私の自論

全州(チョンジュ)訪問

投稿日:

壮年部ツアーシリーズ最終回です。

今回は、最後にチョンジュ観光というのがツアーに含まれていました。チョンジュはビビンバが有名な所です。また、韓国の伝統的な建物がたくさん残っているところでもあります。

私は何度も韓国に行ってますが、チョンジュには一度も行ったことがなかったので、ちょっと楽しみにしていました。

チョンジュに着くと、さっそくチョンジュの壮年部の牧師や壮年部担当の方々が出迎えてくれて、一緒に観光に回りました。

まず、民族衣装を着て古い街並みを歩き回るという企画があり、貸衣装の店に行ってみんな男女ともに民族衣装を着せてもらい、髪形も変えたりなどしてもらって変身しました!

そして、チョンジュの壮年部担当のメンバーと一緒にあちこちに行って写真を取ったり交流したりしました。

こういう企画を通して、初めて来た親御さんたちがとても恵みを受けているのを見ました。衣装を着て歩き回るなんて、親御さんの世代では日常では絶対になかったことだろうし、また、チョンジュメンバーとの交流を通して、実際に摂理人と間近に触れ合ったということが本当に大きかったと思います。

やはり、伝道は真理と恵みですね!

人から聞いた情報によって、摂理に対して、宗教に対して、韓国に対して様々な誤解をしていた親御さんもいました。しかし、このような企画を通して解かれていくのを目の当たりにしました。

勿論月明洞も凄い効果でした!ただ、初めての方には強烈すぎる場面もあり、強烈な衝撃を受けた後でこのような緩和企画があったからこそかなり引きあがったのだと思います。だからただ恵み企画だけでもダメですね。

夜ホテルに帰った後、ちょうどエステルキドが始まった時だったので、チョンジュの壮年部の牧師さんがわざわざ夜中にホテルまで車で迎えに来てくれて、行ける人は一緒にチョンジュの聖殿へ行きました!

チョンジュの聖殿も買った聖殿ですが、元々キリスト教の祈祷院だったところで、聖殿と宿泊できる部屋がたくさんあるところでした!日本にもこんなところがあると良いな~と思いました!

ただし、繁華街からかなり遠く、一番近いバス停から歩いて10分かかります。ホテルからは車で30分弱かかりました。

今回車を運転してくださった方は、元々牧会も経験のある男性の牧師で、訪問者が来ると毎回車を運転してくださるのだそうです。感謝ですね。

エステルキドの最初の大事な時に、このような聖殿でお祈りできたことも感謝でした!

今回は主が様々なプログラムを組んでくださり、私自身、日本で牧会していた時の伝道とは違う大きなスケールの伝道の仕方を学んだ良い機会でした。

霊肉共に本当にたくさんの収穫のあったツアーでした!心から主に感謝します!

 

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

火事から考えたこと

昨日江東区で結構大きな火事があったのをご存知ですか? 私はニュースを見て火事があったこと自体は知っていましたが、なんと、その場所は私の所属教会のメンバーが結構住んでいる団地の真ん前だったそうなんです! …

no image

幼い時の衝撃!

夕方、家へ帰る道で、なぜか急に、子供のころ父親のレコードを聴いていた事が思い出されました。 父はクラシック好きで、家にはクラシックのレコードがたくさんあったんです。父が好きなのはベートーベンのオーケス …

no image

使命は祝福

毎週、土曜日にサクセスストーリーの録音をし、原稿を一週間の前半に準備するのですが、ここ一か月くらい、不思議と、毎週どんなことを書くか先に思い浮かぶんです。 そして、原稿を書くとその内容に沿ったことが自 …

no image

何が安全?

ちょっと調べ物をしていたら、たまたま目に入った動画があり、見てみたら衝撃的な内容でした。 それは、一言で要約すると、ペットボトルの水はただの水道水、という内容。しかも、ペットボトルは石油で作られていて …

no image

明日必ず生きられる?

日本には江戸時代から切腹の美学があるせいか、自殺を「生き方の選択の一つ」と考える人々も多くいます。 それだけが理由ではありませんが、実際、日本は自殺者が多い国ですよね。 日本以外でも自殺の問題を抱えて …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。