私の自論

凄いことって?

投稿日:

イギリスに、同じ職場で勤続70年になる89歳の女性がいるそうです。

それだけでも賞賛に値しますが、なんとこの方、仕事でミスしたのは70年間でたったの一回。会計の仕事だったそうですが、2ペンス(約3円)を帳簿に付け忘れたというミスを一回しただけなのだそうです。

とても注意深く、正確に仕事をしていたということですね。

さらに、今89歳のご高齢ではありますが、パソコンを使いこなしているそうです。入社時は19歳で、当時は紙とペンの時代。その時から時代が変化していますが、変化に柔軟に対応していったということですね。

また、この方は仕事が楽しいそうで、やめたいと思ったことは一度もなく、これからも健康である限り仕事を続けるつもりなのだそうです。

正確さ、柔軟さ、楽しむこと、この三つがあったわけです。

会計の仕事そのものは、普通どこの会社にもある仕事じゃないですか?しかし、70年間ほとんどミスなく続けるということが普通じゃないですよね?

何か一発凄いことをすることも凄いのかもしれませんが、正確にやり続けることが凄いことになるのだなと思いました。

しかも、本人は凄いことをしようとしていたのではなく、楽しみながら続けていたら結果としてこうなったという状態。

仕事の正確さも楽しさを助けたと思うんです。この方が間違いばかりしていたら楽しくはなかったでしょう。ですから、きちんと仕事をすることも仕事の楽しさを増すことになるんじゃないのかな?とも思いました。

小さなことだとしても、与えられた仕事に毎日感謝して、楽しみながら正確に行い続ける人を神様は祝福してくださるのですね。

小事に忠実な人は、大事にも忠実である。
そして、小事に不忠実な人は、大事にも不忠実である。
(ルカ16:10)

良い忠実なしもべよ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。
(マタイ25:21)

(情報源➡こちら

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

聖書は信仰の基礎

去年から先生が私たちに、もっと聖書を読むように話をしていますし、最近ではチョウン牧師も聖書について強調していますね。 私自身も聖書の重要性について常々考えています。 最新の御言葉を理解するにも聖書の知 …

no image

夕ご飯のいきさつ

夕ご飯に何を食べようかな、と考えていたら、急にだいぶ前に外食した時のメニューが思い出され、再現したくなり、レシピも何もないけれど適当に作ってみました! 不思議ですね。 当時外食した時、確かに「これ、お …

no image

ふれあいという愛

ここ一か月くらい、毎週日曜日の夜に近所の銭湯に行ってます。家から2,3分のところに銭湯があるんです。 自分の家がユニットバスのため、基本的にはシャワーのみなんですが、自分の健康のために、週一くらいは行 …

no image

歴史を実感

今週の土日、ある教会の合宿に呼ばれて御言葉を4つ伝えることになりました! 以前私が先生から決裁を受けた原稿と、他は聖書の御言葉。 この一年、Web中心だったので、現実の集団講義は本当に久しぶりで、ちょ …

no image

認識のズレ

今日は久しぶりに他教会を訪問してきました。 今日訪問した教会は約一年ぶりくらいでしたが、久しぶりに訪問するといろいろ変化していて驚くことが結構あります。 礼拝後、その教会のある男子メンバーに声をかけら …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。