女牧師のブログ

日常生活と神様

私の自論

信仰の目で見る

投稿日:

『また、不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。』(マタイ24:12)

この聖句は、終末の前兆を現す聖句の一部ですが、なんだか最近この通りだな、と思ってしまうことが多いです。残念ですが。。。

なんというか。。世の中全体がクレーマー体質になってるなと感じているのは私だけでしょうか?

インターネットが普及して、誰だか特定されずに言いたいことが言えるようになったからなのか、そこから発展して、ネット上に限らず、現実の世の中でも何かにつけて「それってどうなの?」「それはおかしいのでは?」といちいち問題視して話題にすることが増えてる気がします。

勿論、本当の問題は問題として扱わないといけませんが、大抵は、ある一方方向の見方から攻撃している感じがします。

何事も問題視することが問題意識があってよいという認識なのか、素直に頑張りを応援する、という風潮が少なくなっているような。。

そして残念なのは、私たちの内部でもそういう風潮が昔に比べたらはるかに多いなと感じることです。

特に使命者や頑張っている人に対して批評ばかりしていて、信仰の目で見て応援する、という姿勢がなくて残念に思うこともあります。

もっとお互い信仰の目で見る、愛の目で見る、という基本に立ち返っても良いのでは?

主は聖書の中でこうもおっしゃっています。

『現に見ている兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することはできない。』(ヨハネⅠ4:20より)

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

「いじり」は面白い?

評論家の宇野常寛氏が、イベントでお笑い芸人の「いじり」を受け、それを不快に感じたため退席した、という記事を見ました。 いじった方は「みんなが面白くなるため」にしたというのですが、受けた方はそれを不快に …

no image

御心が地にも成されますように。。

今日は米朝首脳会談が行われた歴史的な日でしたね!! まずは、行なわれた、という事実に感謝したいと思います。これも神様の御働きなしにはあり得ないことですから。 とは言っても、今までの北朝鮮の実績を考える …

no image

自分の今と昔

自分の中で今と昔とで違っていることがあります。 それは信仰生活する上での自分の方針。 若い頃は、特に使命に関しては何事も経験だ!これも訓練だ!と思って嫌なこともあれこれ引き受けて頑張っていました。(少 …

no image

見るもの聞くものは選ばないと!

最近、読んでいる途中で読むのをやめた本があります。 それは、日本の表舞台に立つ人々のウソを暴くような感じの本で、最初は日本の問題を探ろうという思いで手に取ったのですが、読みながらだんだ気分が悪くなって …

no image

動物にも伝わる!

アメリカでの心温まるお話。 育児放棄されたチンパンジーの赤ちゃんを、ある夫婦が引き取って献身的に育て、4か月経ってから動物園に預けたそうです。 その後、その夫婦が動物園を訪れるたびにそのチンパンジーが …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。