私の自論

仏の顔も三度まで

投稿日:

よく、気分を害するようなことを言われたり、されたりすると「そんなの気にすることないよ!」とか、「聞き流せばいいよ」などというアドバイスを聞くと思います。

私自身も、そのような相談を受けた時、そう回答したことがあります。

でも、実際問題、人ってどれくらい気にしない事ができるんでしょうか?

最近は、元々元気だった人がパワハラやセクハラで精神を病んでしまうことが社会問題になってますが、そういう人も、気にしないように心がけたり、聞き流していたんじゃないのかな?と思うんです。

それで、気にしない、気にしない、と自分に言い聞かせながら我慢し続けてしまった結果そうなってしまったんじゃないのかな?と。

多分、魂の次元で見たら、気分を害する言葉や行いを受ける時って、銃弾を受けてるようなものだと思うんです。

銃弾を受ければ当然ケガします。ケガも気にならない程度のキズが少しあるだけなら自然治癒しますけど、度重なると重症化して、ちゃんとした治療が必要になります。

気にしない、と言ったってやられたら痛いし、傷はできるんです。

だから、気にしなければいい、聞き流せばいい、というのも限度があるんじゃないかと思うんですよね。

日本のことわざに「仏の顔も三度まで」というのがありますが、まさにこの通りなんじゃないのかな、と。

今までは、このことわざは人間の心理状態を現した言葉だと思ってたんですが、実は実践すべき知恵なんじゃないかと思い始めたんです。

三度というのは文字通りきっちり三度、というよりは、自分の限界まで、と思えばいいと思うんですけど、正直、嫌な言葉を聞き流せるのって三回くらいまでですよね。(^^;

限度を過ぎたら、気にしないとか聞き流すとかではなく、やり返すか逃げるか(苦笑)、とにかくその状況を自ら避ける方向に動く必要があるのだと思います。つまり、行動を起こすという事です。

いつまでも気にしないでいられる人はそうすればいいと思うんです。でも、自分が壊れていくのにひたすら「気にしない」と言い聞かせるのは知恵じゃないし、神様も喜ばれないと思うんです。

相手にどう思われようと、まずは自分を救わないといけないですからね。無理して仏の顔をし続け、いい人で居続ける必要はないと思います。

どう行動すればよいか、恐らく神様は一人一人に自分を守るための霊感を与えてくださるでしょう。

神様に祈り求めて、我慢し過ぎて自分を壊さないようにしたいですね。

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

いくつになっても!

最近ある知人から聞いた話です。 私の知人の知人(複雑ですみません)が飲食店の厨房で働いているそうなんですが、最近、そこの洗い場(お客さんの使った食器を洗うところ)に72歳のパートさんが新人として入って …

no image

『今』が恵みの時!

今日、コンサートの合わせ練習のため、東京芸大の練習室に行ってきました! 東京芸大には過去に一度だけ学園祭で行ったことはありましたが、その時は主に美術の方の校舎に行ったので、音楽の方は事実上初めて。練習 …

使命は積極的に!

使命に関して、今までいろいろなケースを見てきましたが、教会の中で問題なるケースは2つあると思います。 一つは、ある個人や一部の人が使命を独占しようとすること。 これは、今週の御言葉にもありましたね?分 …

自立信仰

今朝の箴言を読み返しながら思ったこと。 それは・・なんとなく、主は、もういい加減私たちが自立することを求めておられるのではないかな?ということです。 それで自分の中で「お金と同じ」という考えが浮かびま …

no image

私は反対です!

多様化の一つなのか、グローバル化の一つなのかわかりませんが、最近、日本での温浴施設で「タトゥー解禁」が検討され始めているようです。 理由は、東京オリンピック。外国人が多く来日することを考えてのことだそ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。