私の自論

再会の奇跡

投稿日:

『6年前に自宅庭から盗まれた飼い犬と感動の再会』という記事を見ました。

生後5か月の時から7年間飼っていた犬が盗まれ、飼い主は何か月も探したけど見つからなかったそうです。

しかし、最近発見され、マイクロチップから飼い主を割り出せたそう。

しかも、6年ぶりの再会にもかかわらず、犬の方も飼い主を覚えていたのか、再会時には会った瞬間しっぽを振り、飼い主の顔をなめたそうです。

この記事を読んで様々な思いが頭を駆け巡りました。

6年ぶりに飼い犬が発見されて飼い主のもとに帰るというのは奇跡ですが、犬でもそんなことが起きるなら、失われた羊も戻って来るんじゃないかな(これはしるし?)。

6年ぶりの再会にもかかわらず犬でも飼い主を覚えているなら、失われた羊も本当は主を忘れることはないんじゃないかな。

盗まれた犬が帰ってきても飼い主が大喜びなら、神様はなおさらサタンに盗まれた恋人たちが帰って来るのを心待ちにしていらっしゃるだろうな。

「命が戻ってくる」ということは、当事者たちばかりでなく、周りの人たちにまで希望と喜びを与えるのだな。。等々。

とにかく、犬にも起こった再会の奇跡を人間でも起こしたい!!と強く思いました。

勿論、失われた羊ばかりでなく、最後まであきらめずに1人でも多くの命が主のもとに戻ってきて永遠な祝福を得られるようにしたいですね!

情報源➡ https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170607-88989819-techinq

 

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

使命は祝福

毎週、土曜日にサクセスストーリーの録音をし、原稿を一週間の前半に準備するのですが、ここ一か月くらい、不思議と、毎週どんなことを書くか先に思い浮かぶんです。 そして、原稿を書くとその内容に沿ったことが自 …

no image

銭湯文化

昨日のことになりますが、主日の説教を無事に終えた後、午後からラジオ番組二回分の録音(来週は海外にいるので)を終えて、家に帰ってから「今日は一日働いたから、今夜はゆったり過ごそう」と思い、近所の銭湯に行 …

艱難に打ち勝つ方法

今週は艱難の話が出てきましたね。 艱難は程度の差はあれ、誰にでも襲ってくるものです。 皆さんにも艱難があったでしょう。 でも、皆さんそれぞれが自分なりに艱難に打ち勝ってきたから今こうしてここにいるのだ …

実践すると悟る!

皆さん、聖書を読んだり、講義や説教を聞いたりしながら「あ、そうか!」と感動することがあると思います。 これを「悟った」というのか、「理解した」というのか。。。 本当に礼拝中に聖霊が下って「悟った」とい …

仕事人のススメ

昨日の説教の中で(核心じゃないんですけど)、昔は働く人は「仕事人」、働かない人は「愛の人」と言われていたという話がありましたよね? 核心ではないのでこの部分をスルーしていた人もいるかもしれませんが。。 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。