私の自論

信仰の目で見る

投稿日:

『また、不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。』(マタイ24:12)

この聖句は、終末の前兆を現す聖句の一部ですが、なんだか最近この通りだな、と思ってしまうことが多いです。残念ですが。。。

なんというか。。世の中全体がクレーマー体質になってるなと感じているのは私だけでしょうか?

インターネットが普及して、誰だか特定されずに言いたいことが言えるようになったからなのか、そこから発展して、ネット上に限らず、現実の世の中でも何かにつけて「それってどうなの?」「それはおかしいのでは?」といちいち問題視して話題にすることが増えてる気がします。

勿論、本当の問題は問題として扱わないといけませんが、大抵は、ある一方方向の見方から攻撃している感じがします。

何事も問題視することが問題意識があってよいという認識なのか、素直に頑張りを応援する、という風潮が少なくなっているような。。

そして残念なのは、私たちの内部でもそういう風潮が昔に比べたらはるかに多いなと感じることです。

特に使命者や頑張っている人に対して批評ばかりしていて、信仰の目で見て応援する、という姿勢がなくて残念に思うこともあります。

もっとお互い信仰の目で見る、愛の目で見る、という基本に立ち返っても良いのでは?

主は聖書の中でこうもおっしゃっています。

『現に見ている兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することはできない。』(ヨハネⅠ4:20より)

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

一つ一つ前進

今日、実家の土地関係で処理すべきことがあり、福島県の郡山まで行ってきました。 いろいろ確認事項を確認し、弁護士と相談しながら策戦を練り、証明書など市役所へ直接行かないと取れないものなど、いろいろ取って …

no image

私の母の日

今日は母の日。 母が生きていた時は毎年プレゼントを送っていました。毎年、今年は何を送ろうかな、と考えることも楽しみの一つで、母が大げさに喜んでくれるので今年は何を送って喜ばせようかといろいろ企んでいま …

no image

全州(チョンジュ)訪問

壮年部ツアーシリーズ最終回です。 今回は、最後にチョンジュ観光というのがツアーに含まれていました。チョンジュはビビンバが有名な所です。また、韓国の伝統的な建物がたくさん残っているところでもあります。 …

no image

喜怒哀楽はどこから?

今日、ふと考えたんです。 人って嬉しいときは喜び、悲しいときは泣き、楽しいときは笑い・・・こういうことって誰かに教わらなくてもいつの間にか誰でもしていますよね? 赤ちゃんがニコニコ笑うとこちらも自然と …

no image

正論だけで良い?

私たちは、正論を強調するあまり、人々から誤解を招くようなことがないように、注意しなければいけません。 勿論、私たちの目的は霊魂の救い、引き上げであり、この世の栄華を極めることではありません。 ですから …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。