私の自論

人を褒める条例!

投稿日:

先日、兵庫県の多可町で「一日ひと褒め条例」という条例案が12月の定例会で可決され、来年1月1日から施行されることになったそうです!

条文には「一日に一度は人をほめる、または感謝の気持ちを伝える」ことや「人の良い言動や成果を見つけ出し、積極的に称賛する」などの事が謳われているそうです。

事の経緯は、町の商工会の若手会員たちと町議会が意見交換した際、インターネット上で匿名のまま人を批判する風潮を問題視する中で「町を元気にする条例をつくろう」との案が浮上。両者が協議し、6月に草案を打ち出していた、とのこと。それが実を結び、先日可決されたわけです。

私個人的にはとても素晴らしい条例だなと思いました。

本来は、褒めることや感謝することは条例に定められてるからすることではなく、自発的にやるものではありますが、残念ながら現状がそうではないので。。これをきっかけに異常な状態が少しでも改善されればいいなと。

インターネットでは匿名であれこれ書けるので、無責任かつ過激な発言が平然と書かれています。恐らく面と向かっては言えないことを書いているのでしょう。

また、細かく監視して、微に入り細に渡り、小さな落ち度までも引っ張り出して指摘することが、目が行き届いていて意識が高いことだと認識している風潮があるように感じています。実際は揚げ足を取っているようにしか見えないのですが。。。日ごろの鬱憤晴らしなんでしょうか。。

だから、昔は問題にもならなかったようなことまでが問題視されるようになり、その結果問題視されることを恐れて制限が多くなるという、堅苦しい世の中になっているような気がします。

もっとおおらかで心にゆとりのある世の中になったらいいですね。実際、本音ではみんなそういう世の中を望んでいるのではないでしょうか?

神様の言い方では一言で「隣人を愛しなさい」という事ですね。お互いを愛の目で見られたら!

一度狂ってしまったものは強制的に直すのも一つの方法です。こういう条例が日本国中にどんどんできると良いな、と思いました。

「一日一回、人を褒めよう」 兵庫・多可町議会がユニーク条例

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000009-kobenext-l28

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

平凡な人生は幸せ?

ある記事で、大人になって分かったことの一つが、「平凡な人生を送ることは難しい」ということ、というのを見ました。 確かにな~‥と思いながら、ところで、平凡って何だろう??という疑問が湧き、「平凡」の意味 …

no image

パラリンピック

あまりオリンピックほどは話題なっていないようですが、実は9日からパラリンピックが始まっていたのをご存知ですか? パラリンピックでも日本人選手が大活躍しています!アルペンスキー滑降で男女一人ずつ銀メダル …

逆境が功を奏した?!

私が30個論の講義以外でも聖書を頑張って勉強したのには、あるきっかけがあります。 それは、1999年。墓の期間に入って、先生が視界から消えた時期です。一時期は説教も届かなかったし、とにかく御言葉含め与 …

no image

神様の仕事はお得!

日々感謝することが多いのですが、最近、改めて感謝したことがありました。 この一か月くらいの間で、世の中の人から以下の三つのことを言われました。 「パソコン作業かなり慣れてますね」と、「話し方が良いから …

no image

神様の作品③

済州島シリーズ第三弾! これは、天然記念物になっている松の木です。 凄く大きいです!見ただけで圧倒されます!! 実は、これは横から見たものですが、正面から見るとものすごく幅が広くてカメラに収まりきらな …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。