私の自論

人の評価は気になるけれど‥

投稿日:

信仰の世界にいると、人の評価を気にするな、神様の目を意識しなさい、という事をよく聞くと思います。

でも、正直人の評価を全く気にせず生きることって不可能なんじゃないかな?とも思います。

不可能とまで言い切ってしまうと語弊がありますが、まぁ、相当難しいだろうなということです。人の中で生きていますから。

私自身も振り返ってみると、若い頃は人の評価・人の目を意識していたと認めざるを得ません。当時は「私は人の事なんか気にしない!神様の目だけを意識しているから!」なんて言ってましたけどね。(笑)

ただ、人の目を気にすることが完全悪だとも思わないんですよね。それが積極的に頑張る原動力になるのだったら。

私も牧会していた当時、牧会するなら自分の教会が宣教一番になりたいな、などの思いがあったからこそ頑張れたような気がします。「一番になりたい」というのは他人より上になりたいということですから、明らかに人の目を意識してますよね。

一番になりたかったからたくさん聖書の勉強もしたし、宣教の研究もしたし、たくさん教えたし。。。結果的にはそういうことが自分の糧になったと思います。だから動機は「一番になりたい」だったとしても、結果として頑張ったことは自分にとって良かったことだと思ってます。

逆に、人の目が自分を縛ることになるんだったら自分にとって悪ですよね。私はこれもまた経験しました。

人の評価に対して恐れが生じると何事も躊躇してしまいますし、自信がなくなっていき、行動力が落ちていくんです。否定的な考えが先に来て積極的になれないんですよね。

この状態はものすごいストレスになります。精神も病みますし、体調も崩します。

今は両方経験して、かなり開き直ってきました。歳のせいもあるかもしれないですけど、若い頃のように「一番になりたい!」なんていう覇気もありませんし、ただ平安に過ごしたいな、という感じです。これも老化現象なのかな?(笑)

今までを振り返ってみて、たくさん祝福をもらったなと思う反面、悔しいこととか納得いかない事とかもいっぱいありましたが、結局はなるようにしかなりません。(苦笑)

こう言うと元も子もありませんが、そういうものだと思った方が良いです。理不尽な扱いを善良な誰かが訂正してくれるなんてことは期待しない方が良いです。勿論自分の責任分担は果たすべきですが。

では何が祝福なのか?・・・私が考えるに、それでも「神様の主管圏にいる」ということだと思います。

人からどういう扱いを受けたのかは救いとは関係ありません。牧師や先輩に認められないことが自分の救いに影響を及ぼすわけでもありません。

だから人の評価がどうであれ、その評価が自分と神様との間の障害にはならないという事です。人の評価はあくまでも人間界での話。

もし障害になるとしたら…それは人の評価で自分の心がひねくれてしまい神様に対する思いが変わってしまうこと。これが一番損です。

だから、人の評価は正直気になってしまうかもしれないけれど、神様と自分の関係を断ち切るものではない、という事をはっきり認識することが大事ですね。

神様は肩書や評価ではなく、あなたそのものを愛していらっしゃるという事をお忘れなく💛

-私の自論

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

専門家により復活!

以前、このブログでもお伝えしたことがありますが、数か月前から再びピアノを習い始めています。何十年ぶり??(笑) 学生時代のようには練習できませんが、マイペースで学んでいます。 それで先日、ピアノの発表 …

集団恐怖心

前回の記事で、Go Toキャンペーンの話題をもとに、不安を基準にするととりとめがないという内容について触れましたが、今回はそれについて、実体験に基づいてもうちょっと深堀りしていきたいと思います。 私た …

隙間を埋めよう!

今週は使命の話が続いていますが、使命に関連することで、私が過去に聞いて印象に残っている話があります。 それは「御心」について。 先生曰く、御心には二種類あるのだそうです。 一つは、最初から神様が計画し …

仕事人のススメ

昨日の説教の中で(核心じゃないんですけど)、昔は働く人は「仕事人」、働かない人は「愛の人」と言われていたという話がありましたよね? 核心ではないのでこの部分をスルーしていた人もいるかもしれませんが。。 …

no image

私の好きな聖句

たまには、こういう企画もあっていいかなと思い、私が個人的に好きな聖句を一つ紹介します。 あ、もちろん、好きな聖句が一つだけなのではなくて、今日は一つ紹介するという意味です。(笑) 『 涙をもって種まく …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。