私の自論

兄弟愛は微笑ましい

投稿日:

今朝、礼拝に行く地下鉄の中での一コマ。

私が座席に座っていると、途中で母親2人と子供4人のグループが乗ってきて、子供4人のうち3人だけ座席に座らせていました。

もう1人の子はまだ小さくてお母さんに抱っこされてる状態でした。

そうしたら恐らくその子のお兄ちゃん(多分4,5歳くらい)が「僕が抱っこしてあげるからおいで!!」としきりに言うので、お母さんが小さい妹を座っているお兄ちゃんに渡し、お兄ちゃんは大事そうに、かつちょっと誇らしげに妹を抱っこしながら頭をなでてあげていました。

お兄ちゃんもまだ子供なのに、ちょっと背伸びして頑張って可愛がっている感じでした。でも本人はしっかり妹の世話をしているつもりだと思われます。

その光景がとても微笑ましく、見ていて心が和みました。

その時ふと、私のような他人が見ていてもこういう光景は微笑ましいと感じるのに、ましてや天は、愛する人同士が仲良くしたり、自分が霊的に幼くても一生懸命可愛がったりしている姿を見たら、さぞかし愛らしく感じるのだろうな、と思いました。

私たちは信仰生活の中で、ついつい自分の足りなさばかりを見て「私はまだ‥」と遠慮しがちですが、相手を可愛がったり愛したりすることには年齢制限もないし資格もいりません。

このお兄ちゃんのように、お母さんに積極的にねだって可愛がるくらいの心が、むしろ私たち大人に必要なのかもしれませんね。

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

信仰の武装強化策は??   

今週は信仰の武装に関する話(エペソ6:10~19)でしたね。 真理の帯、正義の胸当て、福音の靴、信仰の盾、救いの兜、御霊の剣。そしてお祈り。 ここで、真理の帯が真っ先に挙げられています。真理は核です。 …

牧会者だった時の野心⁈

今日は、趣向を変えてbreak time的なお話をしようと思います。 表題の通りなんですけど、私が牧会していてある程度教会が大きくなった時、私の中にちょっとした野心が生まれました。 ここで一応前置きし …

no image

コンサート

昨日、無事にコンサートを終えることができました!本当に主に感謝します!! 私自身と演奏者は、全ての準備を「自分たちでやる!」という覚悟は決めていたものの、主がご覧になって、よっぽどマズイと思ったのか、 …

no image

罪悪感

今朝の箴言では罪についてたくさん出ましたね。 改めて無意識に犯す罪って怖いな~と思いました。 何度も罪を犯すのは罪意識がないか、または薄いからですよね。 ものすごく罪悪感にさいなまれたらできなくなりま …

no image

私たちの立場

年末を目前にして、最近ちょっと思うこと。 私たちは神様とは立場も状態も違います。先生とも違います。 神様は私たち人間の創造主であり、完全な方なので、人間を愛で指摘し、直すことができる存在です。 でも、 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。