私の自論

人が心を開く時

投稿日:

オウム真理教の林郁夫受刑者を存知ですか?

本職は医者。地下鉄サリン事件の実行犯の一人であり、サリン事件の実行犯で唯一死刑ではなく、無期懲役の判決が出た人です。

彼は最初サリン事件の重要人物とはみなされていなくて、違う容疑で取り調べを受けていたそうです。そのため、彼の取り調べは、機動捜査隊員だった人が行なったそうです。(機動捜査隊は覆面パトカーで地域を回り、事件が起こると初動捜査を行う。通常殺人などの凶悪犯罪の取り調べは捜査一課が行う。)

しかし、これが功を奏したようです。

この機動捜査隊員は元々暴力団などの組織犯罪の担当をしていたため、オウムの組織犯罪の闇を感じており、捜査一課とは全く違うやり方で捜査を行ったそうです。

捜査一課は通常、厳しく追及する形で取り調べを行います。

しかし、この取調べ官は林受刑者に対して「林先生」と敬称をつけて呼び、オウムやサリン事件に触れることなく、医師を志した昔を思い出させるような話をすることで、徐々に心を開かせ、ついに自ら事件について白状させることに成功。これが麻原の逮捕につながり、全てのオウム事件を解決へと導いたそうです。

事件を追及した末の『自白』ではなかったため、このことが『自首』とみなされ、また、他のオウム事件の解決にも貢献したことから、唯一「無期懲役」という判決に至ったようです。

この量刑が正しかったのかどうかは別問題として、私がこの記事を見て思ったのは、たとえ犯罪者であれ、どんな人であっても、人は自分の尊厳を重んじてくれる人に心を開くのだな、ということです。

そして、先生が以前「虫けらにも自尊心がある」とおっしゃっていたことを思い出しました。(笑)

一度心を閉ざしてしまったら全てに錠が下ろされてしまいます。心は全てのカギですね。

当たり前の事ではあるんですが、「本来の自分を大切に思ってくれる人がいる」ということが人間にとって本当に大事な事なんだな、と思いました。

人間は一人一人、神様が貴重で大切な存在として創造されました。自分に対しても、他人に対しても、そのことを決して忘れてはいけませんね。

情報源☞ 「先生・・」この呼び方が林郁夫をオウム真理教から人間に戻した

-私の自論
-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

神様が奨励しない事

そういえば。。。 電車の中で脚にワンポイントの入れ墨をしている女子を見てふと思い出しましたが、去年、主日の説教で入れ墨に関しての話がありましたよね? 実は、入れ墨について、聖書にもはっきりと記されてい …

no image

私がそこにいる理由

いろんな組織や団体について、ああだこうだと意見を言ったり評価したり人がいる。 あそこはこうだよね、そこはこうだよね、など。 意見を言うこと自体は自由だし、罪でもない。 でも、私の人生とは関係ない。 私 …

no image

究極のアンチエイジング法

ある中国人の書いた「アンチエイジングの秘訣」に関する記事を読んで、思わず、そうだよね~。。。と、うなってしまいました。 記事を書いた方は中国人で、中国で生まれ育ち、現在日本で働いていて、もうすぐ還暦を …

言葉を理解する力

今まで指導者としていろんな人を見てきたのですが、同じように教えても結果は人それぞれです。 また、同じみことばを聞いてもその後の反応が人によって全然違います。 勿論、個性が違うし、センターが違うから、と …

問題の根本

ここ数年、メディア伝道部の活動をしながらいろいろ知るようになった事の一つが「工作員」についてです。 日本人にとっては工作員というと北朝鮮のことを思い浮かべるかもしれませんが、実は全世界に工作員はいます …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。