女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

功績者には敬意を!

投稿日:

ここ数日、日本は浅田真央さん引退の話題でもちきりですね!

ちょうど私たちも世代交代が話題となっていましたので、このタイミングでの引退発表は私たちにとっては神様のしるしだな、と思いました。

ところで、このフィギュア―スケートの功績者に、ああだこうだと否定的な記事やコメントを書く人がいるのを見ました。

勿論、ほとんどの人は、ありがとう、お疲れさまでしたなど、労をねぎらったり功績に感謝したりする内容でしたが、ごく一部が不快な内容を書いていました。

どう考えても、真央さんに直接会ったわけでもなく、何か迷惑をこうむったとか、被害に遭ったとか、そんなことはあるはずもない人たちばかりがそういう記事を書いています。

こういうのはちょっと心が痛いですね。でも、これを通して、いつの時代でも、誰に対してでも、文句を言う人はいるのだな、と思いました。

それとは別に、今日、YouTubeで諏訪内晶子さんというバイオリニストが演奏したメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲を聞きながら、ラジオ番組の原稿を書いていました。

諏訪内晶子さんは、日本人初&最年少でチャイコフスキーコンクールに優勝した人で、私個人的には、とても好きなバイオリニストです。

メンデルスゾーンのバイオリンコンチェルトもすごく好きな曲だったので聞き入りつつ原稿を書いていました。

演奏が終わって、やっぱりすごい演奏だったな~・・と余韻に浸っているとき、ふとYouTubeの画面を見たら、いいねがたくさん押されてましたが、反対の下げるのも(何と呼ぶのかわかりませんが)押されてました。でも「いいね」の1/10以下でしたが。

こんなすごい演奏でも気に入らない人がいるんだ~・・・と驚きましたが、これが現実だな、と思いました。

どんな功績者や実績者、努力家に対しても反対する人や悪評する人がいるんですね。しかもその悪評には大した根拠がないのです。その人についてよく知らない人が知っているかのように悪評します。

きっと、日ごろの鬱憤を晴らしているのでしょうね。そして、こういう人が主を迎えられなかったのだな、と思いました。

ですから、そんな悪評を気にしていてはいけないし、たとえ自分に直接関係ない内容でも心に悪影響なので悪評は耳をふさぐに限ります!

私たちは直接何かしてもらったわけじゃなくても、間接的にそのような功績者の恩恵を受けていることが多々あります。たとえば、日本のイメージが良くなるとか、その分野が栄えるとか。。

日ごろから、自分の身近なところにいる功績者に対して敬意を払うことや、感謝することを忘れてはいけませんね。

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

溺れる時は。。。

私は以前、日赤の水上安全法救助員という資格を持ってました。溺れた人を助けるための資格です。 しかし、実際に溺れた人を助けた経験はありません。目の前で溺れている人を見たことすらありません。これは幸いなこ …

no image

建国記念の日

今日は建国記念日ですね! 毎日の生活に追われていると、(お恥ずかしながら)ただカレンダーを見て「今日は祝日だ」と思うだけで、一体何を祝う日なのか分かっていないことが多いので、今回はちょっと調べてみまし …

no image

感動の金メダル!

またしてもパラリンピックの話題です。(笑) スノーボードの下肢障害のクラスで成田緑夢(ぐりむ)さんが金メダル!おめでとうございます! これにはお兄さんの童夢さん(トリノオリンピック代表)も我を忘れて涙 …

no image

人の恵み

今日は日曜日。教会に行く日です。 いつもは自分の所属教会に行きますが、今日は諸事情により、久しぶりに違う教会に行きました。 その教会の聖殿が凄いという噂だったので、聖殿を見たいという願望もあり、前日か …

「信仰」という土台

今の時代は「行い」が強調されますよね。行いの時代ですから当然です。 だから新入生のうちから行い、行い、と行いを叩き込まれるわけです。 でもここで注意すべきことがあります。基本的には、この行いは「信仰」 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。