとは別に、今日、YouTubeで諏訪内晶子さんというバイオリニストが演奏したメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲を聞きながら、ラジオ番組の原稿を書いていました。

諏訪内晶子さんは、日本人初&最年少でチャイコフスキーコンクールに優勝した人で、私個人的には、とても好きなバイオリニストです。

メンデルスゾーンのバイオリンコンチェルトもすごく好きな曲だったので聞き入りつつ原稿を書いていました。

演奏が終わって、やっぱりすごい演奏だったな~・・と余韻に浸っているとき、ふとYouTubeの画面を見たら、いいねがたくさん押されてましたが、反対の下げるのも(何と呼ぶのかわかりませんが)押されてました。でも「いいね」の1/10以下でしたが。

こんなすごい演奏でも気に入らない人がいるんだ~・・・と驚きましたが、これが現実だな、と思いました。

どんな功績者や実績者、努力家に対しても反対する人や悪評する人がいるんですね。しかもその悪評には大した根拠がないのです。その人についてよく知らない人が知っているかのように悪評します。

きっと、日ごろの鬱憤を晴らしているのでしょうね。そして、こういう人が主を迎えられなかったのだな、と思いました。

ですから、そんな悪評を気にしていてはいけないし、たとえ自分に直接関係ない内容でも心に悪影響なので悪評は耳をふさぐに限ります!

私たちは直接何かしてもらったわけじゃなくても、間接的にそのような功績者の恩恵を受けていることが多々あります。たとえば、日本のイメージが良くなるとか、その分野が栄えるとか。。

日ごろから、自分の身近なところにいる功績者に対して敬意を払うことや、感謝することを忘れてはいけませんね。

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

偉大な道

今日は寒かったですね~。真冬のような寒さでした。 あまりに寒くて、コタツを出そうかな?まだちょっと早いかな?と思いながら今日の日付を確認したら、11月20日。 そうか。。今日は11月20日なんだ。。。 …

no image

ピアノの時間

今日、ちょっと時間があって、というか、心の余裕があって久しぶりにピアノを練習しました。 練習した、と言っても本番が近いわけでもなく、なんとなく久しぶりに弾きたくなった曲があったので弾いてみたんです。 …

人生、やった者勝ち

私は自分で言うのもなんですが、今の使命も含め、わりと新しい分野に挑戦してきたタイプだったと思います。 牧会していた時はいち早くインターネットを使って伝道していましたし、SS伝道や壮年部伝道もしていまし …

no image

性格は進化しない?

よく、あの人は「優しい人」「怒りっぽい人」など、人の性格を〇〇な人、というカテゴリーでわけて考えることがありますよね?普段の会話にもよく出てくるだろうし、心理ゲームや占いなどにも使われていると思います …

no image

従姉妹たちと女子会

一昨日から父に会いに福島県の郡山へ行っていました。 いつも父に会いに行くときは、日帰りで、ただ父に会ってすぐ東京に戻っていたんですが、今回は、なんとなく感動があり、母方の従姉妹にも連絡を取ったら、一緒 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。