私の自論

他人に神様を降ろす方法???

投稿日:

最近、神社の神様に関する本をちょっと読んでみたんです。その本の中で

『他人に神様を降ろす方法』

というのがありました。勿論ここでいう「神様」というのは私たちのいう全知全能の神様とは違うんですけどね。ただ、きっとさぞかしオカルト的なのだろう、イタコとかその類?と思いつつ半分それを期待しながら(笑)その部分を読んでみました。

すると、なんと、私の期待に反して(笑)とても良いことが書かれていたんです!

その内容は、「その人の美しい心が湧き上がってくるように対話をする」というもの。

正直、ちょっと感動しました。(笑)

勿論、それだけで全知全能の神様が降臨するわけじゃないですけど、その人の美しい心が湧き上がってきたら、サタンや悪霊は遠ざけることができますし、より神様と近くなり、通じやすくなります。

対話をする方も、相手の美しい心を引き出そうとしたら、悪態を突いたりキツイ言葉をかけたりはできないですよね。また、イライラした状態やピリピリした波長で対話しても難しいと思います。

相手は目の前の自分の波長をもろに受けますから、相手に美しい心を持ってほしければ、まずは自分自身が美しい心の波長で対話に臨まないといけません。何事も授受作用ですからね。

ですから、この対話の心掛けは自分にとっても相手にとっても良い方法だなと思いました。

実際、自分も相手も美しい心で対話ができたらお互い気分が良いし、話が良い方向に進みそうですよね。

もっと言うと、対話によって美しい心が湧き上がってきたら、行いも自然と美しくなると思われます。美しい心で汚い行いはできませんから。

結局、美しい心は神様の御心を成すようにさせます。

最初はタイトルに目を惹かれて興味本位で「他人に神様を降ろす方法」というのを読みましたが、実際は自分自身が神様に近づいていく方法だなと思いました。

自分も相手もみんなが美しい心になって、美しい天の御心を成していきたいですね!!

(伝道の書3:11)
神のなされることは皆その時にかなって美しい。

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

悪が悪にはまる⁈

私は政治家じゃないし、政治について何か論じるつもりはないんですが、最近の野党の言動を見て、ふと思ったことがあるので書いてみようと思います。 今はインターネットで国会審議などがそのまま流されてしまうので …

no image

喜怒哀楽はどこから?

今日、ふと考えたんです。 人って嬉しいときは喜び、悲しいときは泣き、楽しいときは笑い・・・こういうことって誰かに教わらなくてもいつの間にか誰でもしていますよね? 赤ちゃんがニコニコ笑うとこちらも自然と …

no image

人を褒める条例!

先日、兵庫県の多可町で「一日ひと褒め条例」という条例案が12月の定例会で可決され、来年1月1日から施行されることになったそうです! 条文には「一日に一度は人をほめる、または感謝の気持ちを伝える」ことや …

no image

国民性の回復!

最近、幕末から明治維新当時の日本についての記事をいくつか読む機会がありました。 実は、江戸時代の日本は、世界最高の教育水準だったようで、識字率はダントツ世界トップ。どんな身分の人も読み書きができること …

no image

ミスは無能のせい?

人間だれでも、どんなに賢くても今まで生きてきてミスや失敗をした経験が一度もないという人はいませんよね? どうして賢い人が愚かなミスをしてしまうのか、ということについて、分析し、7つの要因を挙げている記 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。